2007年10月31日

トルコ再び

 シリアのビザを取得するために、再度イスタンブールへと訪れることになってしまった。

 せっかくなんで、「サバサンド」と「ムール貝のご飯詰め※超美味☆」をたらふく食べてからイスタンブールを後にすることに。。

 トルコ パムッカレ 

 イスタンブールの南300キロにある街「パムッカレ」には、まばゆいばかりの純白の大地が広がっている。この高さ200mある石灰棚の表面には清らかな温泉が流れ、そこへ太陽の光が差し込むとなんとも幻想的な世界が生まれる。その背後には、「ヒエラポリス」と呼ばれるローマ時代の都市遺跡がそびえ、劇場や神殿の跡なども見られる。

 

 トルコ パムッカレ

 

 次に向かうは、まるでキノコのような奇妙な形をした岩が林のようにそびえる「カッパドキア」 

 トルコ カッパドキア

 トルコ カッパドキア

 この奇岩は、大昔の噴火によって体積した火山灰や溶岩が長い年月をかけて雨風に侵食され、現在のような形になったそうだ。そんなダイナミックな地球の営みのなかで生まれたこの辺一帯は、映画「スターウォーズ・ジェダイの復讐」の舞台のモチーフになったともいわれている。


 トルコ カッパドキア 

 この奇岩の内部は、6世紀頃アラブ人の迫害を逃れたキリスト教徒たちによって岩を削って作った教会や修道院、隠れ家などになっている。


 トルコ カッパドキア トルコ カッパドキア

 (写真左)さらに迫害されたキリスト教徒たちは地下に安住の場を求めた。この街の地下には、迷路のようにトンネルを堀巡らした30を越える「地下都市」があり、なんとそれらはみな繋がっているそうだ。この地下都市は1965年に偶然発見されたそうだが、全体の構造はいまだ把握されておらず、現時点では地下8階、深さ65メートルあり、数万人が暮らせる広さがあることが分かっている。
 (写真右)うちらも泊まった「地下都市生活」の気分が味わえる宿。

 

 トルコ カッパドキア トルコ カッパドキア

 (写真左)トルコの伝統的な絵皿に絵付けしている職人さん。
 (写真右)驚いた事に、これらの陶器は鉱石を砕いたもので色付けされている。青はラピスラズリ、緑はターコイズ、紫はアメジスト、赤はコーラルを使用。値段を聞いて二度びっくり・・・。

 

 トルコ カッパドキア トルコ カッパドキア

 この日は10月30日ハロウィン☆ 宿の皆でお化けかぼちゃの灯篭を作った。 この後かぼちゃの中にローソクを灯し、みんなで街を練り歩いたそうだが、うちらは残念ながらバスが控えてた為、参加できなかった、、


 トルコ イスタンブール

 (おまけ)イスタンブールの街中でイカした牛を発見!!!




sekaihokkori at 07:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!トルコ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔