2008年07月16日

2泊3日中米素通りバスの旅

 中米(パナマ〜グァテマラ間)は基本的な治安の悪さに加え、これといった見所もない為か、素通りしてしまう旅行者が多い。

 しかし、そこには世界的にも良い波がたつことで有名なコスタリカが含まれている。せっかくだからちょっくら寄り道して波に乗っていきたいところ、、、

 ポイントを調べてみるとちょっと面倒な位置にある、、、しかも、行ったからって確実にボードがレンタル出来るとも限らないし、時間的にもそんなに余裕があるわけじゃない、、、

 そんな理由からここでの波乗りはお預けという事になり、なるべく早いとこグァテマラへまで抜けようということになった。

(まぁメキシコまで行けばまた有名なポイントがあるし・・・)

 パナマシティーのバスターミナルで、パナマシティー(パナマ)〜サンホセ(コスタリカ)〜エルサルバドル(サンサルバドル)〜グァテマラシティー(グァテマラ)というルートのチケットを通しで購入した。

 パナマからグアテマラまで抜けるバスではこれが最短ルートのようだったが、それでも乗り継ぎ2回のトータル2泊3日もかかるロングドライブだ。

IMG_3159

 当日、チェックインを済ましバスに乗り込んのは午前10時30分。あいにくフットレストまではついてなかったが、ブランケットや枕が用意された快適なバスだった。

 しかし、一日に何度も国境を出たり入ったりするというのはかなり面倒。。。

 途中一つ一つ荷物を犬に嗅がせる場面があったかと思えば、単に係官の手際が悪いだけの時もあったりし、外でダラダラ待たされるというようなことが頻繁に起きる、、、

 それにしても陸路の国境っていうのは何故こうも退廃的な雰囲気のとこが多いのか?今までも国境の町にはあまり良い印象を受けてきていない・・・。

 二泊のうち一泊は車中で、もう一泊は乗り継ぎ時間の関係上バス会社のオフィスに併設された安宿で5時間ほど仮眠したが、それ以外の時間は殆どず〜っとバスに揺られっぱなしだ、、、

 でも1年半も旅をしてれば、バスでの過ごし方なんていうのはお手のモノ。。。

 それがかなりの長時間だろうと、よほど酷いバスじゃない限りさほど苦痛は感じなくなってしまった。。。

 それもこれも、「バスに乗った途端眠くなる」という便利な特異体質が身についたお陰か、、、

 二人してほぼ時間に関係なくバスに乗った途端に眠くなり、その後も不思議といくらでも寝てられちゃうから、20〜30時間の移動でも案外あっさり着くことが多くなった。

 これは一見ムダなようだけど、実は結構使える体質だったりする。。。。。

 旅の出初めの頃がそうだったように、移動中に充分寝れないと疲れがたまることが多く、ヒドい時は丸一日ぐらい何も出来ないなんてこともよくあるからだ。

 パナマから2泊3日かけて乗り継いできたバスも、ようやくグァテマラの首都「グァテマラシティ」へと到着した。

 でもココではまだ荷物は降ろせなかった。このグァテマラシティーもその他の中米の国の首都同様、非常に治安が悪いという話だからだ・・・。

 その為バスが到着した首都には泊まらずに、そこから1時間ほど離れたアンティグアという町まで,もうひと踏ん張りしたのだった、、、


 (この移動はさすがにこたえた・・・)


IMG_3160IMG_3162

 

 

 

 

 


 


(写真)この辺りは治安が悪いというのも頷ける。首都だというのに街はさびれて人影もまばらだし、信号待ちしてる車に寄ってくる物乞いや道端にはホームレスらしき人の姿も多い。

 



sekaihokkori at 22:53│Comments(2)TrackBack(0)clip!パナマ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by のらネコ   2009年05月09日 00:41
いや〜長かったな!
まだだけど、とりあえずお疲れ!

残りの旅を十分に楽しんで☆
2. Posted by sakamoto   2009年08月12日 11:09
屋久島・矢筈でお会いしたジムニー乗りの坂本です、覚えてますか?
あらためて言いたいので結婚おめでとう、世界一周してたんですね知らなかった話しをいっぱい聞きたかったです
メールアドレスだけでも教えてくれるとうれしいです

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔