2007年02月

2007年02月10日

グレートバリアリーフの現実

うちら貧乏旅行者にとって、なけなしの勇気を振り絞って申し込んだ「グレートバリアリーフ」へのクルージング&シュノーケルツアーの日がやってきた☆

 快晴のなか、うちらを乗せたクルーザーは2時間ほどかけてアウターリーフと呼ばれるサンゴ礁が綺麗なスポットへと向かった。

 

 心配していた台風の影響による水の濁りは、岸から数十分も離れるとすっかりとれたように見えたのだが、実際案内された海へ飛び込んでみると思いのほか目立つ。。。

 ま〜それでもシュノーケルで遊ぶには十分なぐらいの透明度はキープしていたので、これについてはさほど気にならなかった。

 それより何よりショックだった事が、死んで色が白っちゃけてしまったサンゴが非常に多かった事・・。

 原因としては、年々進む温暖化のせいで水温が上がり、窒息死するサンゴの数が増えてきてるのと、痛いことに世界中から集まったうちらのような観光客によってもデリケートなサンゴは破壊されているという。

 世界有数の美しいサンゴ礁を誇る「グレートバリアリーフ」のハズなのに、、、、

 こんな所で地球温暖化の影響をマジマジと見せつけられてしまった。

 あるオーストラリアの海洋学者によると、今のペースで温暖化が進むとあと数十年でグレートバリアリーフのサンゴはほぼ全滅するという話。

 地上では、ちょうど草木にあたるサンゴが海中の生態系で担ってる役割は計り知れないほど大きいハズだ。

 世界最大といわれてるサンゴ礁地帯が、生命の源である海から着々と姿を消してるという現実・・。

 この時点でうちらも環境破壊に加担してしまったという事実はもう拭えないけど、この現実は皆でもっと真剣に考えるべきだと思う。

 地球の生態系が崩れるという事は、あくまでその生態系の一部でしかない人間にも必ず悪影響が出るという事を・・。

 正直、自分もそんな偉そうなこと言えた柄じゃ無いけど、海にしたって山にしたってとにかくこんなにも素晴らしい自然が、人間のエゴの為に破壊されていくのを見るのは一人の人間としてとても悲しい。

 人間にとってだけでなく、地球上に生きる全生命にとって、ごまかしようの無い危機が迫っているという事実を素直に受け止め、まずは一人一人の心掛けからシフトする必要がある時期にきているんじゃないかと思う。

 普通の人間が一人でやれる事といっても、ごく微々たるものだけど、逆に大きな変化が必要な時こそ

 チリも積もれば山となる、、、

 単純だけど、このシンプルにして最も広く世間に知れ渡ったような法則が生きてくるんじゃないかな。。

 (Simple is bestとも言うし、、、)

 ちょっと話はそれるんだけど、オーストラリアのスタンドで初めてガソリンを入れた時のこと。

 通常のレギュラーガソリンの他に「10%〜」とか書いてあるノズルがあって、値段も普通のガソリンに比べ若干安い。

 一体何なのか分からなかったから回りを見渡してみると、半分くらいの人はこのガソリンを普通に入れている様子だった。

 値段の安さは魅力でも、訳の分からないガソリンをいきなり入れて、エンジンへの影響が心配だったからその場は取りあえずやめといた。

 あとで分かったのだが、実はこれエタノールを10%配合したガソリンで、配合されてるエタノールは限りある化石燃料に代わるエネルギーとして開発された「バイオエタノール」というもの。

 主にサトウキビやトウモロコシを原料に精製されるらしいが、調べみるとこれがなかなかの優れ物で、ただ単にガソリンの代わりに車を走らせるだけでは終わらない。

 仮に石油を燃やした場合、とうぜん空気中に温暖化の原因となる二酸化炭素が残る。

  しかし、このバイオエタノールを燃やした場合、石油と同様二酸化炭素を空気中に放出するが、一方的に二酸化炭素を放出するだけの石油に対し、バイオエタノールの原料である植物が成長段階で燃焼時に放出する分の酸素を生んでくれる。

 つまり結果的には差し引きゼロになるって事らしい。

 う〜ん自然というのはホントうまく出来ている・・。

 日本ではあまり見る機会がなかったこのバイオエタノールだけど、世界では既に一般的な次世代エネルギーとして活躍してるようだ。

 サトウキビ大国ブラジルやアメリカの各州では法律で使用を義務づけてるほどで、最大25%のエタノールをガソリンに混ぜて使ってる地域もある。

 日本では原料確保の問題等々もあるんだろうけど、この分野ではちょっと出遅れてる気がしてならない。

 そこには諸々の大人の事情があって、言うほど簡単じゃないのも分かるけど、環境問題に対し言い訳やへりくつをいくら並べたってしょうがない。

 結局、どんな事情があろうと無かろうと最後に苦しむのは自分達なんだし。。

 ましてや自然破壊の被害を最も被るのは、今の大人世代ではなく、むしろこれから生まれてくる子供たちの世代だ。

  一度破壊された自然はそう簡単には戻らない、、、、

 小さい頃からどれだけ繰り返し聞かされてきたことか・・。

 僕たちは未来の子供達の為に一体何を残すつもりなのか?


 便利な社会と引換えに、戦争の傷痕と汚しきった自然を置き土産にして去るつもりなのか?


 僕らはこの代償を埋めるため、これからどういう方向へシフトしなければならないのか?


 今回は厳しい現実を目の当たりにしたせいでかなり熱くなっちゃったけど、これから先もこれらの疑問について皆で考えていきたいと思う。

 




2007年02月09日

ケアンズ

 世界に名高い「グレートバリアリーフ」のブルーを求め、エアーズロックから一路北東へ舵を取り直しようやくケアンズまでやってきた。

 なんだか久し振りに海が見れる気がして嬉しい!!内陸の焼けた褐色も渋くて魅力があったけど、熱帯のトロピカルな色彩は見てるだけで自然と胸がワクワクしてくる。

 まず初めに立ち寄ったのが、ケアンズの北西30kmに位置する「キュランダ」という高原の小さな町。

 この辺りの気候はウェットトロピックスといって(ようは熱帯雨林気候のことなんだけど)熱帯雨林と聞いて誰もが思い描くイメージそのもの、といった感じの自然が広がっている。


 1億数千年前から続いているとされている世界最古の熱帯雨林で、世界自然遺産にも登録されているほど。


 ケアンズというとどうしてもグレートバリアリーフのイメージが強いけど、同時にこんなすごい熱帯雨林も抱えちゃってるのだ。(自分もここに来るまで知らなかった・・。)


 というわけで、キュランダの町の様子から。


ここもバイロンベイ同様多くのアーティストが住んでいて、マーケットで彼らの作品を見たり購入する事も出来る。手作りで暖かみがある作品が多く、ここのトロピカルな気候にも見事に溶け込んでる。

 



 


 マーケット以外でも、もう町全体がアートしちゃってるからカフェなどでのんびりとその雰囲気に浸ってるのも良い過ごし方だと思う。


 


 ただ気になったのは日本人のツアー客がやたらと多いこと。。


 小さい町にも関わらず大型バスで乗り付け、中からぞろぞろとやたら人が降りてくる。。。


 しょうがないといえばしょうがないんだろうけど、これが無ければもっとポイント高かったんだけどな〜。


 ここでは1泊し、翌朝いよいよ世界に名高いケアンズの海へと向かった。


 海好きの自分としては、一体どんだけ綺麗な海が見れるんだろ〜☆と、ここ数日楽しみで仕方がなかったのだ。。


 海まで程近い通りに来たのを確認するとそんなはやる気持ちを押さえ、素早く車を止めて足早に海へ向かった。


 すると、そこには今まで見たことがないようなコバルトブルーに光輝く海が視界いっぱいに広がって!!!

 

 

 いるはずだった。。。。。。。

 

 

 目を疑った、目の前に広がってる海はコバルトブルーどころか茶色だよ、、ちゃ・い・ろ・・・。


 しかも砂浜が全くなく、海辺を新浦安で見たような小汚い磯が覆っている。。


 当然海水浴客もゼロ。。


 二人ともこれにはかなりのダメージを受けた、、、


 そうだ、これはきっとこないだの台風の影響が残ってるだけだ!という勝手な憶測を立て、その場はなんとか納得することにしたが、翌日には勇気を振り絞って申し込んだグレートバリアリーフのクルージングが控えている。


 ハワイ島の二の舞いにならなければ良いけど、、、
(※去年ハワイ島へ星空を見に行ったのに、滅多にない悪天候のせいでツアーを中止せざるを得なかった)


 一抹の不安はあったが、さすがに沖へ出ればいくら何でもこんなに濁ってるわけ無いだろ、、!?と自ら言い聞かせ、とりあえずこの日は眠りについた。

 



2007年02月04日

キングスキャニオン

エアーズロック、オルガ岩群に並ぶ中央オーストラリアのもうひとつの観光名所キングスキャニオンはエアーズロックから車で3時間ほどの場所にある。

ここは「世界の中心で愛を叫ぶ」のクライマックスの収録場所としても知られているそうだ。
(見たわけじゃないけど、、、)

ここでも道程約5.5kmのトレッキングに挑戦することにした。

「風の谷」での経験上、この辺りの焼けるような日差しにはちょっとビビッてたけど、この日は「風の谷」の時ほど暑くなく、峡谷のため日陰もわりかし多かったので集中して景観を楽しむことが出来た。

実際、キングスキャ二オンという名に恥じないぐらい半端じゃないスケールの峡谷で、途中 断崖を登りきったところから見下ろした景色は一瞬マジで言葉を失うぐらいの迫力がある。

個人的には「風の谷」よりこっちの方が好きだ。
(ちなみに、ゆりは「風の谷」のほうが良かったとの事・・・。)

「風の谷」は繊細で神秘的な印象だが、「キングスキャニオン」からの景色はひたすら圧倒される迫力があるといった感じかな。。

好みの問題もあると思うが、自分としてはこの地球の丸さが感じられるほどの壮大さがえらく気に入ってしまい、しばらくその場を離れることが出来なかった。

 

 


 

で、気がついたらゆりに置いてかれてた・・・。


 


 

他には「エデンの園」と呼ばれている雨水が1年中枯れる事がない美しい池があり、クソ暑いなか水着一丁で気持ち良さそうに泳いでるツーリストを発見した。


うちらはというと、そんな場所があるとはつゆ知らず当然水着なんて持ってきてるわけもなく、二人して羨ましそうに指をくわえて眺めてるだけでした。。

 


この後の数日は、これまでの予定がだいぶ押してたこともあってかなりのハイペースでケアンズに向けて車を走らせたのだが、途中「ノーマントン」という小さな町にさしかかった辺りで、どうも付近の川の水量が多い事に気がついた。

どうやら2〜3日前にハリケーンが直撃したらしく、道路が水没している箇所がいくつもある。


ここまでの水没は騙し騙し何とかやり過ごしてきたけど、この水没ポイントだけは諦めざるを得なかった。。



車を降りて確認してみると、ゆうにヒザぐらいの深さはある・・・。


もう日数に余裕が無いので先を急ぎたいのはやまやまだけど、ここで無理に突破しエンジンに水でも入ってダメにしてしまったら元も子もない。

これこそ「急がば回れ」で、仕方なく ここは泣く泣く昨日の出発地近くまで引き返し迂回するという方法を選んだ。

距離にして約1000km近いロス、もちろんガソリン代が痛いがこの近辺の町で水が引くのを待ってる余裕もうちらには無かった、、、

このアクシデントのお陰で、この日はこれまでの最高運転距離1138km/1日という新記録を叩き出すことになった。


あ〜疲れた。。。。。。。

 



風の谷(オルガ岩群)

 オルガ岩群とは、エアーズロックから西へ45km行った所にある大小36の岩からなる一帯の総称。

  

 ここでのうちらの目当ては、なんといっても「風の谷」でのトレッキング!!

 「風の谷」といえば一般的には宮崎アニメ「風の谷のナウシカ」の舞台になった場所、として有名だけど実際のところその真偽は定かではないらしい・・。

 ガイドブックによると往復7kmのトレイルで合計約4時間の道程。おまけに「地形は複雑で迷いやすく、その日のうちに帰れないと夏は脱水症状、冬は凍死の危険がある・・」なんてちょっと物騒なことも書かれてある。

 しかし、ナウシカファンのうちらとしては何としてもここを外すわけにはいかない!!当然そんなのはお構いなしでチャレンジする事にした。

 午前11時頃に意気揚々とスタートを切ったが、この時期はちょうど夏真っ盛りということもあってその時点での気温は軽く40度超えしている。

 例えると、決して大袈裟じゃなくオーブンで焼かれてるような感じ!?

 さらに空気もカラッカラで、これ以上無いくらい乾燥してるから、汗もメチャクチャかいてるはずなんだけど一瞬にしてパリッと乾いてしまうような状態だ。

 装備も万端だったし、富士山もこなした事があるうちらにとっちゃこの距離は楽勝だろうと甘くみていたが、今まで味わったことがないこの猛烈な暑(熱)さには二人とも相当こたえた。

 この日は特に猛暑だったらしくて人の姿もまばらで全然出くわさなかった、というよりツアーで来たわけじゃないから分からなかったんだけど、どうも夏場のこの時期は朝一の涼しい時間にスタートするのが普通らしい・・。

 しかし、そんな暑さも吹き飛ぶほどの絶景がそこにはありました☆

  
 
 噂通りまさに「風の谷のナウシカ」の世界だったんだけど、ホントになんとも不思議な世界だった。。

 そこはとても同じ地球上の光景とは思えないような空間が広がっていて、まるで宇宙船にでも乗って違う惑星に来ちゃったんじゃないか!?というような錯覚にさえ陥る。

 この光景を言葉で説明すると、どうしても陳腐になってしまうので後は写真で。。

   

  

 後半、互いに口を聞くのもしんどいくらい意識が朦朧としてきたので、熱中症を心配して水分補給と休憩を頻繁にとった。

 ちょうど持参した2リットルの水が無くなりかけた頃、なんとかスタート地点の駐車場まで戻ってこれたのでした。

 このあと飲んだキンキンに冷やしたコーラが何物にも代え難いうまさだったのは言うまでもない。。

※オーストラリアは内陸に入るにつれハエが目につくようになるが、その中でもここは異常に多い。しかも空気が乾燥してるので、水分を求めて目や口の周りにしつこくまとわりついてくるから鬱陶しくてしょうがない。。。

  



2007年02月02日

エアーズロック(ウルル)

 
ついに、ついに待ちに待ったエアーズロックの姿が見えてきた〜!!


 行けども行けども荒野が広がってた大地に突如姿を現したその岩は、遠目からでもその存在感がビシビシ伝わってくるほど異様な迫力がある。

 徐々に近づくにつれ、そのあまりに巨大な存在感は威圧感へと変わり、よくわかんないけどこれ以上近づいたらヤバイんじゃないか、、!?というイメージさえ抱いてしまう。


 かりに自分がこんな地の果てのような大地で、行きついた先にこんな岩を発見してしまったら・・・。


 こんな想像の域を越えてしまってるような存在はそれだけで恐ろしくて近付くことすら絶対しないだろう、、、

 それほど、この岩の存在は不自然というか、異様というか普通では到底ありえないモノに見えて仕方なかった。


 ここはもともと数万年も前からオーストラリア先住民族「アボリジニ」の聖地だったにも関わらず、後から移り住んできたヨーロッパ系移民に発見され勝手に観光地にされてしまった歴史がある。

 現在オーストラリア政府はここを国立公園として一般解放する事と、その管理・運営に政府が介入することを条件にこの土地をアボリジニに返還したそうだが、無理やり観光地化されたあげく無造作に大衆の目にさらされる羽目になってしまった聖地の姿はなんとも哀れに思えて仕方が無かった。

 だが、それでも今なお聖地としてこの土地を守り続けているアボリジニの想いはこの辺り一帯の節々で感じる事が出来た。

 エアーズロックには登ることも出来るのだが、アボリジニにとってこの行為は許し難い行為らしく、パンフレットや登山口の入り口などには、 「どうかこの岩に登ることについてどうかもう一度考え直してください」というアボリジニからのメッセージが数カ国語で記されている。

 最近では渡されるパンフレットや文化センターでの説明からその想いを汲み、直前に考え直す外国人旅行者も多くなってきたそうだが、日本人旅行者に関してはまだまだ登る人が後を断たないらしい。。

 その他にも歴史的に重要な意味が込められている壁画や特に東側からの岩の外観などは写真を撮ることのみならず、メディアやインターネットへの掲載も原則禁じられている。

 うちらも登ることは初めから考えてなかったんだけど、写真が思うように撮れなかったり、それをブログにも載せられないというのは少し残念に感じた。

 しかし、あくまで一観光客のうちらがこの地を真剣に守る彼らの為に出来る事といえばその想いを出来る限り尊重する事ぐらいしかできなかったのだ。

 それにこの岩に登る日本人が後を断たない理由の一つに、ただ単にこの岩を珍しいだけのモノとしてしか捕らえてないという事が考えられるだろう。

 もらったパンフレットの中に印象的だったアボリジニの言葉があったのでちょっと紹介。。

 「この土地に来てカメラで写真を撮ることにだけに専念している観光客もいますが、一体何を目的に写真を撮るのでしょうか。 カメラのレンズを通してその表面を写すのではなく、内部を見ることができる心のレンズを使ってみてはいかがでしょうか。 岩の本当の姿を心のレンズで見ればカメラなど必要ないはずです。 岩に登ってみても岩の本来の姿は見えません。岩から離れて暫く耳を傾けてみて下さい。 耳を傾けて岩が何を言おうとしてるのかを悟る、それが真に岩を理解する事になるのです。 これで私達がなぜ岩に登らないようにお願いしているか理解して頂けると思います。」

 この言葉には正直ドキッとさせられた。

 だいたい観光名所で配ってるパンフレットといえば、ありきたりで安っぽい内容ってのが相場なのに、さすがはアボリジニ・・・。

 これはこの岩を理解する為だけじゃなくても、物事全てに通ずる事じゃないかと思う。

 この時、自分も最近カメラばかり頼り過ぎていて肝心な「心のレンズ」とやらが曇ってきてしまってるのに気づいた。

 こりゃ写りが悪くなっちゃう前に、もっと磨いてあげなきゃな、、、

 なんて事を考えながら、夕陽を浴びて真っ赤に染まった勇ましい姿をアボリジニの想いと共にしっかりと胸に焼き付けた。


 

※先住民族アボリジニについて知るには「ミュータントメッセージ」という本がお薦め!! 自分も旅出つ直前に知り合いの人から薦められて読んだんだけど、これは特にアボリジニについて興味が無いという人にも是非読んでもらいたい本!! 内容は非常に興味深い実体験に基づいたドキュメンタリー。



エアーズロックまでの長き道のり

朝は日の出と共に目を覚まし軽い朝食とコーヒーをとった後、
テントをたたみ足早に出発。

途中ガソリンスタンドへ最低2回は立ち寄り、町でスーパーを見つけたら氷と2〜3日分の食料を調達。

昼食はレストエリアというハイウェイ沿いの簡素な休憩所で簡単にすませる。

その他の時間は、運転を交替しながら時間の許す限りひたすら走り続け、夜は真っ暗になるので遅くても17時くらいまでには寝床を見つけ、夕食は日が暮れるまでに済ませる。

食後シャワーを浴びたあとは一日の最大の楽しみでもあるビールとコーラを飲み交わしながら満点の星空の下で感想会を開き、だいたい9時頃には二人とも疲れ果て寝てしまう。

ここ最近の一日はこんなリズムだ。。。



木々の間に沈んだ夕日がなんとも幻想的だった。(1/27)

 



スーパーでの買い出しの様子。(1/28)

 



エミューという鳥。走るのがメッチャ速い!突如キャンプ場に現れた。(1/29)

 



ちょっと青春っぽく。。(1/29)

 



線路は続くよ〜どこまでも〜♪(1/30)

 



ここらでランチタイム♪(1/30)

 



竜巻発生!!初めはかなり慌てたがこのあとちょこちょこ見かけた。(1/30)

 



360度見わたす限り何も無し!!(1/30)

 



またまたパンクしてしまった。。タイヤが高温になり過ぎて空気を入れる部分のバルブが破裂してしまう。これで2回目だ。(1/30)

 



たまにこんな来客も☆(1/30)

 



今日も一日運転頑張るぞ〜!!(1/31)

 



スタンドで空気圧のチェック中。(1/31)

 



完璧な地平線に沈む太陽。これが人生No.1の夕日かも・・。(1/31)

 



レストエリア。道路沿い数十キロおきに点在する、イスと机以外何も無いけど場所によってはトイレもある。(2/1)

 

毎日毎日、走っても走っても荒野が続くばかり、、、

 

ここ数日で軽く3〜4千キロは走ってるはずだ、、、

 

一体どんだけ走りゃエアーズロックに着くんだ〜〜!?