2008年07月11日

南米から中米へ

 南米から中米へと移動するには、コロンビアとパナマ間の陸路国境が開放されてない為に、飛行機か船を使うしかない。

 コロンビアからパナマまでは飛行機で飛ぶとたった1時間の距離だが、船(というかヨット)で向かうとなんと1週間近くもかかる。

 しかし、そこはほまれ高いカリブ海!経験者にいわせると「あんな綺麗な所を1時間そこらで移動しちゃうのは本当にモッタイナイって〜!」という話だった。

 けど、うちらは先を急いでたのとゆりが船酔いするということもあって、、、 「カリブの海でヨットクルーズ」という魅惑的な響きには魅了されつつも、安価で時間も掛からない飛行機での移動を選択したのだった。

 その日はコロンビアのカルタヘナにある空港から小型飛行機に乗りパナマシティーへと飛ぶ予定だったのだが、その朝ついにやらかしてしまった、、、、、

 

 

 うっかり寝坊・・・・・。

 

 

 目が覚めたのは午前8時過ぎ・・・。

 この時点で離陸までたったの1時間しかない、、、

 「エッ、、、っていうかナンで目覚まし鳴ってないの????」

 寝起きの頭じゃ何がどうなってあと1時間なのかさっぱり理解できなかったけど、とにかく飛び起きて猛ダッシュでパッキングを済ませ、その辺のタクシーを捕まえて飛び乗った。

 時間がないことをドライバーに告げると、その慌て振りを察してかなりの勢いで空港までカッ飛ばしてくれた。。。

 そのおかげでチェックインカウンターに着いたのは離陸35分前、、、

 しかしそこに人影は見えず、受付もすでに終了してしまっているようだった・・・。

 とりあえず中にいたスタッフに駄目もとで頼み込むと、初めは渋い顔して「もう間に合わないよ、、、」といって断られたが、「そこをなんとか・・・」と必死に拝み倒したら何とか手続きを初めてくれた。

 出国の手続きや荷物のチェックなどもスタッフの計らいで簡単に済ませてもらい、何とか間一髪のギリギリで飛行機に搭乗させてもらうことが出来た。。。(汗汗)

 目覚めた瞬間からあまりにもドタバタし過ぎてたせいで、焦る余裕すらあんまりなかったけど、それでもうちらを乗せた飛行機は予定どおり約1時間30分後にはパナマシティーへ到着したのだった。

 旅をしてて、飛行機の時間ほど差し迫った緊迫を有するものは他にはない・・・。

 それにしてもコロンビアの人は、この時のタクシーにしろ空港スタッフにしろ、最後の最後まで感じの良い人が多かったなぁ☆

 

IMG_3142



sekaihokkori at 18:18│Comments(0)TrackBack(0)clip!コロンビア 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔