2007年10月

2007年10月31日

トルコ再び

 シリアのビザを取得するために、再度イスタンブールへと訪れることになってしまった。

 せっかくなんで、「サバサンド」と「ムール貝のご飯詰め※超美味☆」をたらふく食べてからイスタンブールを後にすることに。。

 トルコ パムッカレ 

 イスタンブールの南300キロにある街「パムッカレ」には、まばゆいばかりの純白の大地が広がっている。この高さ200mある石灰棚の表面には清らかな温泉が流れ、そこへ太陽の光が差し込むとなんとも幻想的な世界が生まれる。その背後には、「ヒエラポリス」と呼ばれるローマ時代の都市遺跡がそびえ、劇場や神殿の跡なども見られる。

 

 トルコ パムッカレ

 

 次に向かうは、まるでキノコのような奇妙な形をした岩が林のようにそびえる「カッパドキア」 

 トルコ カッパドキア

 トルコ カッパドキア

 この奇岩は、大昔の噴火によって体積した火山灰や溶岩が長い年月をかけて雨風に侵食され、現在のような形になったそうだ。そんなダイナミックな地球の営みのなかで生まれたこの辺一帯は、映画「スターウォーズ・ジェダイの復讐」の舞台のモチーフになったともいわれている。


 トルコ カッパドキア 

 この奇岩の内部は、6世紀頃アラブ人の迫害を逃れたキリスト教徒たちによって岩を削って作った教会や修道院、隠れ家などになっている。


 トルコ カッパドキア トルコ カッパドキア

 (写真左)さらに迫害されたキリスト教徒たちは地下に安住の場を求めた。この街の地下には、迷路のようにトンネルを堀巡らした30を越える「地下都市」があり、なんとそれらはみな繋がっているそうだ。この地下都市は1965年に偶然発見されたそうだが、全体の構造はいまだ把握されておらず、現時点では地下8階、深さ65メートルあり、数万人が暮らせる広さがあることが分かっている。
 (写真右)うちらも泊まった「地下都市生活」の気分が味わえる宿。

 

 トルコ カッパドキア トルコ カッパドキア

 (写真左)トルコの伝統的な絵皿に絵付けしている職人さん。
 (写真右)驚いた事に、これらの陶器は鉱石を砕いたもので色付けされている。青はラピスラズリ、緑はターコイズ、紫はアメジスト、赤はコーラルを使用。値段を聞いて二度びっくり・・・。

 

 トルコ カッパドキア トルコ カッパドキア

 この日は10月30日ハロウィン☆ 宿の皆でお化けかぼちゃの灯篭を作った。 この後かぼちゃの中にローソクを灯し、みんなで街を練り歩いたそうだが、うちらは残念ながらバスが控えてた為、参加できなかった、、


 トルコ イスタンブール

 (おまけ)イスタンブールの街中でイカした牛を発見!!!




sekaihokkori at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!トルコ 

2007年10月24日

ヨーロッパの感想

 久々の記事アップになります、、、

 今回はヨーロッパの記事なんて殆ど書いてないのに、いきなり「ヨーロッパの感想」なんていう小学生の作文のようなタイトルから、無謀にもヨーロッパを一気にまとめようと試みちゃいます。。。

 一口に、『ヨーロッパ』と言ってしまっているけど、もちろんヨーロッパ諸国全てを訪れたわけではなく、うちらの場合、イギリスや北欧諸国は時間と予算の関係上どうしても足をのばす事は出来なかった。

 それでも、様々な人種や文化が密集してきたエリアだけに観光的見所が圧倒的に多く「せっかく来たからには、、、」という欲とあいまって、移動と観光をせわしなく繰り返す日々が続いた。

 同じ陸続きのヨーッロッパだけど、実際受けた印象は東側と西側を大きく分けただけでも、だいぶ違うものとなった。

 電車やバスを使い陸路で東から西へ進むにつれ、徐々にその風土や文化が移り変わっていく様が手にとるように見てとれたのが、このヨーロッパの旅の醍醐味の一つだったのではないかと思う。

オーストリア ウィーン


 個人的な感想としては、東欧の歴史の重みを感じさせる哀愁漂う雰囲気も魅力ではあったんだけど、正直「一回行けばもう良いかな、、」といった感じ。。。

 それよりもうちらにとっては、古いモノを守りつつも、それを土台に何か新しいモノが生まれてきそうな雰囲気を秘めた西欧の空気の方が、魅力的かつ刺激的なようだった。

 

ドイツベルリンスクワットカフェ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 ドイツのベルリンでは「ベルリンの壁」裂崩壊以後、古い型にはまらない新しいアートやカルチャーが生まれ続けてるようで、その流れは街の随所で感じ取ることが出来た。保守的なイメージの強いドイツの中でもどうやらココだけは異質の様子。

 

オランダ アムステルダム

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 オランダのアムステルダムは、ひょっとしてココは「人間交差点???」と思わせるような、まさに人種のるつぼ状態。様々な人種と文化の混ざりっぷりは他に類をみない斬新な価値観を生み出していたように見えた。

 

イタリア ローマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


イタリア ナポリ ピザイタリアでは独特の個性を感じさせながらも、どこか懐かしい匂いのする街並や人柄が魅力だったし、本場だけあってナポリのピッツァは本気で美味かった☆

 

 


 

スペイン マドリッド 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 スペインは開放的かつ情熱的なラテンの雰囲気が特徴で、人がとにかく陽気でアグレッシブなように感じた。その気質は、うちらのような旅人も同じように明るい気分で満たしてくれた。

 もちろん、他の国もそれぞれオリジナルで良い個性を持ち合わせてはいたんだけど、その中でも特に、ドイツ(ベルリン)、オランダ(アムステルダム)、イタリア、スペイン辺りがうちらの中で印象が強く残った。

 しかし、これらの場所が良かったな〜と振り返る以上に、旅を終えてみてつくづく痛感した事もある、

 それは、、、


 「ヨーロッパを旅するにはそれなりのお金が必要!!」


 ヨーロッパ大陸は基本的に西へ行けば行くほど物価が上がり、そこはもうただ居るだけで高額な宿泊費と食費がかさむ一方の厳しい世界だったのだ・・。

 とりわけ食に関して言えば、地元料理などにもトライしてみようと思ったら、それだけでも相当な出費を覚悟する必要がある。

 イタリアのローマでは安食堂がどうしても見つからず、やむ終えずマックの「ビッグマックセット」を千円近く払って食べたという痛い記憶も甦る、、、

 はるばるそこまで行っときながら毎回ファーストフードや自炊ばかりというのも味気無いし、その土地ならではの地ワインや地ビールなんてものがあれば、どうしても味わってみたくなるのが旅心というもの。。。

 よりによって、ヨーロッパの街角には美味そうな料理とかスウィーツ、酒なんかを扱ってる店が盛りだくさんで、それらを指を咥えて眺めるだけというのは何とも惨めな気分にさせられるのだ・・(泣)

 その為、このヨーロッパを旅した2カ月の間は、他の何を差し置いてもあくまで「効率」を最優先して、東から西までを矢のごとくさっそうと駆け抜けてきてしまった気がする。

 その甲斐もあって、出来る限り低予算で旅が出来たわけだけど、終わってみればこのあまりのハイペース&節約ぶりに二人して結構なストレスを感じてしまってたようだ・・。

 そういった意味からも、もしまた来る機会があるならば、、、


 「必ず十分な”お金”をこしらえてからにするぞ!!!」


 そう固く心に誓ったヨーロッパでの旅でした。。。

 



sekaihokkori at 22:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!ギリシャ 

2007年10月19日

ゲイの楽園ミコノス島


 

ギリシャの首都アテネから船で約6時間かけ、地中海に浮かぶ白い楽園(またの名を"ゲイの楽園”)にたどり着いた。燦々と降り注ぐ太陽の下、濃い群青色の海と真っ白な建物とのコントラストが目に眩しい。シーズン中ともなると、欧米中のゲイ達がこの島でバカンスを過ごすために海を渡ってくるそうな。。
 

ミコノス島のシンボルともいえる風車。

 

  

  

タウン内は迷路のように細い路地や階段が入り組んでおり、この島独特の作りをした家や教会などが所狭しと肩を並べている。どの建物も、白と青もしくは赤を基調としたカラーリングで統一されており、これがメルヘンチックでとてもカワイイ。。右下の鳥はミコノス島に住み着いているペリカン。島のアイドル的存在で皆から可愛がられているそうだ。この時も大きな羽をワサワサと広げ、しきりに観光客に愛想を振りまいていた。

 

  

訪れたのがミドルシーズンだったこともあり、エアコン、テレビ、キッチン、冷蔵庫まで付いた、うちらにしてはかなり贅沢な部屋が、破格の35ユーロ(約6000円)で泊まれた!!シーズン中の値段はなんと5倍近くも跳ね上がるらしい。。旅始まって以来、最も快適だった宿の一つだ☆

 

  

  

四輪バギーをレンタルし、島の反対側にある、その名も「スーパーパラダイスビーチ」へと足を伸ばした。ここはヌーディストビーチとしてミコノス島で最も有名なビーチ。うちらが訪れた時も男女数人のヌーディストがその裸体をあらわにし、身体だけでなく心まで開放しているようだった。この島では右上写真のようなレインボーカラーのデザインをよく見掛ける。実はこれ、ゲイのサイン。。この島ではこのようなサインを店やレストラン、バーなどで頻繁に目にすることが出来るのだ。さすがはゲイの楽園‥。



    

ホテルが丘の上に建ってた為、テラスから眺める夕日は特に素晴らしかった!!!昼間は真っ白だった建物が、陽が落ちるにつれオレンジ色に染まってくのを眺めていると、柄にもなくロマンチックな気持ちになってしまうものだ。

 

    

ミコノス島からトルコへ船で向かう途中に立ち寄ったサモス島。防波堤から海を眺めていたら無数のウニが見えて大興奮!!! 服を濡らしてまで採ったのに、残念ながら美味しくありませんでした‥。

 



sekaihokkori at 03:32|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!ギリシャ 

2007年10月12日

イタリア


イタリア ローマ トレビの泉

映画「ローマの休日」で有名なトレビの泉。ここでは泉に背を向けながらコインを投げると、もう一度ローマに訪れる事ができると信じられている。日本人のツアー客のおじいちゃんがここで何かをスラれたらしく、騒いでいた。観光客が非常に多いせいで、スリも多いようだ。



 

イタリア ローマ スペイン階段

ここも同じく「ローマの休日」の中で、アン王女がジェラートを食べた所として有名なスペイン階段。そんなロマンティックな雰囲気に酔いしれたかったのだが、周りにはインド人だかバングラデッシュ人だかが節操なく物売りに励み、とてもじゃないがそれどころではなかった。階段には平日にも関わらずもの凄い数の人が座り込んでいた。



 

イタリア カプリ島 

イタリア カプリ島 海

イタリア カプリ島 青の洞窟

 

 

 


ナポリからフェリーにて日帰りで行けるカプリ島。ここでは何といっても「青の洞窟」が有名(写真右)、これを見る為にナポリからわざわざ足を運ぶ観光客も多い。島に着いてから小船に乗り換え、島の裏側にある洞窟へ向かう。洞窟の前には多数の船が順番待ちをしていて、うちらも1時間ほど待った。そこからさらに小型の手漕ぎボートに乗り換える。洞窟の入り口は非常に狭く、高さ1mもない岩の隙間から、船頭も乗客も寝そべった体勢で一気に進入する。潮が満ちているときは入り口が塞がってしまうので、入れない日も多いそうだ。洞窟内では海水がとても自然の色とは思えないような、何とも言えない綺麗なプルーに光り輝いていてとても神秘的だった。これを見る為だけに、ナポリからの船代+入場料が2人で100ユーロ(約16000円)も掛かった。。。高いっ!!!!

 



sekaihokkori at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!イタリア 

2007年10月08日

モロッコに完敗!!


 スペインのアルヘシラス港からフェリーに乗って約3時間ほどで、アフリカ大陸北西に位置するモロッコのタンジェ港へと辿り着いた。

  

 これがうちらにとって初めての船での国境越えとなる。イミグレでは心配していた程の面倒もなく、案外すんなり入国する事が出来た。

 しかし、この時点ではモロッコについてのガイドブックや情報などを殆ど持ち合わせておらず、「ま〜着いてから何とかなるだろっ。。」なんていう安易な心持ちでいた。

 その甲斐あってか、うちらは運悪く(良く?)も「ラマダン」という断食月にこの国を訪れてしまっていたようだった、、、

 この「ラマダン」というものは、イスラム教の柱となっている5つの戒律のうちの一つで、「太陽暦で9月にあたる1カ月の期間は太陽が出ている間の飲食、飲酒、喫煙、性交の一切を禁じる」というもの。

 噂によるとラマダン中のイスラム教徒というのは、そのストレスのせいで普段よりだいぶキレっぱやくなるらしいのだ・・。

 うちらにしてもそんなモノは見るのも聞くのも全く初めてで、それが一体何を意味するのかさえよくわからないまま港を後にすることになった。

 

 この国の人々の暮らしぶりは例えるなら「牛のいないインド」のよう、、、 スペインから来ると俄然調子がくるってしまうほど街の雰囲気はガラっと変わり、土産物屋や飯屋のオヤジ達もインドに負けず劣らず図太く厚かましい、、、

 案の定、町中で日中開いている飯屋は極端に少ない。そのうえ、この期間中は海外の旅行者といえども人前での飲食は控えなければならない様子だった。

 確かに「郷に入りては郷に従え」とは言うけれど、アッラーに特別思い入れがあるわけでもないうちらにとって、これはかなりツライ仕打ちだった、、、

 中には朝から開いてる店もあるけど、そういう店は大概ツーリスト向けで当然値段も高い。パン屋だけはかろうじて普通に開いていたので、朝と昼はパンでしのぎ、夕食は地元の人と同じように断食の終了を告げる合図を待ってから食べた。

  

 地元の人はさらに夜明け直前にもう一度食事をとるため、ラマダン中は昼夜が逆転してしまうので仕事があまり出来なくなるらしい。。。 

  

 フェズという町の旧市街は、約9千という細い網の目のような路地で形成されており、その巨大迷路を思わせるような複雑な入り組み様は、国が認可した専門のガイドまで存在する程。それは、インドの「バラナシ」をも遥かに上回るスケールだ。

 町をぷらついていると、何処からともなく現れては声を掛けてくる輩が多いのに気づく。特にこの「フェズ」の旧市街周辺でたかってきた、通称「ガイド」と呼ばれる連中は酷い、、、

 一体どこでそんなに覚えたのか??というほど巧みに日本語を駆使し、初めはいかにも親切そうな人を装い旅行者に近づいてくる。で、長い前振りの末、結局最後はボッタクリのカモにされてしまうのだ。

 手口としては、地元の宿やレストランや土産物屋などを善意のように案内しだし、地元の人があまり英語を喋れないのを良いことに強引に客と金額交渉し始めるのだが、その値段にはきっちりガイドのコミッション(仲介料)が含まれている。

 中にはうちらが店に入ろうと思った途端、すばやく先回りし、店側にはあたかも自分が連れて来た客のように仕向ける輩までいる・・。旧市街を歩いてると、こんな連中が次から次へと引っ切りなしに声を掛けてくるからそれはもうウッと〜しいったらありゃしなかった、、

 しかも、相手にしないと今度は勝手に逆切れしだして、暴言吐いてくる奴までいた・・。

 「ニホンジンはイイヤツなのにオマエはワルイニホンジンだ!!」 とか、、、

 「オマエラニホンジンよりチャイニーズの方がマシだ!!」 とか、、、

 「オマエはヤクザだ!!!」 などなど、、、

 ”ヤクザ”なんていう単語が頻発する国はココが初めて。声を掛けてきたモロッコ人は何故か、この”ヤクザ”という単語だけは知っているようだった。

 思うに、彼らがまるで”ヤクザ”のような商売をするので、日本人旅行者から頻繁に呼ばれてるうちに広まってったんじゃないかと。。。

 この時一緒だった日本人の「タロー君」は、仲良くなったハズ!?の男から教えてもらった床屋にて100DH(1500円)で髪を切った。しかし、それを宿の息子に話したら、そんなの10DH(150円)もあれば切れるから、、、(ぷぷぷっ)と笑い飛ばされたそうな。。。

 この人の良心につけ入るようなやり方が、自分的にはいかんせん”カワイク”なかった、、、殆どが親切とは名ばかりの「善意の押し売り」で、個人的にはここまで気持ちの良くない連中に会ったのは旅に出てから初めて、、、

 それ以外にも、いい大人が時間も場所もまるでお構いなしで本気でケンカしてる姿を毎日のように目にしたし、、、

 日中食べれないからって夜明け前に食い貯めしてたらあんまり意味無いと思うし、、、

 女性一人でいると、この国の男共の”セクハラ”は超一級品だし、、、

 ボッタクリが半端じゃなくて、買い物するのはイチイチ面倒だし、、、

 う〜ん、、、、、モロッコ人って一体、、、、、、、???

 と、、、いつの間にかモロッコ人に対するネガティブな意見ばかりになってしまったけど、 あくまで普段の彼らを見ていないので、どこまでが「ラマダン」の影響によるものなのかは正直分からないです、、、

 ま〜人はともかくとして、そんなストレスをも打ち消してしてくれるぐらいの魅力をモロッコはしっかりと持っていてくれてました☆☆☆

  

     

 サハラ砂漠のど真ん中、うちら二人以外にはキャメルマンとラクダ二匹だけで、とびっきり贅沢な一夜を満点の星の下で過ごした。

      

 ここ「アイドベンハッドゥ」は、映画「ハムナプトラ2」の撮影で使われたいにしえの街。今でも最後まで残った数世帯が実際に生活を営んでいる。

  

 ラマダン期間中は毎日がお祭り騒ぎ。日没後、普段より豪華な食事をとった後は屋台が立ち並ぶ街へと再びくり出す。皆、これといって特に何をしてるようにも見えないけれど、このドンチャン騒ぎは深夜まで続く、、、

  

  

 個人的に特に印象に残ったモノ。それは、この国の随所に散りばめられた「色」。周りが砂漠ばかりで色があまり無いせいか、その「色」使いといい、「色」栄えといい、これにはただただうっとりさせられるばかりだった。。。

 うちらにとってこれが初めてのアフリカ大陸だったが、スペインから近いという事もあって多少油断していた部分もあった。それゆえ、良い意味でも悪い意味でも、うちら二人は完膚なきまでモロッコに叩きのめされてしまったようだ、、、

 このリベンジを果たせる時は、いつかやって来るのだろうか、、、(苦笑)))



sekaihokkori at 06:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!モロッコ