2007年05月

2007年05月23日

インドのマクドナルド

 久しぶりに「マクドナルド」と再会を果たしたうちらは、会った途端にその赤と黄色のコントラストに目を奪われ、まるで吸い込まれるかのようにガラス扉を開いていた。

 こう何カ月もインド飯ばっかりだと、いい加減飽きてくる、、、

 しまいには具合まで悪くなってくる、、、

 そのさなかにいると「マクドナルド」という存在は、砂漠のオアシスさながらの威力を発揮するのだ。

 この日、インドの首都「デリー」でマックの看板を偶然見つけてしまったときも、自ずとうちらの間に「暗黙の了解」が成立し、すでに互いの頭の中は何を食べるかで一杯だった。。。

 値段は大衆的なインド飯に比べ結構高めなんだけど、それでも「背に腹はかえられない!!」インドでのマックの存在価値はそれほど高いのだ。


 これはそのときの話、、、


 ガンガンに冷房が効いた、涼しい店内にて。

 ゆりが好物の「フィレオフィッシュバーガー」を一心不乱にモグモグしていると、おもむろに一人の若い店員が話しかけてきた。

 店員「エクスキュ〜ズミィ〜、ちょっとそこどいてくれる?」
 

 椅子にモップをコツコツあてながらそう言ってきた。どうやらゆりの椅子の下を掃除したいようだ,,,
 

 ゆり「いま食べてるの、だから後にして。」
 

 それでも店員は、モップで椅子をコツコツしながら
 

 「掃除をするから立って欲しいんだって。」と言い返す。
 

 ゆり「だから今食べてるの!食べ終わったらにしてってば〜!」
 

 それでもなお、店員は引き下がらずゴタゴタ言い続けている。 そうこうしてると、奥から支配人らしき人物がやってきた。


 支配人「どうしました?」


 とりあえず支配人にワケを話してみたが、どうやらこの支配人も

「掃除をしてあげるというのに、何故この客はつべこべと言っているんだ?」 としか理解してくれてない様子だった。

 インドでは日本の常識というものが通用しないのは分かっている。 もし、その辺の安食堂で同じことをやられたら素直に立ったであろう、、、

 

 しかぁぁ〜〜し、、ここは世界のマクドナルドだ!!!

 

 うちらは、その世界共通ともいえる「マッククオリィティー」を求め、わざわざ高い金払って食べにきているのだ。

 そこで、この支配人には、、、、

 「普通、マクドナルドでは客の食事中に席を立たせて掃除することはしないです。本当に客の事を考えるなら食事が終わってから掃除する方が良いと思うし、それがサービスではないですか?」と伝えた。

 これには黙ってしまった支配人・・・。

 ボソボソッと気まずそうに謝るやいなや、すぐにその店員を連れて奥の部屋へと引っ込んでしまった。

 しばらくして、支配人と一緒に出てきた店員はさっきまでとは別人のようにショボくれている。。。

 奥でこっぴどく叱られたのだろう、、、

 きっとマックには、かなり詳細な内容の経営マニュアルがあると思うんだけど、

 そのマニュアルには 「店内は常に清潔に!」とか

「床は常にピカピカに!」 と書かれていても

「食事中のお客を立たせてまで掃除してはダメ!」

 とまでは書かれていなかったんだろう。。。 

 ま〜マック側にしても、さすがにそんな事までマニュアルにしてたらキリがないだろうし、、、

 それに、こういった問題はインドならではなのかもしれない・・。

 というのもインドでは「カースト制度」の名残か、仕事は分業制が当たり前のようなのだ。

 掃除といったらひたすら掃除、、、

 調理といったらひたすら調理、、、

 この店員君も、店に入ったときから汚れてもない床を行ったり来たりと、ひたすら床掃除だけに専念していた。

 きっと、この店員君の頭の中は「床をピカピカにする」事でいっぱいだったのだ。

 そして、これこそが店員君の唯一の使命でもある。。。

 その結果、「お客を第一に考える」というサービスの大前提がスッポリ抜けてしまっているのだ。

 だから、何の為に「床をピカピカ」にするのかは、この店員君の頭には無いはずだ。

 これは、支配人とて同じだったと思う。

 あくまでマックのマニュアルを守る事に必死で、それが仕事の「全て」になっていたのだろう。

 支配人ですらこの調子なのに、一方的に叱られた店員君はむしろ気の毒だ、、、

 初めは「文化の違い」とか「人種の違い」という単純な理由だけでこれを片付けようとしたけど、よくよく考えてみるとこれと同じような事はいたるトコでも起きてるじゃないか・・。

 今回みたいな事は、なにも企業経営に限った話だけじゃなく、程度は違えど「教育」や「宗教」等の世界でも同じ事が言えると思う、、、

 本来、画一的であるハズのない人間を「マニュアル」という規範にハメ込み、何とか画一的にやろうってんだからそこに「歪み」や「誤解」が生じるのは仕方ない事なのかも・・。

 これは、人間社会の中で「マニュアル」というモノ自体が存在していく事の難しさの、ちょっとした表われなんじゃないのかな、、!?

 ふと、こんな事を垣間見た面白い出来事でした。。。



sekaihokkori at 22:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!インド 

2007年05月13日

嘘つきインド人現る

 寝台の夜行バスで「ジョードプル」という街へ向かった時の事。

 バス内に轟く「ジョ〜ドプル〜!!ジョ〜ドプル〜!!」という男のがなり声で目を覚ました。

 眠い目を擦りながら、その男にジョードプルの市街かどうかを確認する。

「そうだ、ここが市街に一番近いバス停だから急いで降りろ!」


 腕時計を見ると、まだ夜中の4時・・。

 半分以上眠ってる頭で何とか荷物をまとめ、男が運転手を止めてるスキに急いでバスを飛び降りた。


 (着いたはいいけど真っ暗だし、ずいぶん殺風景なトコだな〜、、、)


 そう思ってあたりを見回してると、横で何かブツブツ言ってる奴がいることに気が付いた。


 見るとさっきのバスの男だ、、、

 ん、、、バスはいま去ったのに、なんでこの男が横に居るんだ、、!?

 その男は、隣に停めてある「オートリクシャー」をしきりに指さしている。

 

 (うゎ〜、、ハメられた〜、、、、)

 

 自分はこの男を完全にバスのスタッフだと思い込んでたけど、コイツはただの「リクシャー運転手」だったのだ・・。

 コイツらは勝手に私営バスに乗り込み、うちらみたいな何も知らないツーリストに嘘をつき、街から遠いトコで降ろした後そのまま自分のリクシャーに乗せるのが手口なのだ。

 こんな夜中にクソ眠いのを我慢しながら頑張って降りたっていうのに、、、

 しかも、そのままバスに乗ってれば黙ってても市街まで行けたっていうのに、、、

 そう思うと、この男に対しどうにもやり切れない怒りがこみあげてきた。

 しかし、この怒りをいくらぶつけてみたところで、この男は悪びれる素振りをまったく見せない。。。

 無邪気な顔して、しきりに横に停めてあるリクシャーを指さすだけだった。

 いつもだったら、もうこの時点でこういう輩は相手にしないんだけど、あたりは何もないうえにまだ真っ暗だ。

 暗い中ウロウロして、野良犬にでも襲われたらたまったもんじゃない。。。

 インドの野良犬は、日本でリボンなんか着けられて喜んじゃってる骨抜きとは訳が違うのだ。

 犬というよりは、どちらかというと狼に近い、、、

 とりあえず、持ってるガイドブックに載ってる宿を指さし「ココ知ってるか?」とその男に聞いてみた。

 すると、ムカつくほど得意気に「イェ〜ス!」と答えた。


「本当に知ってるんだな?」と、さらに念を押す、、、

 今度も”もちろんだ”と言わんばかりに「イェ〜〜ス!!」と答える。


 それでも、どうもコイツが信用出来ない、、、


 そこで試しに「お前は嘘つきか?」と聞いてみたところ、これにも自信たっぷりに「イェ〜ス!」と答えるではないか。。。

 ついでに、隣にいた男にも「コイツは嘘つきか?」と確認してみると、同じように「イェ〜ス!」と返ってきてしまった・・。


 (ダメだコイツら、さっきから英語しゃべってるくせに全然意味が分かってない、、、)

 そのあまりにも屈託の無さ過ぎるアホ面を見ていたらまたも軽い苛立ちを覚えたが、まったく見知らぬ土地のうえこんな時間じゃ厳しいけど他に手は無い・・。

 ハナから金なんて払う気なかったけど、とりあえずその男のリクシャーに乗り込む事にした。

 その男によるとココから市街までは10kmあるという。

 闇夜を5分ほど走ったのち、ここがそのホテルだとリクシャーを停めた。

 恐る恐る、ホテルの看板を見上げてみると・・。

 

(うゎ〜ぜんっぜん違う名前じゃん、、、、)

 

 すぐさま「嘘つくな!ガイドブックに載ってるこのホテルに行けって言っただろ!?」と怒鳴ってみるも、 「ココがそうだ!」と言い張るだけ。

 そうこうしてるうちに、ホテルのスタッフまで出てきて、

「カムッ!グッドル〜ム!」

「カムッ!チ〜プル〜ム!」

「カムッ!インサイド!」

 などとこの男と一緒になって、ケタたましくまくし立ててきた、、、

 ウルせ〜早く行けって言ってるだろ〜!!(怒)


 それでも、コイツらは頑なに「ココがそうだ!」の一点張り、、、

 ホテル名は共に英語で書いてあるからどう見たって明らかなのに、コイツらは揃いにそろってこの「呆れるほど分かりきった嘘」を貫こうとするのだ・・。

 その根性もここまでくると言葉が出ない。。。

 けど、うちらだってこんな何処だかサッパリ分からないようなトコで降ろされて、おいそれと「ハイ、分かりました」と泊まるわけにはいかないし、、、

 それに、あのままバスに乗ってさえいれば黙ってても市街まで行けたっていうのに、なんでこんなトコでバスを降ろされたあげく、こんな夜中にこんなワケの分かんない連中に付き合わされなきゃならないんだ???

 寝ボケてた頭がようやく整理をつけ初めてくると共に、コイツらに対してはもう諦めに近い感情を抱きはじめていた・・・。

(ハァ〜、いっその事こんな奴は死んでしまったほうが世の為なんじゃ・・。)


 なんていう、イケナイ思考も一瞬よぎったが、、、

 もういい加減こんな奴らはほっておいて、新たに気を取り直し他のリクシャーを探す事にした。

 そして、運良くすぐ”まともなリクシャー”が見つかり、お目当てのホテルもよ〜やく見つけだす事が出来たのでした。。。

 インドではときに、こういった「呆れるほど分かりきった嘘」を平気で貫こうとする輩が現れたりするのだ、、、

 これには、ある程度なら「新手のギャグ」とでも思って笑い飛ばすのが一番良い。

 逆に、これを真に受けて対等にやり合おうとした日には、まるで「幼稚園生と本気でケンカ」でもしてるかのようなムナシィ〜気分に、こっちが陥ってしまうからだ。。。

 さらに「嘘」を生活の手段として必要悪とでも思ってるのか、いくら追求してみたところで全く悪びれるそぶりが無いのも共通している。

 インドを長く旅すると、こういう連中とやり合わなければならない時が嫌でもやって来てしまうのだ。

 これが貧乏旅行となると、もう日常茶飯事に近い、、、

 結局、こういった「嘘つきインド人」の対処法としては、実際何度か痛い目にあってみて、その中で自分の「見る眼」を養っていくしかなさそうだ。

 ま〜慣れさえすれば、こういう連中はわりと同じ臭いを発してたりするから、騙される回数はぐっと少なくなってくるんだけど・・。

「騙すほうも悪いけど、信じるほうも悪い!!」

 とはよく言うけれど、これはひょっとすると「起源はインドじゃないの?」と思うくらい、まさにインド人的発想を象徴したひと言ではないかと思います。。。

 


 



sekaihokkori at 23:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!インド