2011年05月

2011年05月31日

【驚愕】元東電社員の内部告発

とても興味深い内容なので、少し長いですけど転載させて頂きます。

東電という組織の実態がよくわかります。


----------------------------------------------------------------------------

4月29日に高知市内で行なわれた「原発のない日本へ」パレード後の意見交流会で、元東京電力社員が福島第1原発の現状と東電の実態について語る。


【動画】

http://www.youtube.com/watch?v=wlaAVvpIG-k&feature=mh_lolz&list=FLHpbOUBMdLoE



【書き起こし】 
短くお話ししますと、僕は福島原発、第一原発から15キロ真西に住んでました。標高は550ぐらいあったんで、津波は全く問題なく、家も束石方式の基礎の古い家に住んでたんで、平屋の、で、屋根も軽くて、ちょうど本震が来たときは薪の仕事をしとって、で、一服しようかなと思って、3時前だけど、まあ、いっかなと思って、ココアを、薪ストーブに火入れて、ココア飲んで、で、たまたま午前中にデジタル放送のテレビの難聴区域だったんで、光ファイバーみたいなのを大熊町が引いてくれて、その工事が終わって、で、別にテレビとか、全然見たくないんだけど、子供とかがいるんで、テレビ見れるようにしたんですけど、で、ぱっとテレビつけたら、どーんと緊急地震速報が出て、で、これだと思って、すぐ外出て、で、ココア持ってたんだけど、薪割り台のとこに置いて、で、2分、3分弱ですか、本震があって、その間、山がもう、ごーってずっとうなってて。で、ココア、ほとんどこぼれました。そのぐらい。でも、立ってられて、別に這いつくばって腰抜けるようなほどでもなくて、薪ストーブにちょうど火入れたばっかりだったんですけど、中の煙突がちょっと外れたぐらいで、ひっくり返りもせず、何の被害もなかったです。



で、次の日、爆発したんですね、1号機が。その爆発までは、僕はもう、地震、津波、炉心溶融というのはもう予測してたんで、で、嫁はちょっと離れたとこに、たまたまちょっといたんで、迎えに来てくれて、土曜日、で、常葉町っていう35キロのところに嫁の実家があったんで、そこに逃げて、で、2日ほどして、まあ、子供もまだ小学校2年生の女の子なんで、もうちょっと逃げようかって話になって、さらに嫁の親戚筋をたどって、栃木県の那須、70キロぐらいですね。まで逃げて、で、そこに3週間ぐらいいたんですかね。で、高知県の県庁が県営住宅の無料開放を宣言してもらったんで、もともとナカムラのほうに、ほうばい?がおったんで、僕、サーフィンやるんですけど、サーフィンブラザーズがいて、県営住宅あれば、余計行きやすいかなと思って、4月の頭にこっちまで逃げてきました。


実際、じゃあ、放射線、どのぐらい浴びたのかなってぱっと計算したんですけど、20ミリシーベルトありました。放射線量率って単位時間当たりのマイクロシーベルトとか、ミリシーベルトで表示されてますけど、僕は一応、原子力、学校合わせると20年いて、国の日本原子力研究所ってとこで大学の原子炉工学コースのさらに短時間濃縮コースみたいのを半年ぐらいトレーニングを受けた人間なんで、ちょっとした線量率の計算とか、あと、どのぐらい積算で浴びるのかって簡単な計算方法はもう自分でできるんで、で、こっち来て、落ち着いて、計算したら20ミリシーベルトを大体浴びてて。


結局、具合悪くなりました。はっきり言うと。栃木の那須に逃げて、すぐ、だから、4日目ぐらいからもう鼻水、どろどろの鼻水が出て、で、鼻血もとまんなくて、のども痛い。これが低線量障害ってやつなんですね。


だから、実際、100ミリまで行かなくても、恒常的に常に浴びてれば、何らかの障害というのは出てきて、で、国も政府も、当然、原子力安全委員会も、東電も、全く問題ないって言い方してますけど、全く問題あります。というのが1つ、僕の生の証言です。


一応、今日あんまりコピーしてこなかったんですけども、単位時間当たりの線量率をどうやって積算にするのかという計算式を書いたメモ、すごい汚い字なんですけど、書いてきたんで、欲しい方はどうぞ持ってってください。


で、0.24マイクロシーベルトパーアワーって書いてありますよね、新聞に。1時間当たり0.24マイクロ、それを1年間ずっと浴び続けると、2ミリシーベルト、1年間当たり浴びるんです。


ICRPって国際放射線防護委員会が勧告してるのは、一般公衆の被曝線量限度ってのは1ミリシーベルト、わかりますか。その20倍をたった1カ月もたたない3週間ぐらいで浴びちゃったんです、僕は。



で、僕はもう今年47歳なんで、そんなにもう細胞分裂もしてないからいいんですけれども、子供、子供はもう細胞分裂、活発で、自分の原本のDNAをコピーして体でっかくしてるわけですから、壊れたDNAをコピーすることによって発がん率ってのは高まりますんで、まあ、子供もすぐこっちまで避難させたっていういきさつなんですけれども、そんな、ちょっと生々しい感じの話になっちゃんですけど。



で、もう1つ言わせてもらうと、僕は10年前に東電やめたんですね。で、何でやめたかって皆さん、聞いてくるんだけど、理由はね、ほんとに簡単なこと。もう、うそ、偽りの会社、ひどい会社。で、偉くなれるのは東大の原子力出てきた人間、技術系だったら、もしくは東大の法学部出てきた人間が社長とかになりますから。で、もう、そういうエリート官僚主義の最先端行ってるとこなんですね。最先端っていうのかどうかわかんないんだけども。



で、うそばっかついてて、例えば、あるものが壊れましたと、このハンドルが壊れました、壊れた理由は、例えばこうやって日に出しといて、紫外線で劣化して壊れたっていうのが普通の理由なんだけれども、それを経産省、昔でいうと通産省、で、今でいうと保安院と原子力安全委員会に説明するにあたって、自分たちが説明しやすい、しかも、結果ありきでつじつまが合うようにストーリーをつくって、それで保安院に報告してプレス発表するわけです。それを専用のテレビ回線を使って、トラブルをちゃんと収束するまでの間、テレビ会議で延々と、昼夜を問わず、1週間缶詰とか、2週間缶詰は当たり前の中で、どうやって壊れた、ハンドルが壊れた原因を役所で説明しようかってことをやってるわけです。



で、僕はもう17のときからサーフィンやってて、レゲエの神様のボブ・マーリーが大好きで、で、そのせいで、そういううそ、偽りに気がついて、僕は会社いるときにバランス崩しちゃってですね、そういう世界にいたから。いつも自然と触れてて、レゲエが大好きで、ビールも大好きで、で、友達といい波乗って、おいしいビール飲むっていう生活と、その東電のその組織の中での役割っていうギャップですよ、真逆ですから、はっきり言って。



で、それでバランス崩して、もうやめたいって表明して、やめるのに3年かかりました。3年です。もう引きとめに引きとめて、で、最後、もう、僕ちょっと労働組合の仕事とかも少しやってたんで、労働組合の委員長と面談になって、引きとめの面談になって、で、何で、キムラ、やめるんだと、そのほんとうの理由を教えてくれと労働組合の委員長に言われたときに、僕、こう言ったんです。



はっきり言って、10年前ですよ。原子力発電とか、原子力エネルギーというのは斜陽、終わってるって。



だって、わかりますよね。皆さん、ほんとに意識が高い人たちだから、プルトニウムの241番が放射能の力が弱まる、半分になるまで2万4,000年かかるんですよ。今この瞬間使ってるエネルギーのために2万4,000年先の子孫にごみを、負の遺産を受け渡すことの解が出てないわけじゃないですか、答えが。なのに、発電し続けてることのその矛盾、だから斜陽なんですよ。



そしたら、労働組合の委員長、こう言いました。キムラ、おまえ、頭が狂ったんだな、気が狂ったんだな。



僕は、あんたが気が狂ってるんだよってはっきり言ってあげました。そしたら、すごい怒って、おまえみたいなやつはもうやめろと、そう言われて、やめられて。


で、またその後におもしろい話があるんですけど、僕はね、原子炉の認可出力ってあるんですよ。例えば福島第一の1号機だったら、1,380メガワットなんですよ、原子炉の出力は。1,380メガワットを電気にすると、46メガワットで、東京ディズニーランドを1日動かすのに必要な電気は57メガワット。だから、福島第一の1号機じゃ東京ディズニーランドは動かないんです。足りないの。


でね、電気の出力ははかれるんですよ、ちゃんと。オームの法則みたいなやつで。「オーム」(ガヤトリー・マントラのたぐい?)ってやつ。なぜかオームなんですけど。


で、1,380メガワットをはかってるんですけども、間接的に、だけど、認可出力が1,380メガワットだから、絶対に超えちゃいけないんです、それは。1時間に1編コンピューターを使って計算して、打ち出しして、保安院に報告するんです。



で、1,380メガワットを1メガでも超えちゃいけないんです。で、誤差っていうのは2.5%なんです。ということは、27メガワットプラマイ誤差があるんですけど、だから、うちらは技術者の判断で、それは誤差範囲だからっていうことで下げるんですよ。1,381にならないように、僕が計算機に、大型コンピューターにアクセスして、裏技なんですよ、これは。アクセスして、超えそうなときに係数を掛けるんですよ、0.995とか。1に対して。それで認可出力を超えないように、打ち出しが、そういう操作をしてたんですよ、僕は。



で、それができるのは東京電力の中でも、4,000人原子力従事者がいるんだけども、社員だけでも、その中でも2人か3人、そんな技を持ってたんで、なかなかやめれなかった。全くやめさせてくんない。



何でかっていうと、やっぱりこうやってね、内部告発みたいなことするわけですからね。あれは間違ってるよって。だって、僕、人並みぐらいには正直な人間ですもん。だから、知りたい人にはこうやってちゃんとアナウンスして、ほんとうの情報だけ、さっきの単位時間当たりの線量率をどうやって年間にかえるのかとか、そういうことも全部レクチャーしますんで。



そういうことを危惧して、東電は僕に、会社やめるときに、850万円退職金上乗せしてくれたんです。そのときに、本店に呼ばれて、副社長に、キムラ君、わかってるよね。何がわかってんだろうって思ったけど、わかってますって。わかってるよねって言われたら、わかってます、わからないとは言えないんで、じゃあ、もう帰っていいよって言われて、面接2分、それで850万上乗せしてくれて、で、1,300万もらって、まあ、親が事業やってたんで、全部そっちに回しちゃって、今はそんなお金持ってないんであれなんですけども。まあ、そんなおもしろい話が1つあって。



で、あんまり、第一の1号機も燃料の全体の燃料の7割が溶けちゃって、で、最近はちょっとデータ見てないんですけれども、原子炉の圧力とかも上がってるし、格納容器内の放射線量率も上がってるし、で、ヨウ素の131番っていうのが減ってない、最近ちょっと減ってきたみたいなんですけども、つい最近までは確実に再臨界になってました。だって、皆さん勉強してるから、ヨウ素の131番というのは放射能の力が半分になるのにたった8日間ですよね。なのに、もう8日たって、もう1カ月近くになってるのにヨウ素131がどんどん増えてる、それ自体がもう再臨界して、臨界にならなければ、ヨウ素というのはできないんです。絶対に。中性子、ぼーんとウラン235番が受けて、割れて、ヨウ素の131番っていうのができるんですよ。原子力っていうのはそういうもんなんで。で、そのうちのアインシュタインの相対性理論の話になっちゃうんですけど、そのうちのほんの1グラムとか、0.何グラムが熱になって、で、水を温めて、蒸気にして、その蒸気をタービンに回して、タービンに直列につながって発電機を回して電気ができるんです。それが発電システムなんで。



で、絶対にヨウ素の131番は中性子が出て核分裂しない限りは、絶対に出ないんです。だから、再臨界してて、そういう、ほんとは再臨界してるのに、原子力安全委員会、認めないでしょう。東電、認めないでしょう。政府も認めないでしょう。これはね、再臨界はしてたんです。つい最近まで。これはもう事実です。プロがほんのちょっと原子炉の物理とか知ってる人間であれば、だれでもわかること。それがまず1つ、うそね。



で、さっき言った、例えば0.24マイクロシーベルトパーアワーというのは安全だとかっつってるのもうそ。うそです。



それが僕は今日、皆さんに伝えたかったことです。で、高知は結構離れてるんでいいんですけど、ドイツの気象局が出してる放射線の、放射能の分布予測、スピーゲルっていうんですか、わかんないですけど、それを見て、北東の風が日本を全体を流れてくるときは、絶対に子供を雨に当てないでください。あと、女の人、これから子供をまだ産む人は出さないでください。それは、おんちゃんらはいいですよ。おれとかも含めて。



何でかっていうと、セシウムの137番というのがあります、今度。それの放射能が半分になるのが30年かかるんです。で、何が危ないかっていうと、セシウムの137番というのは筋肉にたまりやすいんです。男の人は比較的筋量が多いんで、筋肉に薄く、体の中に取り入れたとしても薄く広がっていきます。だけど、女の人は乳腺と、あと子宮、どうしても筋肉がないんで、そういった器官に濃縮しやすいです。そうするとやっぱり乳がんの発生率とかがちょっと上がってしまう可能性があるので、そんなことは知ってれば防げることなんで、で、どうしても外に出なきゃなんないときは、布マスクの中にガーゼ入ってるじゃないですか。それをぬらして、で、マスクして外に出る。



あと、ヨウ素が出てる限りは、ヨウ素はやっぱり昆布とか海草類にヨードとしてたまるので、そのヨウ素なんです。で、髪の毛から吸収されやすいです、人間は。だから、帽子をかぶって、直接雨に触れないようにするっていうのが1つ防げる方法です。



全然そんなことだれも言わないですよね。政府も。だけども、これだけは僕は言いたかったんで、今日、ナカムラから来てみました。



あんまり話が長くなっちゃうとあれなんで、最後に1つだけ。



何かチェルノブイリの30キロ圏内にあるすごいきれいな泉を守った長老たちがいるらしいんです。どうやって守ったかっていうと、僕、こんなに原子力のこと勉強して、物理のこととかもある程度勉強したけども、目に見えない力ってのも絶対あるんです。その30キロ圏内にあった泉を守った長老たちは、逃げなかったんです。逃げずにその泉をどうやって守ったか。祈りです。だから、そう言っちゃうと信じる人も信じない人も、どのぐらいの割合でいるかわかんないけども、もしちょっとでも信じてもらえるんだったら、朝、まず、福島第一が穏やかに眠りにつきますようにって祈りと、あと、出てしまって、僕たちが使った放射能じゃないですか。電気のもとだから。それが、愛と感謝の思いによって消滅して、無毒化するようにという祈りで、何とかみんなで力を合わせて、次の世代に伝えてもらえたらなって思います。



以上です。ありがとうございます。



情報元 http://www.qetic.jp/blog/pbr/?p=3652



2011年05月30日

【警告】東京など首都圏で低線量被曝の症状が子どもたちにおきているという情報

昨夜、とてもショッキングな情報が入ってきました。

まさか首都圏でここまで具体的に身体の影響が出てきてるとは思ってもいませんでした。

あまりにショックだったので僕自身もここに載せるべきかどうか迷いましたが、伏せたところで後々の犠牲者が増えるだけなのであえて転載させて頂きます。

この情報がアップされたのが5/29 17:29ですが、それからたった半日の間に150件近くの一般の方がコメント欄にて同じ症状を訴えてます。みなさんこの数をどうみますか?※6/02時点:364件

コメントの中には「裏付けが取れてない情報でやみくもに不安を煽るな」というような意見もいくつか見受けられますが、放射能というものが、目には見えず、内部・外部被爆の差や地域差・個人差が大きいうえに、絶対ではなく確率的に影響があがっていく、という性質である以上、全ての人に当てはまる因果関係など出せるわけもありません。

推測の部分は別として、個人的にはこのコメント数は無視できない数字だと思います。出来る限りの注意深さが必要な今、自分や自分の周りでは起きてないからとか、有名な学者が発表したものじゃないから信用に値しない、と安易に流してしまうのは短絡的で危険だと思います。

放射性物資というものがなかなか捉えどころがないものである以上、一つの切り口からだけで把握しようとするのはどうしても無理があると思います。なので、これらの情報もあくまでデータの一つとして、冷静に現状を判断する為の材料としていくべきだと思います。それは誰の為でもなく、自分や大切な人の為にです。

管理者がコメント欄を操作でもしてない限り、ここに上がってる一般の方からの報告はデマでも風評でもなく実際現実に起こっている事実です。この数を多いととるべきか、少ないととるべきかは、その人それぞれの判断軸に掛かっています。

本当に目をそむけたくなってしまう現実ですが、いま僕らに必要なのは不安にさせない為の嘘の「安全」ではなく、最悪な事態を避けるための正確な「事実」だと思います。

大切な人を守り、きちんと未来への命を繋ぐ為にも、事実は事実として冷静に受け止め、事前に出来る対処については出来る限り注意を払って頂きたいと思います。子供たちの為にもどうかお願いします。

 以下 ジャーナリスト 木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」 より抜粋

このことについて、まだ、医学的な確認が取れていませんが、確認がとれるのをまっていたら、事態がさらに進行する危険を感じ始めたため、先に書いておきます。きのう、百人が参加した、松戸の講演会でも、この話が出ました。東葛地区でとくに最近、喉の痛みや、リンパの異常などを訴える子どもたちが多くなっていると言う話です。身体がだるくなる、元気が出ない、風邪でもないのに咳が出る、など。口の中に金属っぽい感覚がすると言う話や、乾燥していないのに顔の皮膚がひりつくという話が出ています。ふだん全く鼻血を出した事のない子どもが、鼻血を出すと言う話も。医療機関に相談するケースが増えていると聞きました。言うまでもなく、おきているのは子どもだけでなく、大人にも同様の症状が起きているという話ですが、子どもの方が目立つと言うことです。 勿論、関係のないケースもあるかもしれませんが、非常に心配される話です。さらに、神奈川から聞こえてきた話は、中学生の野球チームが三月の二十三日に半数が吐き気と下痢、鼻血を突然出して、動けなくなった事。食中毒でなく原因がよくわからない話になっていて、その後子どもの体の切れが悪く、大幅に調子が落ち続けている事。


 この東葛エリアで、のどの痛みを訴える子どもたちが、3月後半から、急増しているのではないかという情報をどう精査するのか。もちろん、別の感染症のはやりも考えられますが、放射性物質による影響であれば大変ですから、症例数を確認して、何か有意な事がいえるのかどうかを検討する作業も行われそうだと聞きます。こうした、被曝による症状として、何らかの因果関係が推定される事象があるのなら、体内に取り込んでいる放射性物質をホールボディカウンターで計りたいと言う要求はとても増えると思います。国が駄目なら、民間で資金を集めて、少しでも増設するようにと、考えるしかありません。この被曝量を計るべしという考えは、この被曝による影響の見積もりがいまだに為されていない不安感を払拭するために必要です。台数が少ない事を理由にして、ほとんど計測できません。
 

 きょう、「チェルノブイリのかけはし」という団体の野呂代表とも話をしましたが、チェルノブイリでのいろんな活動経験から、低線量の被曝地域の中の方が、初期症状が出易いと言う認識を話をされます。「東京も、基本的にはチェルノブイリの低線量地域並みに汚染されている」とお話になります。ここの団体の相談会にも、首都圏のお母さんから、かなりの相談が寄せられています。喉の痛みを訴える相談はかなり集中してきている事、子どもの抵抗力が落ちてくる事。鼻血もあるし、粘膜の異常を訴えることもあるそうです。とにかく子どもたちに元気が出ないという話なのです。「福島はチェルノブイリのゾーン1とかゾーン2の移住ゾーンですが、高濃度被曝だから初期症状がチェルノブイリの時の感覚ならまだまだすぐにはわかりにくいですが、低線量の地帯の方が、初期の被曝と見られる症状が、はやくでる」という認識だそうです。重症な身体の不調でなく、軽微だが異常がおきる症例がはやくおきるということです。

 僕も考えますが、ここには、免疫のシステムが関係しているのかもしれません。体内に入った異物を取り除きたい身体のシステムが、いろんな不調を示しているということ。まだ、それが機能するだけ、被曝レベルが大きくないのかもしれません。しかし、これから考えると、低線量の被曝が継続して続いていて、土が汚染され呼吸からも放射性物質を受け取り、さらに野菜などの食物や牛乳などから内部被曝が恒常化する状態に首都圏がおかれる恐怖と言う事です。つまり、危機はもう三ヶ月近くも、水面下で続いていた訳で、段々と、幅が狭まっている気がしています。


 野呂さんは「都会は雨で表面の汚染が薄まるから、むしろ食べ物による内部被曝の警戒が、移住と言う選択よりも優先では」ともおっしゃいます。福島ほど差し迫っている状況ではないですが、ただし、危険はあるということです。「茨城や千葉は、土壌が多い場所なので東京よりもさらに心配です。コンクリートはまず流れていくが、土は流れない。チェルノブイリの問題は土に放射性物質が残留して大変だったのです。大都市部の考え方はちがうかもしれない」とおっしゃいます。ここは、人により見解が分かれるかもしれませんが、危機の対処をどうするのかと言う事です。


 本当はどうなるのかは確実には分かりませんが、ちゃんと分かったときには既に大変な事態なのです。白血病や甲状腺のガンといった明確な状態ではなく、あいまいな免疫系等の初期症状などに繋がるケースは容易に想定されます。ソ連が隠しているかもしれませんが、当時チェルノブイリから130キロのキエフは、被曝被害がほぼないとされ、放射線管理区域にも入っていませんでした。しかし、実際は、この街でも子どもたちの健康被害は出ています。そして、東京は、現在の一部の土壌調査の数字が、放射線管理区域のゾーンにあることを示しています(勿論これより低いところもありますし、東葛地区などでは、さらに高い希望移住ゾーンになる場所がある可能性も否定はできません)。そうすれば、子どもに、喉の痛み、リンパ、免疫系等の異常を示す話が出ていも、なんらおかしくはありません。


 とにかく、事態はさらに猶予がならないことになっている可能性が否定できません。最低限、お子さんの内部被曝を避けるために、野菜、牛乳の産地を厳しく吟味して下さい。以前に製造されている脱脂粉乳も最後は選択肢にしてください。水産物は、小魚や貝などから注意が必要です。産地をチェックする作業を怠らないで下さい。


 首都圏での子どもの異変についての情報で、曖昧な形で書き込めるものは、コメント欄に。具体的な情報は、連絡先を添えてメールでお寄せ下さい。コメント欄で書いている方でも、具体的にさらにお伝えいただける方は、是非メールしてください。これは大切です。医師の皆さん、特によろしくお願いします。


 未明に書いて消えた原稿よりも(コピーいただき復活しました。ありがとうございます。)、さらに懸念が高まった原稿です。どうも、当初想定よりも、最近空間への大量放出がおきていないのに、深刻な状態が、東京などの首都圏にもうおきはじめていれば、大変な話です。話が深刻で、首都圏住民に強い警告になりますので、書くことを躊躇する気にもなる話ですが、僕はやはり危険がある可能性を言うしかありません。


 一緒に自分や自分の大切な人の身を守ることに努力してください。
事態は切迫していますし、そのために大きな流れが始まっている気がします。声をあげるしかありません。  
 


一人でも多くの方が参加し、行動してください。Facebookのグループ「福島第一原発を考えます」は
行動する皆さんの参加を期待します。参加は→
 http://www.facebook.com/home.php?sk=group_163985373661863


149 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
低線量被曝 (湘南)
2011-05-29 19:13:52
湘南で医者をしています。

被曝による症状なのか、たんなる咽頭炎なのか、非常に判断に苦しむ所であります。ただ、ここ数週間で、咽頭の痛み、慢性の咳を訴える患者さんは増えているのは事実です。慢性の咳としてはマイコプラズマや百日咳なども原因菌となりますが、当初からそういった細菌に効果のある抗生剤を出していても効果の出ない方が非常に多いです。

季節の変わり目で片付けられる物であれば良いのですが、自分の息子もこの2週間ほど珍しく咽頭痛と咳が止まらずにいたので心配していました。ここまで咽頭痛が長引いたり、咳が長引くことのない子供でしたので、、、、。
鼻血 (kt)
2011-05-29 19:21:23
はじめてコメントします。

茨城県南部在住ですが、7歳の息子が先週、生まれて初めて鼻血を出しました。そして今日も。
ぶつけるなど外部からの衝撃は全くなく、突然たらーっと。今日は車内でした。
頭がガンガンすると何度か訴えてきたり、手首と足首が痛いといいます。熱はいつも平熱です。

小児科に連れて行こうかと思っていた矢先、今こちらを読んで血の気が引く思いです。
どうしたらいいのでしょうか。この地からは引っ越すことはできる状況にないです。
このまま住み続けていいのでしょうか。 

家庭内で食べ物には気をつけていますが、小学校は県産物が中心です。どうしたらいいでしょう。。。
母として、なにができるのでしょうか。。。
体調 (千葉北西部)
2011-05-29 19:31:52
私自身体調は3月中ごろからずっと良くありません。咳と喉の不調です。
周囲を見渡しても、その頃から熱が出ない咳や、喉がおかしくて医者に行く人の話をよく聞きました。
レントゲンを撮られてしまい、更なる被曝をしてしまいます。
喉が調子が悪いので、外出もままならない状態で、これがずっと続くとなると、かなりの行動範囲縮小をもたらし、精神的にもよくありません。非常に鬱陶しい症状です。

学生は免疫力の低下で、集団でインフルエンザの流行を引き起こしております。こんな時期にはありえないです。
ひょっとしたら、インフルエンザウィルス自体も放射能で変化しているのでは?などと考えたりもします。(想像で申し訳ありません)
学校からもメールでインフルエンザの件、お知らせがきましたので間違いありません。
とにかく、若者まで体調不良になっています。いい季節なのにも関わらず。
うちの子供もインフルエンザにはまだかかっていないものの、頭痛や腹痛ですでに休んだり、早退してきたり遅刻したりしています。停学にならないか心配。
体調変化 (siroiyamaneko)
2011-05-29 20:02:03
もともと花粉症で5月連休あけて10日間はマスクをしていましたが、
このところ(5月中旬以降)少し油断して、時々外出時、10分程マスク無しで数回出歩きました。

のどと鼻の粘膜に少しの痛みといがらっぽさ、気管支はがらがらする違和感が、今までと違います。以前であれば花粉に油断してもこのような違和感はありませんでした。

湘南の医師の方 (木下黄太)
2011-05-29 20:18:59
nagaikenji20070927@yahoo.co.jpにご連絡いただけませんか。
のどの痛み、咳、下痢、鼻血 (埼玉県南部20代前半)
2011-05-29 20:55:41
元々普通の方より身体が弱いせいか、ただ単に疲れているだけなのかわかりませんが、被曝症状か?と思われる症状が出ています。

まず、鼻血が出ました。喉の痛み、咳は三週間ほど前から続き、いまは少し治まっています。下痢は1ヶ月以上治りません。元々、お腹は弱く、下しやすいですが、こんなに長引く下痢は初めてだとおもいます。

外出時は、基本的に花粉用のマスクをしています。職業柄、仕事中はマスクができないので、仕方なく、ふつうに過ごしています。

わたしの周りでも喉の痛みを訴える方が非常に多いです。鼻血、下痢も聞きました。周りは、ほとんどがマスクをしていませんし、水、食べ物も気にしていません…。テレビの報道を信用して、害がないとおもっている、もしくは、害があっても構わないと言ってます。「気にしたらキリがない」と。
鼻血と集団貧血 (ひるまはるみ)
2011-05-29 21:31:12
はじめまして。
板橋区に住んでいます。
練馬区・板橋区に住む方々にフラを教えている者です。
震災後、生徒の子ども達(小学生)
そしてそのお母様方から「鼻血」の
話をよく聞きます。

毎回、クラスの誰かが授業中に鼻血を出している。
今まで出したことないのに鼻血が出た(大人も子どもも)。
最近とにかく鼻血がよく出る(いつも出す傾向にある子)。

朝礼で一気に30人もの子ども達が倒れた。
その後朝礼で、
いつもより相変わらず倒れる子が多いとのこと。

座っているのにいきなり倒れるというような貧血を
繰り返す子もいる。倒れた直後目をさますまで記憶がないとのこと。
(医者は異常なしというが、数日後また同じ症状で倒れた)。

「地震」については今だみなさん注意を払うものの、
「放射能」の言葉を出すと、黙ってしまい
なかったことにするように話題がそれてしまいます。

雨の中、ずぶぬれのままサッカーをされていたり、
雨上がりでの校庭での運動会練習など、
話を聞く度、不安で不安で仕方がありません。
この時期に運動会という都内の小学校は多いようです。

あまり、お役にたてないかも知れない気づきなのですが、
どうしても気になりましたのでコメントさせていただきました。
鼻血 (milgyu)
2011-05-29 21:49:45
初コメントです。新宿区在住です。
小学生(8歳)の娘が、先日、生まれてはじめて鼻血を出しました。
ほかにもクラス内で5人ほど鼻血を出した子がいるようです。
高熱が続き、インフルエンザなどの検査も陰性で、原因不明といわれた子もいます。

最近多く飛んできていた黄砂にも放射性物質が含まれていると聞いたことがありますので、
Wパンチなのかも知れません。

できる限りマスクなどをしたり、食材に気をつけるようにしたいと思います。
Unknown (メロンパン)
2011-05-29 21:54:04
はじめまして。いつも拝見させていただいています。
今日の内容があまりにショックでしたのではじめてコメントします。
12才の娘と7才の息子がいます。足立区在住です。福島の原発の最初の爆発時から数日は子供の通学や習い事(雨の日は休んだり)と気をつけてすごしましたが、やはり時間がたつにつれなかなか気をつけてやれていません…
娘はもともと鼻血を出しやすい子なんですが、暑い時期でもないのにまた最近出だしたので、おかしいなと思っていた矢先でした…
先週の金曜日も下校時、夕飯時と1日に二回も。
また息子は障害児でもともと障害の影響で便秘ぎみなのですが、この間たびたび下痢になっていて原因がわからなかったのです。
胃腸炎だとうんちの色が薄くなるので分かるのですが、この間は突然普通のうんちが下痢になるのです。
今日も胃腸炎ではないうんちで下痢。あと全く風邪の症状のない喉の違和感(本人はイガイガするらしく度々「のど、かぜ」と言っていました。)
咳もたびたび出ています。これは扁桃腺の弱い私も同様の症状があります。
つい朝までなんともなかったのが突然いがらっぽくなり痛みがでる感じです。
息子が障害児ということもあり体調の変化や病状の見立てには私もある程度詳しいのですが、この間の子供たちの「なんだかどっちつかずの病状」が今回の記事の内容に当てはっている気がします。
正直、一体真実はどうなのかはっきり知りたいです。
雑草の処理 (たら)
2011-05-29 21:55:18
梅雨入り前にと思い、庭の雑草を取りました。いつもなら庭の片隅に置いておくか、量の多いときには燃せるゴミに出すのですが、どう処理したらいいのか分からないまま、ゴミ袋に入れて敷地内に置いてあります。場所は神奈川県の大磯で、汚染の深刻な場所という認識はありませんが、かといって確実に汚染はされているものと思われます。どなたかアドヴァイスをお願いします。
のどの痛み  (ゆずは)
2011-05-29 21:58:48
はじめまして。毎日読ませて頂いて 大変勉強になります。いつもありがとうございます。
私は栃木在住の主婦で1歳と3歳の息子がおります。
私もなんとなく疲れやすくなり のどはいつもひりひりしています。そしてきわめつけはお風呂上がり目がかゆい&のどが痛い!
先日エアコンをつけたら最高に痛くなり これから来る夏本番に向けてどうしようか悩んでいます。
原発のこと 放射能のこといろいろ勉強していますが 最近話題になってる 放射能物質を除去できるのでは? と期待されているEM菌。我が家でも取り入れています。スプレーして掃除するだけで のどの痛みが和らぎ お風呂のなかでも子供にかけたり。野呂さんもサイトでおすすめしてるEMゴールド高いですが 家族で飲んでいます。
子供の被曝より農家への補償をきにするあまり風評被害をなくそう という動きに戸惑い 憤りを感じます。農家さんももちろん被害者ですが子供は一番の被害者。大人のわがままで作った原発なのに。
スーパーでみかけたがんばろう東北牛乳。ぞっとします(農家さんごめんなさい)牛乳と卵はかなり濃縮されます。みなさん気をつけてください!政府のみなさん 責任のなすりつけをしてる場合ではないのです。国民の税金でお給料をもらってるんだからしっかり仕事しなさい!
Unknown (原発即時全廃を望む者)
2011-05-29 22:14:59
体の中から放射性物質を取り除くことが重要だと思います、ペクチンやメタロチオネインなどの物質は有効だと聞きます。酵素や酵母や乳酸菌などを多く摂り体を丈夫にしたり、休ませえることも重要です。抗酸化物質摂取も重要です。
喉の痛み (千葉県東部)
2011-05-29 22:29:50
以前にも喉の痛みの状況について、日記からの抜粋を書き込みさせていただきましたが、喉の痛みは止まりません。しかし、昨日、今日と雨のせいか、喉の痛みはありません。とても過ごしやすい感じです。このまま雨が続けばいいのにという感じです。大気中を舞っている放射性物質の影響だと明確に思います。

隣の家の犬がこのところずっと変な咳をしています。グフ、グフというような咳をしていてとても苦しそうでかわいそうです。前はとても元気な犬だったのですが。犬はずっと外にいて、しかも地上30cmくらいで呼吸をしているのでかなりシビアなものがあるのではと思います。
Unknown (埼玉在住のS)
2011-05-29 22:29:54
ゾッとするような、警告ですね。
私の周りでは、10代・20代前半の花粉症の2人が急に高熱が出たと言う事が3月後半ごろにありました。2人同時、住所も離れたところではありません。医者に行っても原因は分からなく「風邪」と言う事だったようですが・・因果関係はあるのでしょうか?
息子20歳も、最近良く鼻血を出します。
もともと、よく出すのですが心配です。
私自身も喉のイガイガが4月後半に長く続きました。何かあると放射能の影響と考えてしまう事この頃ですが、目に見えない恐怖がこれからも続くのかと思うと不安です。
知り合いに、妊娠した方がいますが「おめでとう」の言葉は言えないままです。
市川定夫先生のお話 (ひなぎく)
2011-05-29 22:39:33
ムラサキツユクサで、遺伝子の放射能被害を研究なさっている市川先生のビデオがありました。

市川先生のビデオでも、放射能の被害は、ガンや白血病だけではなく、体がだるいと言うブラブラ病や、極初期のいろいろな軽い症状のこと、例えば鼻血、皮膚のかゆみ、下痢などのお話も盛り込まれています。参考になるかと思いますので載せてみます。ビデオは1〜4までありますけれど、私は特に4をお勧めします。

ビデオ4からのURLを載せますので、そこからたどって他の番号のビデオもご覧下さい。

「放射能はいらない」 市川定夫氏
http://www.youtube.com/watch?v=KxeS4i02sv4&NR=1
続きを読む

目をそむけない勇気を

世界は変わってしまった。

美しく見える野山も放射能に汚染され、遺伝子は傷つき壊されていく。

すべては2011年3月11日以降のことだ。

何も恐れることなく暮らせた安全な日々は取り戻せない。

子どもたちに譲り渡す世界は、すでに汚染されて淀んでいる。

目に見えず、感じることもできない放射能によって。

美しい新緑も咲きほこる花も、以前とは違って見えるようになった。

しかし私たちには変える力がある。

今すぐには無理でも、子孫の世代には元通りの美しい世界を届ける力があるだろう。

この世界を汚染したのは直接には放射能だが、

その根源には力の象徴のように美化した「カネ儲け」があった。

ルールのないカネ儲けが悪化を加速させた。

人を殺して得るカネは悪そのものだ。

しかし人々は意味もなくカネを儲けた人を尊敬したりする。

その価値観が人を欲望に走らせた。

今にして思えば、私たちには美しく輝く野山と、

安心してかぶりつける食べ物があれば十分だったのに。

もう一度世界を回復させるには、ぼくらが何を崇めるのか意識して見直さなければならない。

カネばかり崇めて、悪事やずるさに寛容すぎてはいなかったか?

社会変革に臆病すぎたのではないか? 

子どもたちの未来を傷つけるものはすべて拒否できる人になろう。

でもただ拒否するだけでは足りない。

世界の問題の原因を凝視できる勇気を持とう。



     〜「東京平和映画祭」に寄せて〜
     http://www.peacefilm.net/home.html


----------------------------------------------------------------------------

田 中 優 の “持 続 す る 志”

優さんメルマガ 第97号 2011.5.29 より転載

http://tanakayu.blogspot.com/



2011年05月27日

【本気の追いこみ拡散希望!!!】〜6.11 脱原発デモ100万人アクション全国・海外まとめ〜

newtitle2


6.11まであと僅か!全国各地で行われる予定のデモ情報まとめてあります。

リンク、転載自由!最後の最後まで本気の追いこみ拡散よろしくお願いします!!


地図から探す場合はコチラ※海外の情報も見れます】

----------------------------------------------------------------------------


↓「デモってどう参加すればいいの?」という方はこちらの手引きをどうぞ。

「はじめてのデモ」手引書-PDFファイル


↓プラカードを作る際はこちらをご参考に、プリントアウト自由です。

「脱原発ポスター展」

「脱原発メッセージ集」

------------------------------------------------
あなたがおこなう行動が、ほとんど無意味だとしても、
それでもあなたはそれをやらなければなりません。

それは世界を変えるためにではなく、
あなたが世界によって変えられないようにするためです。

             インド独立の父 ガンジーの言葉
------------------------------------------------

沈黙は賛成を意味します。 

動けば変わる!!

みんなで原発さんにお別れを告げにいきましょう!!!


ただし、反発はまた次の反発を生むだけなので、、、、

これまでの感謝を忘れずに平和的にいきましょうね・・ ♪



【北海道 】  NO NUKES ASAHIKAWA なのはな ウォーク         
 http://nonukes.jp/admin/queryaction.php?mode=3

【北海道 】  歩こう脱原発!子供たちを放射能から守ろう!in 江別 
 http://nonukes.jp/admin/queryaction.php?mode=3

【北海道 】  6.11世界同時脱原発100万人アクションさっぽろピクニックデモ
 http://blog.goo.ne.jp/nonukes/e/266d4bc855e8214549eb2f6f0d52a8ee

【北海道】  北海道 バイバイ大間原発はこだてウォーク◆
http://p.tl/pNRm

【青森】     6.11 反原発! PEACE DEMO in あおもり    
http://stophamaokanuclearpp.com/blog/?p=2214

【福島】     原発いらね 郡山パレード    
http://besobernow-yuima.blogspot.com/2011/05/blog-post_21.html

【福島】  6.11脱原発100万人アクション『なたね泥団子プロジェクト』
http://www.econakoto.net/earthdayamami/daily/20110527

【宮城】  宮城:6.11 SENDAI大規模脱原発デモ in 仙台!!    
http://611sendai.tumblr.com/

【新潟】     NEW 脱原発100万人アクションinにいがた    
http://611niigata.wordpress.com

【新潟】  佐渡と世界の未来のために! 生き方かえようキャンドルナイト 
http://sadogasima611.blog89.fc2.com/?plugin&index

【長野】     震災三ヶ月めの祈りと原発なくてもええじゃないかアンプラグドサウンドデモ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5639676

【長野】     「第二回反原発in長野デモ」    
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5616665

【富山】    シフトエナジー脱!原発サウンドデモ in とやま   
http://peacewalk.seesaa.net/article/206655408.html?1307061547

【石川】  311以降をどう生きるか?!「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会
http://johukuji.nanaoarchive.com/top/?p=1156

【群馬】     原発なくてもエエジャナイカ大行進in前橋    
http://eejan.sblo.jp/

【茨城】  脱原発100万人アクション inつくば  
http://nonukes-tsukuba.seesaa.net/

【千葉】     原発なくせ 6・11アクション 集会とデモinちば    
http://blog.goo.ne.jp/chiba20110507

【千葉】  6.12被災者支援エネルギーダイエット・アクションin松戸(街宣)
http://www.labornetjp.org/EventItem/1306912627588staff01

【埼玉】  うんざり。原発いらない in 越谷・草加    
http://nonukes-ks.tumblr.com/


【埼玉】  全原発の即時廃止を! 6.11 反原発デモin埼玉
http://peace-act-kazo.seesaa.net/article/205358755.html

【東京】     くり返すな!原発震災 つくろう!脱原発社会    
http://www.labornetjp.org/news/2011/1305684600267staff01

【東京】  6月11日反原発シンボジューム&デモ
http://blog.goo.ne.jp/shirakabatakesen/e/ca2ca5cafcdedcce09dc1bf25897c59e

【東京】  6.11原発やめろデモ!!!!! in 新宿
http://611shinjuku.tumblr.com/

【東京】  第3回エネルギーシフトパレード in 代々木
http://ameblo.jp/enepare

【東京】  原発にさよなら ゆっくりウォーク in こだいら
http://blog.livedoor.jp/happykodaira/archives/4922731.html

【東京】  脱原発100万人アクション「えどがわ未来ウォーク」 in 葛西
http://www.labornetjp.org/EventItem/1307101410520staff01

【東京】  6.11脱原発練馬アクション 核・げんぱつのない未来を子ども達に@練馬
http://khashimoto.seikatsusha.net/index.php?case=6&action=1&cate=all&id=1307064153

【東京】  原発どうする! たまウォーク in 国立
http://d.hatena.ne.jp/tamawalk2011/20110527

【東京】  6.12さよなら原発小金井パレード
http://koganeiparade.jugem.jp/

【東京】  6.11脱原発100万人アクション in 町田
http://machidasimin.blogspot.com/

【神奈川】     611脱原発パレード横浜    
http://611kanagawa.org/

【神奈川】  6.11神奈川アクションin横浜大通公園
http://kngw8266.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

【神奈川】  6.11 100万人アクションin横須賀
http://kngw8266.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

【神奈川】  脱原発グリーンパレードinはだの!
http://www.labornetjp.org/EventItem/1307100859098staff01

【静岡】  やめまい!原発・浜松ウォーク
http://www16.ocn.ne.jp/~pacohama/no11/1105yamemai.html

【静岡】  ありがとう浜岡原発 Pray for 浜岡
http://plumfield9905.jp/07/073/img/20110611ol.pdf

【静岡】  菜の花パレード浜岡
http://parade-hamaoka.com/

【山梨】     6.11 脱原発100万人アクションin 富士川町 http://plaza.rakuten.co.jp/nijinotenshi/diary/201105130001/

【山梨】  さよなら原発・大行進 @甲府
http://www.pj47.net/art/17.html

【山梨】  はじめのいっぽパレード@北杜市
http://www.pj47.net/art/17.html

【岐阜】     611脱原発パレード    
http://ameblo.jp/611gifu/

【愛知】     原発サヨナRiot GRRRLデモパレード @名古屋
http://d.hatena.ne.jp/riotgrrrl/20110428/1303962379

【愛知】     6.11放射能の電気はイヤン! 原発サヨナラ大行進    
http://mediajam.info/topic/1667936

【福井】     611脱原発パレード    
http://blogs.yahoo.co.jp/kumanote8621/9506660.html

【三重】     原発卒業えじゃないかパレード・伊勢   
http://nonuclear-mie.blogspot.com/

【三重】  6.11脱原発アクションさようなら原発・こんにちは未来・三重集会
http://blog.livedoor.jp/ed_aichi_net/archives/51262802.html

【京都】  LIFE FOR LOVE  611京都ピースウォーク
http://kankyoshiminradio.seesaa.net/article/205598481.html

【京都】  6.11原発ゼロアクション in KYOTO
http://kyoto-energy-shift.tumblr.com/

【滋賀】  さよなら原発!高島パレード 6.11
http://nonuke-takashima.blogspot.com/

【大阪】     6月11日脱原発世界同日アクション 原発いらん!関西行動 第2弾    
http://www.kyudan.com/osaka/index.htm


【兵庫】     THINK FUKUSHIMA いのちを考える神戸パレード    
http://kobenetwork.blog69.fc2.com/blog-entry-25.html

【岡山】     エネパレ6.11岡山(脱原発デモパレード)    
http://enepare.blog.fc2.com/

【島根】  6・11脱原発100万人アクションin松江
http://www.labornetjp.org/EventItem/1307101968065staff01

【広島】     原発のうてもえーじゃないBINGO!@ 福山
http://ww52.tiki.ne.jp/~soseisha/gempatsu/

【山口】  ばいばい原発 虹のピクニック @山口
http://d.hatena.ne.jp/aresan/20110601

【山口】  6.10原発なしで暮らしたい! 上関ピースウォーク
http://ameblo.jp/nijinokayaker/entry-10910836458.html

【愛媛】     Goodbye NUKES in四国
http://liveearthmatsuyama.blogspot.com/2011/05/611sounddemogoodbye-nukes-in.html

【高知】  脱原発100万人アクションin高知
http://blog.green-citizens.net/?eid=28

【香川】  脱原発100万人アクションin香川(地元議員賛同)
http://www.labornetjp.org/EventItem/1307101620110staff01

【福岡】     脱!原発 サウンドデモ イン 福岡    
http://genkaibai.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

【熊本】  さよなら原発6.11脱原発100万人アクションin熊本
http://www.byebyegenpatsu.com/


【宮崎】  脱原発サウンドデモin福岡に向け宮崎から出発バスツアー
http://www.tenku-zeal.com/2011/05/-in-2.html

【鹿児島】  げんぱついらないパレード in かごしま
http://no-nukes.net/


【沖縄】  原発いらない 西表島アクション
日時:6月11日13:0〜14:0@八重山郡竹富町上原集合は上原港 デンサターミナル 正面玄関内

【フランス13都市・イタリア・ベルギー】  Operation carton rouge pour le nucleaire
http://groupes.sortirdunucleaire.org/spip.php?page=japon-affichage-actions

【フランス】  Journee d'action nationale pour sortir du nucleaire
http://p.tl/zQNW

【オーストラリア】  Action June 11: No Nuclear Power (Melbourne, Australia)
http://jfp.org.au/en/2011/06/05/action-june-11-no-nuclear-power/

【台湾】  莫讓家園變福島6.11全台反核行動
http://www.tepu.org.tw/?p=4032

【ドイツ】  震災後の日本の状況&日本文化についてのチャリティー展示イベント
http://oekofreiwillig.blog55.fc2.com/


 〜 『6.11脱原発100万人アクション』 完全ライブ中継プロジェクト 〜
http://chukeisimin.info/611/




2011年05月25日

【拡散希望】放射線被爆から子供を守る為のリーフレット

子供たちを被ばくから守るためのガイドラインを非常に分かりやすくまとめてあるリーフレットです。

下のURLからPDFファイルをダウンロードできるので、是非プリントアウトしてインターネットを使えないお母さんたちと共有して拡散してください。

http://www.saypeace.org/image/hibakuyobou.pdf


被爆についての予防と対策が、これ以上ないぐらい噛み砕いて作成されてますので、あまり難しいことは分からないという方でも、これなら理解しやすいと思います。

有難いことに個別相談も受け付けてくれてるようなので、心配な方はぜひ相談して頂けたらと思います。

このリーフレットが出来るだけ多くのお母さん達の手元に届くことを願います。


オペレーションコドモタチ <私たちが子供達に何が残せるのか? そして今何ができるのか?>

以前、このブログでも触れた俳優の「山本太郎」さんが被災地の方々に向けて切実なメッセージを送ってます。



家庭ごとに様々な事情があり、危険と言われようがそう簡単に疎開することが出来ない方の気持ちは痛いほど分かります。でも、本当に日本の復興を願うのであれば子供という未来の命を繋ぐことがまずは最優先だという彼の考えには同感です。

僕自身出来ることなら、もうこれ以上悲観的な気持ちにはなりたくないんですが、それでも「現実から目をそむけたままで普段通りの生活を送ることはもはや罪」という彼の言葉が嫌でも胸にしみます、、、

さらに悲しいことに、彼はこの後これら一連の反原発活動が原因で7月から出演が決まっていたドラマを降板されてしまったようです。彼が一体どんな悪さをしたというのか?

ツイッターを見てると分かりますが、山本太郎さんは今真剣に日本の未来を憂う人間の一人です。そんな貴重な人をこの国のマスコミは排除しようとしてます。

芸能人の中から反原発を訴える人が極端に少ないことからも、もはやこの国の芸能界には『道徳心』と『言論の自由』というものは無きに等しいように思えます。

そんなマスコミ、芸能界が言うことに対し、私達はいったい何を信じろというのでしょうか・・。




他にもクリエイターやアーティストの人達からのメッセージが集まってます↓


o019201441304837574665

2011年05月24日

「20ミリシーベルト基準」撤回を<福島の父母らが文科省に要請行動>



政府が、子どもの放射能の安全基準を年間20ミリシーベルトに設定していることに関し、5月23日、福島の父母ら70名と支援する市民計650名が文科省を訪れ、「20ミリシーベルト基準」の撤回求め、文科省に対し要請行動を行った。
 
文科省を訪れたのは、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」メンバーら。朝、福島を出発し、2台のバスに分譲して、昼前に文科省に到着した。中には、この要請行動について当日の朝、情報を知り、福島県から新幹線に乗り、文科省に駆けつけたか子連れの母親もいた。
文科省前に集まった人々は、事前に連絡をし、高木義明文大臣や政務三役らに面会を求めていたものの、大臣らは姿をあらわさず、文科省科学技術・学術政策局の渡辺格次長が対応した。
 
「学校に通う子どもたちは毎日被曝させられていて、モニタリングをしている場合ではない」要請文を読みあげた母親は、途中、声を詰らせながら、年間20ミリシーベルトの基準の撤回を求めた。
 
これに対し、文科省科学技術・学術政策局の渡辺格次長は、「20ミリシーベルトは文科省の基準ではない」と発言。父母からは「それならば、撤回できるだろう」との声があがったが、「夏休みまでは暫定基準を続ける」と態度を変えることはなかった。
やり取りの中で、渡辺氏は「健康上は100ミリシーベルトを超えると問題が出ると言われている。100ミリシーベルトよりも小さな被曝では、ガンなどの増加は認められていない」と明言し、一時騒然とする場面も。
 
渡辺氏は「1ミリシーベルトをめざし、可能な限り下げていく方針がある」とまでは踏み込んだものの、それを文科省の通知として出すかは明言をさけ、政務三役に要請内容を伝えるとの発言にとどまった。
 
小雨が降る中、3時間近く交渉は続いたものの、渡辺格次長の口からついに「撤回」の言葉は出なかったことに対し、納得できない市民も続出。「20ミリシーベルト基準」の撤回を求め、「子どもたちを死なせるな」「福島の子どもはモルモットじゃない」とプラカードを掲げ、文科省の入り口で抗議行動を行った。
 
高校3年生、中学2年生、小学4年生と3人の子どもがいるという福島市の女性は「少しでも被曝させないとしようと思っているのに、どうして国から被曝を人為的にさせられるのか分からない。子どもたちに、5年後、10年後に『どうしてあの時止めてくれなかったの?』と泣かれた時に、私はなんて言えばいいのか」と切実な思いを訴えた。
 
また、5歳と、小学生1人、中学生2人の4人の子どもがいる福島市の女性は、現状、自主的に避難するしか方法がないことに対し、「思春期の子どもは、友達と別れることになったりしてかわいそうだし、疎開について話しても、娘は納得しない。放射能の話をすることすら、聞く耳を持ってくれない」として、学校単位での「集団疎開」を求めた。
  
この日、文科省前の行動と院内集会にかけつけた俳優の山本太郎さんは、「わざわざ福島から出向いてこられる方のバックアップ。声をあげたりしか出来ないけど、少しでも現地の人々の声が聞きたかった。ただ、今日、文科省の上の人たちが来なかったのは、責任ある大人のやることではない。本当に20ミリシーベルトの基準が正しいと思っているなら、上の人が出てきて説明するべき」と話した。また、「20ミリシーベルトの基準の撤回行動を起こしつつも、自主的に子どもたちの疎開を進めるというが大事なのではと感じた」と話した。


2011年05月20日

放射能汚染食物と食の安全性について

前回に引き続き、食べ物からの放射能汚染についての情報です。

----------------------------------------------------------------------------

情報元「NEVERまとめ放射能汚染食物と外食産業について」


※このまとめに記載されている内容は必ずしもその正確性を保証するものではありません。
確実な情報を知りたい場合は、必ず製造元に問い合わせるなどして御確認をお願いします。


ハンバーグレストラン 【びっくりドンキー】
野菜は「西日本」のものを使用、
食肉は「外国」産、豚は「カナダ」産、鶏は「ブラジル」産
http://bit.ly/jkccdf



回転寿司チェーン 【かっぱ寿司】
ほとんどが国外と九州の魚介類で、全ての商品の産地が明確に表示されています。
http://bit.ly/aMFnpe



回転寿司チェーン 【くら寿司】
およそ半分程度が国産表示、それ以外は海外産です。
http://bit.ly/9QeqfY



牛丼チェーン 【すき家】
農産物は「東北・北関東」から 被災地支援へ安定調達
http://bit.ly/jUMwtO



牛丼チェーン 【吉野家】
タマネギ―殆どを中国産
長ネギ―近郊のもの、「埼玉」・兵庫・愛知など
米―北海道・東北
季節により産地は変更
http://bit.ly/jMOk5Y



讃岐うどん・ぶっかけうどん 【はなまるうどん】
国産表示が多い

うどん―オーストラリア・「国産」 青ねぎ―中国・「国産」
米―「国産」 天ぷら粉―米国・「国産」・オーストラリア 牛肉―オーストラリア・中国
たまご―「国産」 鶏肉―中国・「国産」・ブラジル
http://bit.ly/kAxuMg



サンドイッチ店 【サブウェイ】
政府が定めた放射線量基準値に準じ、簡易検査を毎日実施

レタス―「茨城」「群馬」「長野」北海道、長崎
トマト―「栃木」「千葉」「群馬」「埼玉」福岡、熊本
ピーマン―鹿児島、宮崎、沖縄、高知
玉葱―北海道、佐賀
http://bit.ly/mUmjlQ



イタリア料理店・ピザ宅配店チェーン 【サルバトーレ】
トマトソース―イタリア モッツァレラ―イタリアから輸入
バジル―沖縄・「茨城」 生地―「国産」大手メーカーのもの 水―「東京都」の水道水
魚介類―輸入 サラダに使用のロメインレタス、トマトなど―「国産」
http://bit.ly/kMVky8



宅配ピザ 【ピザーラ】

ポーク―デンマーク ポテト―アメリカ 魚介類―中国
オニオン―北海道 チーズ―北海道 ソーセージ―「不明」
トマト 「千葉」「栃木」「群馬」「長野」鹿児島・福岡・愛知・宮崎・熊本等
http://bit.ly/jyuWVC



ハンバーガーチェーン 【マクドナルド】

肉―「千葉」工場 パン―「埼玉」工場 チーズ―「神奈川」工場
それぞれの会社が全国一括分で請け負って納入
野菜―「不明」
http://bit.ly/j1XU1N



ハンバーガーチェーン 【モスバーガー】
全国約3000の契約農家の野菜を使用しているが「国内農家をなるべく支援したい」として、
「福島県内」の農家も含め契約の見直しはせず、出荷制限対象の野菜以外は継続使用する方針
http://bit.ly/kcTiTC



フライドチキンチェーン 【ケンタッキー】
ほとんどが国産表示、そしてアメリカとカナダ産
ケンタッキーの産地http://bit.ly/lKvpHo PDF http://bit.ly/jdxd1d



居酒屋中心の外食チェーン 【ワタミ】

キャベツ―愛知「千葉」「茨城」 トマト―「埼玉」「千葉」
ねぎ―「埼玉」「千葉」 レタス―「群馬」「千葉」「茨城」
大根―「千葉」「群馬」 卵―「茨城」「千葉」
焼き鳥―岩手「新潟」青森 手羽先のから揚げ・軟骨揚げ―ブラジル
http://bit.ly/lMrJDz



----------------------------------------------------------------------------

情報元 「NEVERまとめ放射能汚染食物と飲食系企業について」


ミネラルウォーター 【volvic】 水源地フランスhttp://bit.ly/aW8o0u


【日本コカ・コーラ社】
日本の基準ではなく、WHOの基準に準拠http://bit.ly/lYPSxb
日本コカ・コーラ社、韓国から水100万ケースを緊急輸入、デザインは「い・ろ・は・す」と同様
http://bit.ly/kjCSFF
http://bit.ly/fVl1FB

日本コカ・コーラ社 ミネラルウォーター 【森の水だより】
「森の水だより日本アルプス」 採水地山梨県
「森の水だより 大山山麓」 採水地中国産地の秀峰大山
「森の水だより 富山の天然水」 採水地富山県
「森の水だより 石槌山系」 採水地四国石槌山系
http://bit.ly/9d7oW


【大塚製薬】

「カロリーメイト」 「ネイチャーメイド」 「ザ・カルシウム」 徳島第二工場
「カロリーメイトブロック」 「SOYJOY」 徳島ワジキ工場
「SOYJOY」 徳島板野工場
「ポカリスエット」 「アミノバリュー」 「カロリーメイト」(ブロック・ゼリー) 佐賀工場

「ポカリスエット」 「ファイブミニ」 「群馬県」高崎工場
「ポカリスエット」 「アミノバリュー」 「静岡県」袋井工場
http://bit.ly/fkKgyy


【ハインツ】
「ケチャップ」 生産国オランダhttp://bit.ly/l4o7fP


【ファミリーマート】

「幕の内弁当」
米―産地岡山 加工地岡山 インゲン肉巻き―産地中国 加工地中国

葉大根―産地中国 加工地中国 蒟蒻―産地「国産」 加工地「埼玉」

梅干―産地中国 加工地和歌山 玉子焼き―産地「日本及びその他」 加工地「静岡」

鶏唐揚げ(鶏肉)―産地ブラジル 加工地ブラジル 紅鮭―産地アメリカ 加工地「静岡」

焼きいか(いか)―産地 北海道 加工地北海道 海老天(海老) 産地インドネシア 加工地インドネシア

「そぼろ&豚唐揚弁当」
米―産地「国産」(詳細不明) 加工地「国内」(詳細不明)

たまごそぼろ(玉子)―産地「国産」(詳細は不明) 加工地兵庫県

鶏そぼろ(鶏肉)―産地兵庫県 加工地兵庫県

豚唐揚げ(豚肉)―産地アメリカ 加工地「千葉県」

「ファミリーマートのフライドチキン」
孵化から飼育からチキンへの加工まで全てタイ、国内では揚げるだけ
http://bit.ly/igrhog


【雪印】メグミルク富里工場の「農協牛乳」は「福島」の原乳を他県の原乳と混ぜて薄めて出荷
http://bit.ly/kL65Pj


【山崎パン】
「仙台」工場の操業再開
http://bit.ly/dZxY8v
山崎パンは未だに発癌性物質である「臭素酸カリウム」を製パン工程に使用しています。
http://bit.ly/bM44su


【イオン】
2009年8月12日イオン、外国産キハダマグロに宮崎産表示
http://bit.ly/lYbbbp http://bit.ly/ldvMQG
2010年11月30日イオン、韓国産サザエに国産表示
http://bit.ly/hAc3x0 http://bit.ly/dRcjv2
2011年4月13日イオンが出荷自粛期間中に「千葉県」産サンチュを販売
http://bit.ly/grkAy7


【アサヒビール】
「福島」工場6月に再開、既に復旧した「茨城」工場など他工場はフル生産、
「福島」工場は「原発から60km」の距離5月9日
http://bit.ly/k2wQIG



----------------------------------------------------------------------------


放射能汚染の話からは少しそれますが、最近、「えびす家」の件などもあって改めて外食産業の安全性が問われてきてますけど、これは一概に店側の責任だけの問題ではないと思ってます。

消費者側が安易に安いものにお金を出し続けてる限り、こういう事故は今後も一向になくならないんじゃないでしょうか。

市場というものは需要と供給というバランスで成り立ってるわけで、消費者が安さを優先し続けてる以上、売る側としてもそこを優先せざるをえないのは仕方のないことだからです。

そのおかげで、一般的なスーパーを見てみても、年々コストを省く為に開発された、農薬、合成添加物、化学保存料まみれの “ただちに影響は出ない” から安全だろうといわれているものばかりが並んでいます。

年々エスカレートする消費者の要求に応えるべく、これらは長い年月摂り続けるとどうなるかの検証も出来てないまま市場に送り出されてしまってるのが現状のようです。

今の市場はそれでも成り立ってしまってる、というよりそうでもしないと儲からないといっても過言ではないと思います。

本来、身体や環境にとって本当に安全で負担の少ないものというのは日持ちもしませんし、手間もかかるので大量生産には向いてないのが自然の姿です。

その当たり前のことを忘れて、安さ・利便性・見た目の良し悪しばかりを求めてしまってる消費者の意識にこそ本質的な問題があると思ってます。

もちろん企業側の宣伝の仕方にも問題はあるのですが、そうは言っても企業は顧客がいなければ存続すら出来ないのであくまでその舵を握っているのは消費者だと思います。

今後、本気で食の安全性や環境破壊の問題を解決することを願うのならば、「私達一人一人がどこにお金を注ぐのか?」ということが、ことのほか問われてくるのではないでしょうか。



2011年05月19日

放射能を取り込みにくい食べ物・取り込みやすい食べ物

近頃はスーパーに買い物に行っても一体何を買ったらいいのか悩ましいですね、、、

今まではなるべく国産を選んで買っていたのが、今では魚介類だったら近海ものより輸入物のほうが安全なんじゃないか?とか、近海物でも九州あたりで獲れたものだったら大丈夫じゃないか?とか、、、

野菜にしても、関東圏でとれた葉物は怖いけど根菜類は大丈夫って言うし、とか、、、

気持ちとしては出来れば福島や茨城県産の野菜を買って、少しでも農家さんを助けたい思いもあるのですが、いかんせん相手が放射能なだけにそれもなかなか出来ないでいる今日この頃です・・・。

そこで、放射能を取り込みにくい食べ物と取り込みやすい食べ物のレベルが一目でわかるような図を見つけました。

20110507_840677

viewer
但し、ポドソル性砂質土壌(汚染土壌)で育てた場合は、キャベツがセシウムを取り込みやすいというデータがあります


こちらのサイトに詳しく出てます⇒ 放射能の取り込み割合と食品


調理法によっても放射能の残量は大きくが変わってくるそうなので、
あわせてこちらも参考にしてください⇒子供を放射能から守るには・調理法編


あわせて、水産庁が発表してた「放射性物質は食物連鎖を通じて魚体内で濃縮・蓄積しない、だから魚は安全」という情報はまったくデタラメな話というも東京海洋大学名誉教授のほか数人の研究者により発表されてます。⇒http://gendai.ismedia.jp/articles/-/5692


----------------------------------------------------------------------------


とにかく、ここまで来てしまった以上、泣いてもわめいてもしばらくの間は放射能さんとお付き合いしていくしかないみたいですね・・。

ただ、付き合うといっても決して諦めの姿勢ではなくて、放射能というものの性質を多角的に捉えたうえで、冷静に注意深く付き合っていくことが求められてくると思います。

やり方によっては同じ場所に住んでいても最小限に影響を抑えることは出来るようですし、放射能の影響が何世代にも渡ってしまう以上、そこは今を生きる者として適当にしちゃいけないですよね・・。

いま、子供の離乳食用にと庭では自然栽培の野菜が育ち始めてるんですけど、実際それを与えるかどうかはまだ分かりません、、、

せっかく子供の為を思って自然栽培で野菜を育ててるのに、この様子だと逆に傷つけてしまいかねないのがとっても悲しいです・・。

それにしても、ガイガーカウンターってもっと安くならないですかね〜。。。



2011年05月13日

「鏡の法則」 人生のどんな問題も解決する知恵

今日はちょっと泣けるお話を紹介。。。゜(´Д`)゜。

このお話は、息子さんがいじめられて悩む主婦A子さんと、不思議なコンサルタントB氏のお話です。

少し長いですがとても良いお話ですので、ぜひ最後まで読んで頂きたいです。

ストーリー自体もドラマティックで素晴らしいのですが、タイトルにあるようにこの出来事の背景に法則性を見出してるところもまた深いと思います。


※実話ですが、登場人物の職業などを多少変えてストーリーを設定しています。

----------------------------------------------------------------------------

A子(主婦、41歳)には悩みがあった。 小学校5年生になる息子が、学校でいじめられるのだ。


いじめられるといっても、暴力まではふるわれないらしい。 友達から仲間はずれにされたり、何かあると悪者扱いされたりすることが多いようだ。


息子は、「いじめられてるわけじゃない」と言い張っているが、息子を見ていると、寂しそうなので、A子は胸が痛むのだ。


息子は野球が好きなのだが、友達から野球に誘ってもらえないので、学校から帰ってきたら一人で公園に行って、壁とキャッチボールをしている。


2年くらい前には、息子が友達といっしょに野球をしていた時期もある。 当時のことなのだが、A子が買い物の帰りに小学校の横を通りかかったとき、グランドで息子が友達と野球をしていた。 息子がエラーをしたらしく、周りからひどく責められていた。


チームメイト達は、容赦なく大きな声で息子を責めた。


「お前、運動神経がにぶ過ぎだぞ!」

「お前のせいで3点も取られたじゃないか!」

「負けたらお前のせいだぞ!」


A子は思った。


「たしかに息子の運動能力は高くない。 しかし、息子には息子のいいところがある。 とても心が優しい子なのに。」 A子は、自分の息子のいいところが認められていないことが、悔しかった。


そして、ひどいことを言うチームメイト達に対して、自分の息子が笑顔で謝っているのを見るのが辛かった。


その後まもなく、息子は野球に誘われなくなった。 「お前はチームの足を引っぱるから誘わん」と言われたらしい。 息子にとって、野球に誘ってもらえないことが、一番つらいようだ。


A子へのやつ当たりが目立って増えたことからも、それがわかる。


しかし息子は、辛さや寂しさを決して話してはくれなかった。 A子にとって一番辛いのは、息子が心を開いてくれないことだった。 「僕は平気だ」と言い張るばかりなのだ。


A子が、「友達との上手な関わり方」を教えようと試みても、「うるさいな!ほっといてよ」と言ってくる。 「転校しようか?」と持ちかけた時は、「そんなことをしたら、一生うらむよ!」と言い返してきた。


息子の状況に対して、自分が何もしてやれないことが情けなく、A子は無力感に陥っていた。 そしてある日、学校から帰宅して公園に行ったばかりの息子が、不機嫌な顔で帰ってきた。


「何があったの?」と聞いても、「何もない」と言って教えてくれない。


真相は一本の電話で明らかになった。 その夜、親しくしているご近所の奥さんから電話がかかってきたのだ。


「A子さん、○○○君(A子の息子の名前)から、何か聞いてる?」

「えっ?いいえ」


「今日、公園でうちの下の子どもをブランコに乗せていたのよ。 ○○○君は、いつもの壁にボールを投げて遊び始めたわ。 するとね、○○○君のクラスメイトらしい子たちが7、8人くらいやって来てね、『ドッジボールするからじゃまだ!』って○○○君に言うのよ。 しかも、その中の1人がボールを○○○君にぶつけたのよ。 ○○○君、すぐに帰っていったわ。私としては、その場で何もできなくて、申し訳なかったと思ってね。」


A子は愕然とした。 (そんなことを私に黙っていたなんて。)


そんなつらい思いをしていながら、自分に何も言ってくれないことが悲しかった。 その日は、あらためて息子から聞き出そうという気力も湧いてこなかった。


翌日、A子はある人に電話をかけることを決意した。 その人とは、夫の先輩に当たるB氏だ。 A子は、B氏とは話したこともないのだが、1週間前に夫からB氏の名刺を渡された。 B氏は、夫が高校時代に通っていた剣道の道場の先輩である。


夫も20年くらい会っていなかったらしいが、夫が最近街を歩いていたら、たまたまばったりと出会ったということだった。 久々の再会に盛り上がって喫茶店に入り、2時間も話したらしい。


B氏は、今は経営コンサルタントを仕事にしているそうだ。 夫の話では、B氏は心理学にも詳しく、企業や個人の問題解決を得意としているとのこと。 そこで夫が息子のことを少し話したら、「力になれると思うよ。」と言って名刺を渡してくれたそうだ。


夫は、その日、「お前の方から直接電話してみろよ。話を通しておいてやったから」と、その名刺を渡してきた。


A子 「どうして私が、そんな知らない人にまで相談しなきゃいけないの。 あなたが直接相談したらいいじゃない。」

夫 「俺が心配なのは、お前のほうだ。 ○○○のことで、ずっと悩み続けてるじゃないか。 だから、そのことをBさんに相談したんだ。」


A子 「私に問題があるっていうの? 私が悩むのは当然よ! 親なんだから。 あなたは一日中トラックに乗ってりゃいいんだから気楽よね。 実際に○○○を育ててるのは私なんだからね。あなたはいっしょに悩んでもくれない。 そのBさんに相談なんてしないわ。 どうせその人も、子育てのことは何も分からないに決まってるわ。」


そう言ってA子は、その名刺をテーブルの上に投げた。


しかし、昨日の出来事(近所の奥さんから聞いた話)があっ て、A子はすっかり落ち込み、わらをもすがるような気持ちになっていた。 「こんな辛い思いをするのはイヤだ。誰でもいいから、助け てほしい。」 そう思ったときに、B氏のことを思い出したのだ。


幸い名刺はすぐに見つかった。 息子が学校に行って1時間くらい経ったころ、意を決してB氏に電話をかけた。 その時A子は、その日に起きる驚くべき出来事を、想像だにしていなかった。


受付の女性が出て、B氏に取り次いでくれた。 A子は自分の名前を告げたものの、電話に出てきたB氏の声が とても明るかったので、「こんな悩み事を相談してもいいのか?」という気持ちになった。 次の言葉がなかなか見つからなかったのだが、B氏のほうから声をかけてきてくれた。


「もしかして○○君の奥さんですか?」

「はい、そうなんです。」

「あー、そうでしたか。はじめまして。」

「あのー、主人から何か聞かれてますか?」

「はい。ご主人から少し聞きました。息子さんのことで悩ま れてるとか。」

「相談に乗っていただいていいのでしょうか?」

「今1時間くらいなら時間がありますので、よかったら、この電話で話を聞かせてください。」


A子は、自分の息子がいじめられたり、仲間はずれにされていることを簡単に話した。 そして、前日にあった出来事も。 ひととおり聞いて、B氏は口を開いた。


「それは辛い思いをされてますね。 親としては、こんな辛いことはないですよね。」


その一言を聞いて、A子の目から涙 があふれてきた。 A子が泣き始めたのに気づいたB氏は、A子が落ち着くのを待って続けた。 「奥さん、もしあなたが、本気でこのことを解決なさりたいなら、それは、おそらく、難しいことじゃありませんよ。」


A子は、「難しいことじゃない」という言葉が信じられなかった。 自分が何年も悩んで解決できないことだったからだ。 だけど、B氏の言葉が本当であってほしいと願う気持ちもあった。


A子 「もし解決できるなら、何だってやります。 私は本気です。 だけど、何をやれば解決するんですか?」

B氏 「では、それを探りましょう。 まず、はっきりしていることは、あなたが、誰か身近な人を責めているということです。」

A子 「えっ?どういうことですか?」

B氏 「話が飛躍しすぎてますよね。 まず理論的なことをじっくり説明してから話せばいいんでしょうが、それをすると何時間もかかるし、私もそこまでは時間がないのです。 なので、結論から話します。 理論的には根拠のある話なんで、後で、参考になる心理学の本など教えます。

結論から言います。

あなたが大事なお子さんを人から責められて悩んでいるということは、あなたが、誰か感謝すべき人に感謝せずに、その人を責めて生きているからなんです。」

A子 「子どもがいじめられるということと、私の個人的なことが、なぜ関係があるんですか? 何か宗教じみた話に聞こえます。」

B氏 「そう思われるのも、無理もないです。 われわれは学校教育で、目に見えるものを対象にした物質科学ばかりを教えられて育ちましたからね。 今、私が話していることは、心理学ではずいぶん前に発見された法則なんです。 昔から宗教で言われてきたことと同じようなものだと思ってもらったらわかりやすいと思います。 私自身は何の宗教にも入っていませんけどね。」

A子 「その心理学の話を教えてください。」

B氏 「現実に起きる出来事は、一つの『結果』です。 『結果』には必ず『原因』があるのです。 つまり、あなたの人生の現実は、あなたの心を映し出した鏡だと思ってもらうといいと思います。 例えば、鏡を見ることで、『あっ、髪型がくずれている!』とか『あれ?今日は私、顔色が悪いな』って気づくことがありますよね。 鏡がないと、自分の姿に気づくことができないですよね。 ですから、人生を鏡だと考えてみて下さい。 人生という鏡のおかげで、私たちは自分の姿に気づき、自分を変えるきっかけを得ることができるのです。 人生は、どこまでも自分を成長させていけるようにできているのです。」

A子 「私の悩みは、私の何が映し出されているのですか?」

B氏 「あなたに起きている結果は、『自分の大切なお子さんが、人から責められて困っている』ということです。 考えられる原因は、あなたが『大切にすべき人を、責めてしまっている』ということです。感謝すべき人、それも身近な人を、あなた自身が責めているのではないですか? 一番身近な人といえば、ご主人に対してはどうですか?」

A子 「主人には感謝しています。 トラックの運転手として働いてくれているおかげで、家族が食べていけてるのですから。」

B氏 「それは何よりです。 では、ご主人を大切にしておられますか? 尊敬しておられますか?」


A子は、「尊敬」という言葉を聞いたときに、ギクッとした。 A子は、日ごろから夫のことを、どこか軽蔑しているところがあったからだ。 A子から見て、楽観的な性格の夫は、「思慮の浅い人」に見えた。


また、「教養のない人」にも見えた。 たしかに、A子は四年制の大学を卒業しているが、夫は高卒である。 また、それだけではなく、夫は言葉ががさつで、本も週刊誌くらいしか読まない。


読書が趣味のA子としては、息子に、「夫のようになってほしくない」という思いがあったのだ。 A子は、そのこともB氏に話した。


B氏 「『人間の価値は教養や知識や思慮深さで決まる』と思っておられますか?」

A子 「いえ、決してそんなふうには思いません。 人それぞれ強みや持ち味があると思います。」

B氏 「では、なぜご主人に対して、『教養がない』ことを理由に軽蔑してしまうんでしょうね。」

A子 「うーーーん。 私の中に矛盾がありますね。」

B氏 「ご主人との関係は、どうなんですか?」

A子 「主人の言動には、よく腹が立ちます。 喧嘩になることもあります。」

B氏 「息子さんの件で、ご主人とはどうですか?」

A子 「息子がいじめられていることは、いつもグチっぽく主人に言っています。 ただ、主人の意見やアドバイスは受け入れられないので、主人にちゃんと相談したことはありません。おそらく、私にとって主人は、一番受け入れられないタイプなんだと思います。」

B氏 「なるほど。 もう一つ根本的な原因がありそうですね。 ご主人を受け入れるよりも前に、そっちを解決する必要があります。」

A子 「根本的な原因ですか?」

B氏 「はい、あなたがご主人を受け入れることができない根本的な原因を探る必要があります。 ちょっと伺いますが、ご自分のお父様に感謝しておられますか?」

A子 「えっ?父ですか? そりゃもちろん感謝してますが・・・」

B氏 「お父様に対して『許せない』という思いを、心のどこかに持っていませんか?」


A子は、この「許せない」という言葉にひっかかった。 たしかに自分は父を許していないかもしれない、そう思った。 親として感謝しているつもりであったが、父のことは好きになれなかった。


結婚して以降も、毎年の盆・正月は、実家に顔を見せに家族で帰っている。 しかし、父とは、ほとんど挨拶ていどの会話しかしていない。 思えば、高校生のころから、父とは他人行儀な付き合いしかしてこなかった。


A子 「父を許してないと思います。 だけど、父を許すことはできないと思います。」

B氏 「そうなんですね。じゃあ、ここまでにしますか? お役に立てなかったとしたら、申し訳ありません。 それとも、何かやってみますか?」

A子 「私の悩みの原因が、本当に父や主人に関係しているんでしょうか?」

B氏 「それは、やってみたらわかると思いますよ。」

A子 「わかりました。 何をやったらよいか教えてください。」

B氏 「では、今から教えることをまずやってみてください。 お父様に対する『許せない』という思いを存分に紙に書きなぐって下さい。 怒りをぶつけるような文書で。『バカヤロー』とか『コノヤロー』とか『大嫌い!』とか、そんな言葉もOKです。 具体的な出来事を思い出したら、その出来事も書いて、『その時、私はこんな気持ちだったんだ』ってことも書いてみてください。恨みつらみをすべて文章にして、容赦なく紙にぶつけてください。 気がすむまでやることです。 充分に気がすんだら、また電話下さい。 携帯の番号も教えておきます。」


A子にとって、そのことが、息子の問題の解決に役立つのかどうかは疑問だった。 しかし、それを疑って何もしないよりも、可能性があるならやってみようと思った。


A子は、「今の悩みを解決できるなら、どんなことでもしよう」と思っていた。 それに、B氏の話には、根拠はわからないが、不思議な説得力を感じた。


A子は電話を切ると、レポート用紙を持ってきて、父に対する思いを、思いつくままに書き始めた。


自分が子どものころは、なにかと口やかましい父だった。 夕食が説教の時間になることも多かった。 また、子ども達(A子と兄弟)が自分の思い通りにならないと、すぐに大声で怒鳴りつける、そんな父だった。


「お父さんは、私の気持ちなんか興味ないんだ!」と、そう思うことも多かった。 お酒を飲んだ時に、仕事のグチを言うところもイヤだった。 また、建設会社で現場監督をしていた父は、砂や土で汚れた仕事着で帰って来て、そのまま食事をすることが多かったが、それもイヤだった。


A子は、父に対しての気持ちを文章にしていった。 気がついたら、父に対して「人でなし!」とか「あんたに親の資格なんかない!」とか、かなり過激な言葉もたくさん書いていた。


ある出来事も思い出した。 自分が高校生のころ、クラスメイトの男の子と日曜日にデートをしたことがあった。 その男の子と歩いているところを、たまたま父に目撃され、後で問いただされて説教されたことがあった。


両親には、「女の子の友達と遊ぶ」と嘘をついていたのだが、父はその嘘を許せないようだった。 その時の、父の言葉は今も覚えている。 「親に嘘をつくくらい後ろめたい付き合い方をしているのか!お前は、ろくな女にはならん!」思い出しているうちに悔し涙が出てきた。


悔しさも文章にした。 「お父さんがそんな性格だから、嘘もつきたくなるんでしょ! 自分に原因があることも分からないの? それに『ろくな女にならない』って、なんてひどい言葉なの。


私がどのくらい傷ついたか知らないんでしょう!あんたこそ、ろくな親じゃない! あれから私は、お父さんに心を開かなくなったのよ。 自業自得よ!」書きながら、涙が止まらなかった。


気がついたら、正午を回っていた。 書き始めて2時間近く経っていた。 十数枚のレポート用紙に、怒りを込めた文章が書きなぐってあった。 容赦なく書いたせいか、それとも、思いっ切り泣いたせいか、気持ちがずいぶん軽くなっていた。


A子は、午後1時を回ったところで、B氏に電話をした。


B氏 「お父様をゆるす覚悟はできましたか?」

A子 「正直なところ、その覚悟まではできていないかもしれません。 だけど、できることは何でもやってみようと思います。 ゆるせるものなら、ゆるして楽になりたいとも思います。」

B氏 「では、やってみましょう。 お父様をゆるすのは、他でもない、あなた自身の自由のためにゆるすんです。 紙を用意してください。 そして、上の方に『父に感謝できること』というタイトルを書いてください。さて、お父様に対して感謝できるとしたら、どんなことがありますか?」

A子 「それは、まず、働いて養ってくれたことですね。 父が働いて稼いでくれたおかげで、家族も食べていけたわけですし、私も育ててもらえたわけです。」

B氏 「それを紙に書き留めて下さい。 他にもありますか?」

A子 「うーーーん。 私が小学生のころ、よく公園に連れていって遊んでくれましたね。」

B氏 「それも書き留めておいて下さい。他には?」

A子 「それくらいでしょうか。」

B氏 「では、別の紙を用意して『父に謝りたいこと』ってタイトルを書いてください。 さて、お父様に謝りたいことは、何かありますか?」

A子 「特に浮かびませんが、あえて言えば、『心の中で反発し続けたこと』でしょうか。 ただ、心から謝りたいという気持ちにはなれませんが。」

B氏 「実感がともなわなくてもOKです。 形から入りますから。 とりあえず、今おっしゃったことを書き留めてください。」

A子 「書き留めました。で、形から入るといいますと、何をやればいいのですか?」

B氏 「いいですか、今から勇気の出しどころです。 もしかしたら、あなたの人生で、一番勇気を使う場面かもしれません。 私が提案することは、あなたにとって、最も抵抗したくなる行動かもしれない。実行するかどうかは自分で判断して下さいね。 今から、お父様に電話をかけて、感謝の言葉とあやまる言葉を伝えるのです。 実感が湧いてこなかったら、用意した言葉を伝えるだけでもOKです。『父に感謝できること』と『父にあやまりたいこと』の2つの紙に書き留めたことを、読んで伝えるだけでOKです。 伝えたら、すぐに電話を切ってもらってかまいません。やってみますか?」

A子 「・・・・・。たしかに、今までの人生で使ったことがないくらい、勇気を使わないとできませんね。 でも、これが私の悩みの解決に役立つなら、それだけの勇気を使う価値はあるんだ思います。 だけど、難しいですねー。」

B氏 「やるかやらないかは、ご自分で決めてくださいね。 私も、一生に一度の勇気を使う価値はあるとおもいますけど。 それから私は、次の予定がありますので、このあたりで失礼します。 もし実行されたらご連絡下さい。 次のステップをお教えします。」


A子にとって救いなのは、「形だけでいい」ということだった。 「謝る」ということについては、気持ちがともなわない。 「悪いのは父親の方だ」という思いがあるから、自分が謝るのは筋違いだと思う。


だけど、書き留めた文章を棒読みするくらいならできそうだ。 それならば、やってみた方がいいに決まっている、と思えた。


A子は「電話をかけよう」という気になってきた。 そして、電話をかけようとしている自分が、不思議だった。  こんなきっかけでもなかったら、A子が父親と電話で話すということは、一生なかったかもしれない。


結婚して間もないころは、実家に電話をして父が電話に出たときは、すぐさま「私だけど、お母さんにかわって」と言っていた。 しかし今は、「私だけど」と言っただけで、父の「おーい、A子から電話だぞ」と母を呼ぶ声がする。 父も「A子から自分に用事があるはずない」ということがわかっているのだ。


しかし、今日は電話で父と話すのだ。 「躊躇していたら、ますます電話をかけにくくなる」と思ったA子は、意を決してすぐに電話をかけた。 電話に出たのは、母だった。


A子 「私だけど」

母 「あら、A子じゃない。 元気にしてる?」

A子 「うん、まあね。 ・・・ねえお母さん、お父さんいる?」

母 「えっ?お父さん? あなたお父さんに用なの?」

A子 「う、うん。 ちょっとね。」

母 「まあ、それは珍しいことね。 ねえ、お父さんに何の用なの?」

A子 「えっ? えーと、ちょっと変な話なんだけど説明するとややこしいから、お父さんにかわってくれる?」

母 「わかった、ちょっと待ってね。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きを読む

sekaihokkori at 10:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!その他 

2011年05月11日

脱原発ポスター展

一般公募で集まった脱原発のポスターだそうです。

嬉しいことに基本、印刷・ダウンロードは自由みたいなので、

これ持ってデモに参加するもよし、人目のつく所に貼るもよし、HPに貼るもよし!!

あなたならどう使います???




tumblr_lkveknG8dp1qi1yrpo1_400


tumblr_lkofnkAMgL1qi1yrpo1_400




tumblr_lkpjeeSA6f1qi1yrpo1_400




tumblr_lktq6xtPpf1qi1yrpo1_400





tumblr_lkpzl4h8Ii1qi1yrpo1_400





tumblr_lksa6egInk1qi1yrpo1_400




tumblr_lkys4y0xK71qi1yrpo1_400



tumblr_lkoawi8WKP1qi1yrpo1_400




他にも素敵なデザインのポスターが沢山投稿されてるので是非見てみてください。
⇒http://nonukeart.org/



2011年05月09日

【拡散希望】福島の子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回および被ばく量の最小化のための措置を求める緊急要請【第2弾】


福島原発事故「20ミリシーベルト」署名第2弾

子ども「20ミリシーベルト」基準の即時撤回および被ばく量の最小化のための措置を求める緊急要請



>署名はこちらから
>要請のPDFバージョンはこちら



私たちは、福島の子ども達を放射能から守るために、日本政府に対し以下を要請します。
  1. 4月19日に文科省が示した学校等の校舎・校庭等の「20ミリシーベルト基準」の即時撤回および現行の1ミリシーベルト基準の維持(注1)
  2. 子どもの被ばく量を最小化するためのあらゆる措置を政府の責任で実施すること。また、自治体や市民団体、個々の市民自らが被ばく量を低減させるために実施する、除染・自主避難・疎開などの自主的な取り組みが円滑に進むよう、最大限の支援を行うこと
  3. 内部被ばくを考慮に入れること
  4. 屋外で3.8マイクロシーベルト/時以下になったとしても、モニタリングを継続すること(注2)


【背景】
4月19日、文部科学省は、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の目安として、年20ミリシーベルトという基準を、福島県教育委員会や関係機関に通知しました。この年20ミリシーベルトは、屋外で3.8マイクロシーベルト/時に相当すると政府は示しています。これは以下の点で、極めて憂慮すべき基準です。

3.8マイクロシーベルト/時は、労働基準法で18歳未満の作業を禁止している「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)の約6倍に相当する線量である
20ミリシーベルト/年はドイツの原発労働者に適用される最大線量に相当する
原発労働などによって白血病を発症した場合の労災認定基準は、5ミリシーベルト×従事年数である (注3)。実際に白血病の労災認定を受けているケースで、20ミリシーベルト/年を下回るケースもある。
本基準は、子どもの感受性の強さや内部被ばくを考慮に入れていない
本基準により、子どもの被ばく量を低減するための取り組みをやめてしまった学校も多い
3.8マイクロシーベルトを下回った小中学校・幼稚園・保育園・公園におけるモニタリングが行われなくなった

【高まる撤回を求める声】
20ミリシーベルト撤回を求める要請第1弾では、61か国から1,074団体および53,193人の電子署名が集まり、5月2日に日本政府に提出されました。日本国内外の怒りの声が結集した結果を生みました。また、海外の専門家からも多くの憂慮の声があげられています。

>海外からの憂慮の声はこちら(PDFファイル)

【政府交渉で明らかになったこと】
20ミリシーベルト撤回に向けて、5月2日に行われた政府交渉では、政府側からは下記の発言が飛び出しました。すでに「20ミリ」の根拠は完全に崩れています。

・原子力安全委員会は、「20ミリシーベルト」は基準として認めていないと発言。また、安全委員会の委員全員および決定過程にかかわった専門家の中で、この20ミリシーベルトを安全とした専門家はいなかったと述べた。

・原子力安全委員会が4月19日に示した「助言」(20ミリシーベルトは「差し支えない」)は、助言要請から2時間で決定されたが、決定過程においては、正式な委員会も開催されず、議事録も作成されなかった

・原子力安全委員会は子どもの感受性の高さに鑑み、大人と区別する必要があると発言したが、それに対し、文科省は区別する必要はないと発言した (注4)

・厚生労働省は、放射線管理区域(0.6マイクロシーベルト/時以上)で子どもを遊ばせてはならないと発言したものの、放射線管理区域と同じレベルの環境で子どもを遊ばせることの是非については回答しなかった。

原子力安全委員会は内部被ばくを重視するべきだと回答しているが、文科省はシミュレーションで内部被ばくは無視できると結論した(注5)。しかしこのシミュレーションの根拠は、示されていない。

以上のことから、私たちは、改めて、20ミリシーベルトの撤回とともに、子どもの被ばく量を最小化するためのあらゆる措置を行うことを要請します。

以上


呼びかけ団体:グリーン・アクション、グリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)、国際環境NGO FoE Japan

(注1)現状、超えている場所については、あらゆる手段を使って、低減に努めるべきである。

(注2)福島市防災情報サービス「屋外活動制限対象小学校等の環境放射線測定結果」および平成23年5月1日付「福島県環境放射線再モニタリング調査結果について」によれば、2度連続して基準を下回った学校等では計測が中止されている。これは、「3.8マイクロシーベルトを下回ればよいということではなく、モニタリングにより、状況を把握していく」とした5月2日文部科学省・原子力安全委員会の答弁と完全に矛盾する。

(注3)労働省労働基準局(基発810号)「電離放射線に係る疾病の業務上外の認定基準について」。被ばく量の「相当量」について、解説の第2の5番で、白血病の場合は0.5レム(=5ミリシーベルト)×従事した年数としている。

(注4)文科省は、この理由としてICRPも区別していないとしたが、実際は、ICRPのPub.36「科学の授業における電離放射線に対する防護」(1983年)では、18才以下の生徒が実験などで被曝する可能性がある場合を想定して、一般人の被ばく限度の10分の1にすることを勧告している。

(注5)両者とも食物による被ばくは考慮していない。

※本要請への署名は20ミリシーベルト基準が撤回されるまで当面継続し、文部科学省、厚生労働省、原子力安全委員会、原子力災害対策本部、その他対政府交渉などの機会に提出させていただきます。

※署名に参加されるとともに、地元選出の国会議員に対して、本要請に対して連名し、国民とともに「20ミリシーベルト」「子どもの被ばく最小化」を求めていくよう、働きかけをお願いします。

>署名はこちらから
>要請のPDFバージョンはこちら


6.11脱原発100万人アクション〜黙ってられない!声を上げよう!!〜


newtitle2


6.11 脱原発100万人アクション <http://nonukes.jp/wordpress/>

がついに動き出しました。


日本国内各地、世界各国で連帯していっせいに声を上げ、

マスコミが無視できないほどの大人数で


「脱原発」


「自然エネルギーへのシフト」


を訴える巨大企画です。


この企画は、東京で大きなデモを主催している3団体を中心に

どの団体がリーダーということも無く、みんなが平場に立って

デモ・パレード・集会を6月11日12日に行おうという企画です。

http://nonukes.jp/wordpress/




********************************************************
呼びかけ

6月11日は、福島原発震災から3ヶ月。
今なお放射能の放出は続いています。
私たちは、人や自然を傷つける電気はいりません。
全国各地域の人々とともに、6月11日に脱原発を求める
100万人アクションを呼びかけます。

6月11日は、声をあげましょう!
********************************************************


◆今こそ脱原発へ!!
----------------------
「呼びかけ」は、この間東京でデモなどのアクションを開始した主要なグループの関係者が話し合いを行い発したものです。4月10日の高円寺デモ、4月24日の代々木公園のパレードと芝公園のデモを行った主催関係者、そして3月11日以降に立ち上がった「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(略称・eシフト、http://e-shift.org/)と「福島事故緊急会議」(略称・緊急会議、http://2011shinsai.info/node/125)の関係者です。

「呼びかけ」に「呼びかけ団体」を連記せず、シンプルな「呼びかけ」に多くの団体が賛同するという形で広げることにしました。「脱原発」の一点で大きなアクションを実現しようと言う趣旨です。

また、福島原発事故は日本だけの問題ではなく、世界も注目していると考え、広く世界の各国にもアクションを呼びかけ、100万人アクションとすることにしました。すでにフランスでは6・11デモの準備を開始しています。

多くのみなさんが、この呼びかけに賛同し、6月11日に全国・全世界で街に出て声をあげるアクションを期待しています。

【補記】
■基本的にデモやパレードを呼びかけていますが、講演会、上映会など多彩なアクション・イベントも歓迎です。
■6・11脱原発100万人アクションとしていますが、6月11日の前後、たとえば6月12日の日曜日のアクション企画でもかまいません。
-------------------
賛同一覧
(賛同個人は準備中、今後は都道府県別に表示の予定)
<順不同>
脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会(eシフト)(東京)福島原発事故緊急会議(東京)
国際環境NGO FoE Japan(東京)環境エネルギー政策研究所(ISEP)(東京)原子力資料情報室(CNIC)(東京)
たんぽぽ舎(東京)ふぇみん婦人民主クラブ(東京)フクロウの会(福島老朽原発を考える会)(東京)
大地を守る会(千葉)NPO法人日本針路研究所(東京)日本環境法律家連盟(JELF)(東京)
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)(東京)インドネシア民主化支援ネットワーク(東京)
環境市民(東京)特定非営利活動法人APLA(東京)原発廃炉で未来をひらこう会(東京)気候ネットワーク(京都)高木仁三郎市民科学基金(東京)原水爆禁止日本国民会議(原水禁)(東京)水源開発問題全国連絡会(水源連)(東京)グリーンアクション(京都)みどりの未来(東京)自然エネルギー推進市民フォーラム(東京)
市民科学研究室(東京)グリーンピース・ジャパン(東京)協同センター・労働情報オルタモンド(東京)
反安保実行委員会(東京)ルネッサンス研究所(東京・関西)核とミサイル防衛にNO!キャンペーン(東京)
関西合同労組、関西合同労組大阪支部(大阪)憲法を生かす会(東京)さよなら原発みのお市民の会(大阪)
市民のひろば(大阪)環境都市中野をめざす会(東京)グローカル座標塾(東京)国連・憲法問題研究会(東京)
つぶせ!有事法制・川崎市民の会(神奈川)バスストップから基地ストップの会(神奈川県)
ATTAC Japan(東京)コアクションかながわ(神奈川)NPO法人APLA/あぷら(東京)原発ホーキの会(北海道)
さよなら原発★ちがさき(神奈川)憲法9条−世界へ未来へ連絡会(東京)平和の井戸端会議(大阪)
自衛隊を国際災害救助隊にかえようプロジェクト(大阪)大阪ピースミュージックフェスティバル制作委員会(大阪)スピチュアル9条の会(大阪)荒川区職員労働組合(東京)プライバシー・アクション(東京)
あづみの道草あかとんぼの会(長野)原子力行政を問い直す宗教者の会・信州(長野)たまにはTSUKIでも眺めましょ(東京)とめよう原発せたがやネットワーク(東京)非暴力アクションネット(東京)相模川キャンプインシンポジウム(神奈川)自然食品の店「あらいぐま(東京)セッションハウス企画室(東京)
西表の自然を愛する会(沖縄)JR西日本労働組合中国地域本部(広島)時を見つめる会(神奈川)
脱原発の日(福島)BE-IN tokyo(東京)山西省・明らかにする会(東京)反天皇制運動連絡会(東京)
「反改憲」運動通信(東京)長池評議会(東京)JR東海労働組合新幹線地方本部(東京)
KDMLフィルム・ソサイエティ(愛知)原発さよなら四国ネットワーク(愛媛)市民自治井戸端会議(東京)
市民の声・江東(東京)原発震災を考える福山市民の会(広島)たきがしら・希望ネットワーク(神奈川)
徳山ダム建設中止を求める会(岐阜県)平和・人権・環境を守る岐阜県市民の声(岐阜)
フィリピン情報センター・ナゴヤ(愛知)子や孫に よりましな世を 手渡す会(埼玉)災害時のこころのケアチーム(愛知)平和と人権を考える狭山市民の会(埼玉)公共市民塾(神奈川)福島原発の廃炉を求める有志の会(東京)浜岡原発の運転停止を求める会・ぎふ(岐阜)原発なしで暮らしたい!(鹿児島)「憲法を守る市民の会」(群馬)ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン(東京)長野県有機農業研究会環境部会(長野)
劣化ウラン兵器禁止市民ネットワーク(東京)国際NGO・R水素ネットワーク(東京)
チェルノブイリ子ども基金(東京)9条改憲阻止の会(東京)ピープルズ・プラン研究所(東京)
日の出の森・支える会運営委員会(東京)不戦へのネットワーク(愛知)市民の意見30の会・東京(東京)
原発なしで暮らしたい人々(広島)ノレの会(東京)新しい川崎をつくる市民の会(神奈川)
原発廃炉で未来をひらこう会(神奈川)どなべねっと(広島)原発震災を考える福山市民の会(広島)
脱原発を進める会かながわ(神奈川)NPO法人トージバ(東京)女たちの戦争と平和資料館(wam)(東京)
グローバルピースキャンペーン(海外)農事組合法人鴨川自然王国(千葉)玄米と旬の野菜 MOMONGA(兵庫)
Ruth Roots(東京)自動車産別連絡会議(神奈川)Echo Echanges (ONG)(海外)
(109団体: 2011年5月6日現在)

個人の賛同は、北海道から沖縄、そして海外まで含めて現在352名です。

-----------------------------
個人・団体 賛同フォームは
http://nonukes.jp/wordpress/?page_id=29

みなさんにお願いです。

1. 賛同団体・賛同個人に加わってください
   http://nonukes.jp/wordpress/?page_id=29
   より、ネット上で登録できます。

2. 情報の拡散にご協力ください。
   賛同個人・団体は、一人でも多くの人・団体を求めています。
   賛同だけで何万人もの人が集うことになれば、大きな圧力になります。
   口コミで、メールで、お知り合いの方にどんどん広めてください。

   英語版、ドイツ語版、フランス語版の呼びかけも現在作成中です。
   各言語版がHPに掲載されましたら、
   世界各国のお知り合いへも送信して下さい。


3. 重要!
   可能な方は、日本各地でデモ・パレード・集会を企画してください。
   おそらく、各都道府県で取り組みがなされると思いますので、
   自分達の団体で主催しない場合は、近所の企画に参加・協働してください。

   もし企画が決まりましたら、
   アクションをHPに登録してください(準備中、すぐに立ち上がります)
   http://nonukes.jp/wordpress/?page_id=85
   ご登録いただいたアクションは、ホームページ上に掲載され、
   その後様々な形で宣伝されることとなり、さらに多くの人々の参加へと
   つながります。
   

皆様のご協力をお願いいたします。

浜岡原発の停止が、総理大臣により要請されました。

一刻も早く原子力発電から卒業しましょう。


1万人でダメなら5万人、5万人でダメなら50万人、50万人でもダメなら100万人、それでもダメなら1000万人!!

どうせ「変わらない」と嘆く前に、どうにか「変える」為のアクションを一緒に起こしましょう!!



〜大規模脱原発デモ in 仙台!! 目指せ仙台で1万人規模!!〜

http://611sendai.tumblr.com/

石巻に行ってきました

ゴールデンウィークを利用して5月3日〜5日までの間、石巻へボランティアに行ってきました。

TVやラジオの流す前情報ではGW期間中は全国からボランティアが殺到し、ボランティアラッシュの為に被災地は大混乱するだろうというようなことが予想されてましたが、その甲斐あって?実際は普段の週末よりも人が集まらなかったという皮肉な結果が起きてしまってました。


それに対し、現地の状況は2か月近くたった今でも悲惨の一言です。


201105040952000


ある程度想像はしてましたが実際に現地の様子を目の当たりにしてみると、被害の爪痕の深さに改めて衝撃を受けました。

重機が入れる場所は比較的がれきの撤去も済んでますが、重機の入っていけない細い通りに面した家屋などはほとんど撤去作業が進んでおらず、震災以来いまだに手つかずと思われる場所もまだまだ残っているという状況です。


201105040950001


これでも震災直後を知ってる人から言わせるとだいぶ良くなったみたいです。

しかし、2か月経ったことによって、さらにこの状況に追いうちをかけてきてるのが強烈な “臭い” です。

津波によって運ばれた大量のヘドロに混じり、海沿いにあった製紙工場から流れた大量の紙、さらに肥料工場から流れてきたこれまた大量の農業用肥料。これらに下水や油や生ものや薬品やら色々なものが混ざりに混ざって2カ月間かけて発酵した臭いです。


201105040951000


所々で卵が腐ったような硫黄の臭いもしてきます。そこで懸命に頑張ってる住民の人を思うとあまり悪くも言えないんですけど、とにかく今まで嗅いだ事ないくらい鼻につく強烈な臭いです・・・場所によってはハエも大量発生してます。

今でさえこんな状況なのに、このままの状態で梅雨や夏を迎えてしまったらと思うと本当にゾッとします。それに臭いだけでなく何らかの病原菌まで発生してしまったら人が住むことすらできなくなってしまう可能性だって十分あります。

なので、そうなる前に出来るだけ元となる泥を除去する必要があったにも関わらず、本来集まるべきタイミングに十分な人手が集まらなかったというのが今回のゴールデンウィークのようです。


P1030459

↑ボランティアセンターの拠点になっている石巻専修大学のグラウンド


混乱を避ける為にはある程度のコントロールも必要なんだろうし、どんなに人が集まったところで数日でどうにかなる状況ではないので継続のほうが大事なのは十分わかってるつもりだけど、それにしてもちょっとガッカリでした。。。


正直、このゴールデンウィークは全国からどれだけ大勢の人が被災地にかけつけるのか楽しみにしてました。
 

この状況で「楽しみ」なんて表現は不適切なのかもしれないけど、被災地の人達がその光景を見ることによってどれだけ勇気づけられるかを考えただけで、楽しみにせずにはいられなかったんです。


海外の人達にも、「日本人は仲間が困ったときはこれだけ大勢の人が駆けつけちゃうんだぞー!!」ってトコ見てもらいたかったし・・・。


自分はボランティアは今回が初めてだし専門的なことはよく分からないけど、あえて自己中といわれるのを恐れず言わせてもらうと、、、、


もし自分が被災者だったとしたら、、、、


ちょっとぐらい渋滞になったって、、、、


ちょっとぐらいパニックになったって、、、、


少しでも力になりたいという気持ちを持った人が大勢かけつけてくれるほうが絶対嬉しい!!


長い目で考えれば何もいま現地に駆けつけることだけがボランティアじゃないというのはよくわかります。


でも、実際に行動を起こすという行為はどんな思いにも勝ると思うし、自分の意志で被災地へ向かい、自分の目で現地の状況を見ることによって、より積極的に被災地を支援し続けていこうという意識が強くなるのは確かです。


ACさんも「思いは見えないけど思いやりは見える」って言ってるじゃないですか?


逆に迷惑になるだとか、逆に混乱を招くだとか、やれ二次災害の可能性があるとか、、、、


逆に、逆に、逆に・・・・・・・


今回の様子を見る限り、アクションを起こす前からそんな懸念ばかりが先行しすぎて、行動の動機となる想いそのものまで不完全燃焼しちゃってる気がしてしょうがないです。


出来るだけ人に迷惑をかけたくないっていう気持ちはとても大事だと思います。でもだからといって迷惑かけることを恐れ過ぎて、行動そのものを抑え込んでしまっては元もこもなくないですか?


これはもちろん、最優先させるべきは被災地や被災した人達というのが前提での話ですが、、、


これから日が経つにつれマスコミで取り上げられる機会はどんどん減るでしょうし、震災直後に比べればどうしてもみんなのモチベーションは下がってくると思います。


でもそれは単に、僕らの興味やマスコミの関心が徐々に下がってくるというだけであって、必ずしも被災地の復興状況と比例するわけでもないと思います。


とまぁ、こんな偉そうこと言ってる自分も、正直今回行くかどうか相当迷いました・・・。



別にいま現地まで行かなくても他でやれることはたくさんあるんだし、、、



余震の危険性もあるし、被爆の可能性はもちろん原発の状況もまだまだ油断できないし、、、



嫁も子供も居て一家の主としてこれから家庭を守ってかなきゃならないという立場の自分が、わざわざ危険に身をさらすようなことをするのは逆に無責任とまで言われ・・・



そのうえ、ボランティア供給過剰という情報が流れ、「GWは被災地に行かないキャンペーン」なんてことまでしてる団体も出てくるなか、、、



我ながらここまで反対されてよく行ったな、、、という感じですが、ボランティアについては本当に人それぞれ色々な捉え方があり、自分でも考えれば考えるほど何故そうまでして行かなければならないのかの理屈がつかなくなってきてしまってました。


で、最後の最後は説得することもやめ、「申し訳ないけど行かせてくれ」 の平謝りです。。。(苦笑)


ただ、被災地に実際に集まってた人達は、価値観も職業も年齢も性別も人それぞれでしたが、共通していえるのは、形は違えど「困ってる人を助けたい」「少しでも困ってる人の力になりたい」という想いを、実際に行動に移した人達が集まってるということです。


まだまだ問題は山積みでしょうが、その想いとそれを実行に移す力さえあれば、必ずや日本の未来は明るく開けると信じてます。


周囲の人の心配を考えると、僕自身再び現地に行くことは難しいかもしれないんですけど、とにかく今後も「考えるよりも発言<発言よりも行動 」の持つ力の大きさを信じつつ、自分なりの形で活動を続けていきたいと思ってます。



最後に、、、、


泥だしやがれきの撤去は想像以上にハードです。。。。。


水を吸ったヘドロは見た目以上に重いうえ強烈な臭いも発してますので、普段から身体を動かしてる人や肉体労働を経験したことある人じゃないとかなりキツイ作業に感じると思います。


しかし、これが「がれきを綺麗にするのと同時に皆の心の中まで掃除出来てる」と思ってやってみると、意外や意外、キツイけど気持ちの良い作業に一転しますので、予定のある方はどうぞご参考に。。。



P1030454

↑5/3にとつじょ現れた筋状の虹、こんな空は今までみたことなかったので「わ〜綺麗だなぁ〜」とかって思って観てたら実はこの雲、マグニチュード7.0の余震が起きたときもその直前に出てたそうで、ひょっとしたらひょっとするからと避難場所のアナウンスまでされ、現場には一瞬緊張が走りました。



201105041640000

↑石巻湾を一望できる日和山公園。写真じゃ分かりづらいですが、沿岸部が見渡す限り凄い規模で破壊されているのがここの眺めから分かります。





201105041642000

↑日和山公園に掲げられていた「石巻市民憲章」