2008年04月

2008年04月26日

お魚天国チリ

 壮大なパタゴニアの自然を後にし、次にうちらが向かったのはチリ。

 

 そのチリでは、ずーっと楽しみにしていたコトが一つある。。。。。

 

 イヤっっ、むしろチリへはその為に行ったようなもんか・・・・・。

 

 それは”新鮮な魚貝類が安く豊富に食べれられる”というコト!!!

 

 日本を出てからすでに1年以上が過ぎた今、僕らにとって魚介類という存在は、会いたくても会えない恋人のような存在にまで膨らんでいた。

 そのはやる気持ちを抑えきれずに、わざわざ高いお金を払って”寿司っぽいもの”を食べて気持ちを紛らわすなんてことも何度かあった、、、

 そんな折り、“チリでは市場で買った新鮮な魚介を自分で好きなように調理出来る宿がある”と旅行者から聞いていたので、ずいぶんと前からココに来るのを待ち侘びていたのだった。

 だいたい、どうして海外のスーパーってのは魚貝のコーナーがほんのチョットしかないの、、、!?

 どこの国も肉ばっかがメインで、魚貝を扱ってたとしてもたいがい[肉9:魚1]ぐらいの割合しか置いてないし、、、

 それも生で食べれそうなぐらい新鮮じゃないうえに、肉よりも圧倒的に高いってのが今までのパターンだ。。。

 だからこれまでの国では、値段といい鮮度といい「魚貝」ってはうちらが思っているほど気軽な食べ物ではなかったのだ。


 目指すはチリの首都サンチアゴから、バスで約1時間北へ行った所にある「ビーニャ・デル・マール」という町。

 僕らはこの町にある「汐見荘」という日本人宿にお世話になり、その間5日間にわたり海鮮尽くしの日々を送った。

 まず、新鮮なネタを手に入れるには朝8時頃までには宿を出て、片道40分ほど掛けて歩いて漁港まで行かなければならない。

チリ ビーニャ・デル・マールチリ ビーニャ・デル・マール

 

 

 

 

 



 その漁港では、毎朝近海で水揚げされたばかりの様々な種類の魚やカニなどが、地元の漁師らによって威勢よく売り飛ばされていた。

 日本の裏側にあるチリだが生態系が日本近海と似てるのか、あじ、さば、いわし、渡りガニ、イカなどの日本でも馴染みのある魚ばかり並んでいた。。。

 うちらが仕入れたのは、サーモン半匹(約1.5kg)に、大あさり1kg、あじ2匹、えび2種類を各500gずつ、、、全部で締めて1600円成り!!

 これだけあれば十分足りるだろうと、両手いっぱいに袋をぶら下げてルンルン気分で宿へ戻った。

 その日は昼頃から仕込みにかかり、出来あがった夕飯のメニューはというと、、、

チリ ビーニャ・デル・マール

  ・ サーモンの握り

  ・ サーモンと甘えびとあさりの刺身

  ・ あじのタタキ

  ・ あさりのみそ汁

 

 

 刺身に付ける醤油はもちろん”キッコーマン”に決まっていて、肝心なワサビと日本米も、この日の為にと事前にアルゼンチンの外資系大型スーパーでゲットしておいた!!

 アジのタタキは、さすがに採れたてのものだけあって身がコリコリ締まっていて最高だった☆☆

 サーモンは刺し身の他にも、せっかくだからということでいくつか握りにしてみた。半身だったから鮮度がやや心配だったけど、実際食べてみると全く問題ナシ!!

 ちっとも臭みが無いうえに、脂が適度にのっているので握りにしても刺身で食べても格別☆☆☆

 甘海老はアボガドと一緒にマヨネーズで和えて食べた。日本で食べるほどのプリプリ感はなかったが、トロ〜っとした甘い触感が堪えられなかった☆☆

 大きめのあさりは、生のまま殻を剥いてレモンを絞って食したが、身は思いのほか柔らかく、濃厚だけどクセのない味でとても食べやすかった☆☆☆


 と、まぁこんな感じで、勢いあまってちょっと豪勢にいきすぎちゃったカナ、、、

 しかも、「わ〜い、久々の生魚だ〜っ♪」と張り切って食べ始めたわりには、最後のほうには二人ともキモチ悪くなってしまった。。。。。

 

 で、その時痛感した、、、、

 

 “生魚は決して食べ過ぎるモンじゃない” ということを、、、、、

 

 そしてその後も、鮭の塩焼き・あさりのボンゴレ・あさりの炊き込みご飯・甘エビの丸揚げ・甘エビとサーモンのほうれん草クリームパスタ、などなど、、、

 ありとあらゆる魚介を、手を替え品を替えてたらふく味わった至福の5日間だったのでした♪♪♪

チリ ビーニャ・デル・マール

 

 

 

 

 

 

 (あ〜美味しかった☆)



sekaihokkori at 17:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!チリ 

2008年04月15日

フィッツ・ロイ

 氷河を満喫したお次は、エル・カラファテからバスで4時間ほど行った所にある「フィッツ・ロイ」という山でのトレッキング。

 そこで朝日を迎えるべく、僕らはフィッツ・ロイ山の麓にある「エル・チャルテン」という何もない小さな村に宿泊した。

 まだ夜も明けぬ頃、地図と懐中電灯を片手にたった二人きりで出発。

 真っ暗な山道を2人きりで歩くのは少し心細かったけど、歩き始めてから1時間もしないうちに、東の空が夜明け前特有の淡い赤紫色へ明るみを帯び始めてきた。

アルゼンチン フィッツロイ

 次第に周囲の景色も見えはじめ、遠くの山々や小川の輪郭がハッキリと目の前に現れる。

 雲に反射したピンク色の光りが、木々の紅葉の紅にも同調してその鮮やかさを一層際立たせている。

 茂みが途切れた部分からは、フィッツロイの頂がようやくその姿をあらわにした。

アルゼンチン フィッツロイアルゼンチン フィッツロイ

 白い雪を纏ったその山肌は、うちらの期待通りかすかだけど赤みを帯びている。

 それはホンの数分の姿ではあったけど、うちらにとっては不足ない時間だった。

 ふと気づくと、あたり一面ピンク一色のメルヘンチックな世界に足を踏み入れていた、、、

 ピンク色の森を抜け、手作りの橋が架かった小川を渡る。

アルゼンチン フィッツロイアルゼンチン フィッツロイ

 かろうじて朝日は見えたものの、雲が多かった為にすぐに太陽は隠れてしまった。

 そこからは雲りがちな天候の中、眺めが一番良いとされるビューポイントを目指した。

 フィッツ・ロイ山の麓に近づくにつれ、辺りは真っ白な雪に覆われ始め、同時に足元の積雪の深さが増していく。

 そんな中、ビューポイントまであと少し、、、、

 という所まで頑張ったのだが、あまりに急な傾斜と硬いアイスバーンのため、ちゃんとした装備をしてない僕らはやむを得ずそこまでで断念せざるをえなかった。。。

 しかし、すぐ眼下に視線を移せば、遥か広がる壮厳なパタゴニアの大自然があった。

アルゼンチン フィッツロイアルゼンチン フィッツロイ

 そんな風景を見れただけで、もう充分だった、、、

 南極に程近いパタゴニアの自然が織りなす壮厳な大地を、自分の足で直に踏みしめることが出来たトレッキング体験だった。

アルゼンチン フィッツロイアルゼンチン フィッツロイ

(写真上)翌日、別の角度から観たフィッツ・ロイの姿。
 



sekaihokkori at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!アルゼンチン 

2008年04月14日

氷河トレッキング

 アルゼンチンの「エル・カラファテ」という町では“氷河トレッキング”という何とも魅惑的な響きのツアーに参加してきた☆

 夜明け前のまだ暗いうちに町を出発したバスは、約2時間ほど掛けて船が停泊してあるポイントまで向かった。

アルゼンチン ペリトモレノ氷河

 近ごろは雪が降ったり雨が降ったりと、あまりスッキリしなかった天気だったけど、運よくこの日は快晴!!

 どこまでも広がる深い紺碧色の空の下、眩しいほどにキラキラ輝く氷河を目の当たりにしてきた。

 氷の上では滑らないように、「アイゼン」という鉄の爪のようなものをトレッキングシューズの底に装着。

 日の光を透過させた氷河は、まるで宝石のようにキラキラと透き通って輝いている。

アルゼンチン ペリトモレノ氷河

 何万年という長い年月が生み出した、この得もいえぬ色にはただただウットリするばかり。。。

アルゼンチン ペリトモレノ氷河アルゼンチン ペリトモレノ氷河


アルゼンチン ペリトモレノ氷河アルゼンチン ペリトモレノ氷河

 1時間ほど氷河の上を歩いた最後には、その氷河を入れたウィスキーで皆と乾杯っ☆

アルゼンチン ペリトモレノ氷河アルゼンチン ペリトモレノ氷河

 調子に乗ってあまり酒の飲めないゆりの分まで飲んでたら、いつのまにかフラフラに。。。。

 氷河の上で酔っ払う。。。という何とも貴重な経験をしたお次は、バスで1時間ほど行った所にある展望台へと移動。

 そして、そこからの眺めに思わず息を飲むことに。。。

アルゼンチン ペリトモレノ氷河

 ここからの景色を見て初めて、さっきまで見ていた氷河は全体のほんの一部で、実際の氷河全体は想像してたよりも遥かにデカかったということに気づかされた、、、

アルゼンチン ペリトモレノ氷河

 ガイドブックによればここの氷河は全長約35km、高さは60m〜100m。平均して1日に中央で2m、両端でも40cm前進しているそうだ。

 時たまゴゴゴゴゴゴゴゴー・・・・っという、空を切り裂くような轟音をあげながら、溶けた氷河が海面に崩れ落ちる時がある。

 生まれて初めて目の当たりにした氷河の崩落は、人知を越えたそのスケールで、遥か原始からこくこくと刻まれてきた地球の息吹までをも感じさせてくれた。

アルゼンチン ペリトモレノ氷河


 これはもう単純に「スゴイ・・・・・!!!」としか言いようがない、、、

 その光景をしばらく眺めていたかったけど、残念なことにココでの自由時間は1時間しか与えられてなかった。

 この氷河に崩落をもってして、今回のツアーは一通り終わったんだけど、これにはもちろん大満足☆

 いや、ツアーのそのものというよりは氷河そのものに満足したって感じカナ、、、!?

 あぁ、でも出来ればもっと氷河を眺めていたかったなぁ。。。。。

アルゼンチン ペリトモレノ氷河



sekaihokkori at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!アルゼンチン 

2008年04月08日

世界最南端の町

 ブエノスアイレスを満喫した後は“世界最南端の町”とされている町「ウシュアイヤ」を目指した。

 けれどタイミング悪く、うちらがブエノスを出るほんの数日前からオフシーズンに突入してしまい、航空会社のオフィスでは「直行便は先週で全て終わった」と言われてしまった。

アルゼンチン リオ・ガジェゴス   仕方ないので手前の町まで飛行機で飛び、そこからバスやら船やらを乗り継いで途中チリとの国境を2度も出入りする、という何とも面倒な方法をとって、2日がかりで何とかウシュアイヤに辿り着くことが出来た。

(写真左)夜明け前のリオ・ガジェゴスの空港にて。。。

 

 

 

アルゼンチン ウシュアイヤ


 ここウシュアイヤは“世界で最も南極から近い町”の為に、シーズン中には多くの「南極大陸クルーズ船ツアー」が出ることでも有名だ。

 「一生に一度は南極を・・」という想いを胸に、毎年世界各地から数多くの旅行者がこの町を訪れるようだ。

 この小さな町は四方を海と山に挟まれていて、この時期南極から吹き付ける風は肌に突き刺さるように冷たい。

 着いた時は山の頂にだけ積もっていた雪は、数日の間にいつの間にか中腹までを真っ白く覆うほどになっていた。

 と同時に、最盛期を間近に控えた紅葉が見事なグラデーションで僕らの目を楽しませてくれた。

 それと、ここウシュアイヤには「上野山荘」という、日本人のあやこさんというおばあちゃんが一人で切り盛りをしている名物宿がある。

 その宿は山小屋風の素朴な作りだが、室内は24時間しっかり暖房が効いてて暖かいうえに、こんな辺鄙な場所にもかかわらず何とTVではNHKが観れる。

アルゼンチン ウシュアイヤアルゼンチン ウシュアイヤ


 さらに極め付けには「五右衛門風呂」なんていう有り難いアイテムまであって、厳しい寒さのなか熱い湯船に浸って体の芯までポカポカに温まることが出来る、というまさに沈没必至の宿だった。

 ※「沈没」とは、旅人用語で諸々の理由により長期間同じ所に居座ってしまうということデス・・。

 さらに、この宿は今年の正月に「こんな所に日本人!!」という、世界各地の辺境の地で生活を営む日本人を紹介する、という企画の特番でもTV放映された宿でもあった。

 うちらも、あやこおばあちゃんからその番組を録画したテープを興味津々で見せてもらった。

 そこには、タレントの「堀越のり」がレポーターとして上野山荘に取材にやって来て、ご飯を食べて「五右衛門風呂」にも入ったうえに、一晩実際に泊まっていったという模様が映し出されていた。

 そして本当かどうかは分からないけど、見せてもらった「宿泊者名簿」には、本人のものと思しき筆跡で、名前と住所までが記してあった、、、(東京都目黒区××××)

 さらに面白い後日談として、堀越のりが入った「残り湯」をめぐって、宿泊者同士争ったというエピソードまで残っているのだ。。。(笑)

 自分は別に「堀越のり」のファンなワケじゃなかったけど、仮にもタレントである彼女が”確かにココに来ていた”という痕跡に、思わずテンションが↑ってしまったミーハーな自分なのだった、、、(苦笑)

 さらに、ココの飼い犬の「トゥルーチャ」が、堀越のりにも負けず劣らずめちゃくちゃカワイイ。。。(写真下)

アルゼンチン ウシュアイヤ


 テーブルで人がご飯を食べてると、トゥルーチャがその下で太ももにアゴをひょこんと乗せてきて、吠えるでもなく騒ぐわけでもなく、物欲しそうな上目使いでジーっとこちらの顔を見つめてくるのだ、そう、ただジーっと、、、、、

 このたまらなくカワイイ仕草に完全にヤラれてしまったうちらは、滞在中何度か散歩にも連れてってあげた。

 でもそんな可愛い姿なのも束の間、散歩の時だけはそれはもう大変だった・・・。

 嬉しさのあまりリードをグイグイ引っ張るわ、興奮して飛びついてくるわ噛みついてくるわ、おとなしくしてる馬にもここぞとばかりに吠えまくるし、、、、

 まるで人(犬)が変わってしまったようになるので、普段はお利口なトゥルーチャだったけど、唯一散歩だけは骨の折れる仕事だった。。。。

アルゼンチン ウシュアイヤ


 宿の皆とレンタカーを借りて「旗の木」という珍しい木が生えるスポットへも遊びに行った。(写真下)

アルゼンチン ウシュアイヤアルゼンチン ウシュアイヤ

アルゼンチン ウシュアイヤアルゼンチン ウシュアイヤ


アルゼンチン ウシュアイヤアルゼンチン ウシュアイヤ


 始終吹き付ける強風の為に斜めに育ってしまったその奇怪な形から、それはかっこうの写真撮影スポットになっていて、想像力を膨らました自由な(変な?)撮影を、思う存分みんなと楽しんだ♪

アルゼンチン ウシュアイヤアルゼンチン ウシュアイヤ
 

 何とこの日の夕食は”カニ”!!!

 ウシュアイアはカニが採れる事でも有名らしく、町中ではカニの看板を掲げたレストランも数件見かけた程。

 “間に合ったら”ということで、あやこおばあちゃんに新鮮な採れたてを頼んでおいたのだが、運よくうちらの滞在中に間に合ったようだ♪

 シンプルに大釜で塩ゆでしただけのものをハサミでぶった切って、そこにキューっとレモンを絞ってむしゃぶりつく。。。。。

 

 

 ”う〜〜ん、こりゃ〜ウマイッ!!!”

 

 

 豪快に身を楽しんだ後は残った殻と身を使って、料理上手の「ムラさん」がパスタを作ってくれた。

アルゼンチン ウシュアイヤ


 カニの風味がしっかり効いたクリームパスタは、これまた絶品中の絶品だった☆☆☆

 他にも「旅先でお世話になった人達に感謝の意を伝えたい」という理由から、常にお茶道具を持ち歩いてる、というかなりレアな人も。。。。。

アルゼンチン ウシュアイヤアルゼンチン ウシュアイヤ

 



 ちなみに、旅中常に持ち歩いてるというこのお茶碗(写真上右)、、、、

 

 

 なんでも有名な陶芸家のモノらしく、、、、、

 

 

 なんと、、、、、、

 

 

 100万円以上するらしいです。。。。。

 

 

 一瞬言葉を失ってしまった一同・・・・・。

 

 

 「手が滑って落としちゃったらどーしよー・・・」とヒヤヒヤしながら戴いたお茶の味は、、、、



 

アルゼンチン ウシュアイヤ

 

 

 

 う〜〜〜ん、ニガイ。。。。。。

 

 

 

 その苦みの効いた「結構なお味」と共に、京都の人らしいたおやかな身のこなしをとくと拝見させてもらった、、、

 この世界最南端の町「ウシュアイア」では、こんな感じでバラエティー豊かなメンバーと可愛いトゥルーチャに囲まれ、雄大なパタゴニアの自然の中で心温まる「上野山荘ライフ」を大いにエンジョイさせてもらったのだった♪♪♪


アルゼンチン ウシュアイヤ



sekaihokkori at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!アルゼンチン