2011年05月20日

放射能汚染食物と食の安全性について

前回に引き続き、食べ物からの放射能汚染についての情報です。

----------------------------------------------------------------------------

情報元「NEVERまとめ放射能汚染食物と外食産業について」


※このまとめに記載されている内容は必ずしもその正確性を保証するものではありません。
確実な情報を知りたい場合は、必ず製造元に問い合わせるなどして御確認をお願いします。


ハンバーグレストラン 【びっくりドンキー】
野菜は「西日本」のものを使用、
食肉は「外国」産、豚は「カナダ」産、鶏は「ブラジル」産
http://bit.ly/jkccdf



回転寿司チェーン 【かっぱ寿司】
ほとんどが国外と九州の魚介類で、全ての商品の産地が明確に表示されています。
http://bit.ly/aMFnpe



回転寿司チェーン 【くら寿司】
およそ半分程度が国産表示、それ以外は海外産です。
http://bit.ly/9QeqfY



牛丼チェーン 【すき家】
農産物は「東北・北関東」から 被災地支援へ安定調達
http://bit.ly/jUMwtO



牛丼チェーン 【吉野家】
タマネギ―殆どを中国産
長ネギ―近郊のもの、「埼玉」・兵庫・愛知など
米―北海道・東北
季節により産地は変更
http://bit.ly/jMOk5Y



讃岐うどん・ぶっかけうどん 【はなまるうどん】
国産表示が多い

うどん―オーストラリア・「国産」 青ねぎ―中国・「国産」
米―「国産」 天ぷら粉―米国・「国産」・オーストラリア 牛肉―オーストラリア・中国
たまご―「国産」 鶏肉―中国・「国産」・ブラジル
http://bit.ly/kAxuMg



サンドイッチ店 【サブウェイ】
政府が定めた放射線量基準値に準じ、簡易検査を毎日実施

レタス―「茨城」「群馬」「長野」北海道、長崎
トマト―「栃木」「千葉」「群馬」「埼玉」福岡、熊本
ピーマン―鹿児島、宮崎、沖縄、高知
玉葱―北海道、佐賀
http://bit.ly/mUmjlQ



イタリア料理店・ピザ宅配店チェーン 【サルバトーレ】
トマトソース―イタリア モッツァレラ―イタリアから輸入
バジル―沖縄・「茨城」 生地―「国産」大手メーカーのもの 水―「東京都」の水道水
魚介類―輸入 サラダに使用のロメインレタス、トマトなど―「国産」
http://bit.ly/kMVky8



宅配ピザ 【ピザーラ】

ポーク―デンマーク ポテト―アメリカ 魚介類―中国
オニオン―北海道 チーズ―北海道 ソーセージ―「不明」
トマト 「千葉」「栃木」「群馬」「長野」鹿児島・福岡・愛知・宮崎・熊本等
http://bit.ly/jyuWVC



ハンバーガーチェーン 【マクドナルド】

肉―「千葉」工場 パン―「埼玉」工場 チーズ―「神奈川」工場
それぞれの会社が全国一括分で請け負って納入
野菜―「不明」
http://bit.ly/j1XU1N



ハンバーガーチェーン 【モスバーガー】
全国約3000の契約農家の野菜を使用しているが「国内農家をなるべく支援したい」として、
「福島県内」の農家も含め契約の見直しはせず、出荷制限対象の野菜以外は継続使用する方針
http://bit.ly/kcTiTC



フライドチキンチェーン 【ケンタッキー】
ほとんどが国産表示、そしてアメリカとカナダ産
ケンタッキーの産地http://bit.ly/lKvpHo PDF http://bit.ly/jdxd1d



居酒屋中心の外食チェーン 【ワタミ】

キャベツ―愛知「千葉」「茨城」 トマト―「埼玉」「千葉」
ねぎ―「埼玉」「千葉」 レタス―「群馬」「千葉」「茨城」
大根―「千葉」「群馬」 卵―「茨城」「千葉」
焼き鳥―岩手「新潟」青森 手羽先のから揚げ・軟骨揚げ―ブラジル
http://bit.ly/lMrJDz



----------------------------------------------------------------------------

情報元 「NEVERまとめ放射能汚染食物と飲食系企業について」


ミネラルウォーター 【volvic】 水源地フランスhttp://bit.ly/aW8o0u


【日本コカ・コーラ社】
日本の基準ではなく、WHOの基準に準拠http://bit.ly/lYPSxb
日本コカ・コーラ社、韓国から水100万ケースを緊急輸入、デザインは「い・ろ・は・す」と同様
http://bit.ly/kjCSFF
http://bit.ly/fVl1FB

日本コカ・コーラ社 ミネラルウォーター 【森の水だより】
「森の水だより日本アルプス」 採水地山梨県
「森の水だより 大山山麓」 採水地中国産地の秀峰大山
「森の水だより 富山の天然水」 採水地富山県
「森の水だより 石槌山系」 採水地四国石槌山系
http://bit.ly/9d7oW


【大塚製薬】

「カロリーメイト」 「ネイチャーメイド」 「ザ・カルシウム」 徳島第二工場
「カロリーメイトブロック」 「SOYJOY」 徳島ワジキ工場
「SOYJOY」 徳島板野工場
「ポカリスエット」 「アミノバリュー」 「カロリーメイト」(ブロック・ゼリー) 佐賀工場

「ポカリスエット」 「ファイブミニ」 「群馬県」高崎工場
「ポカリスエット」 「アミノバリュー」 「静岡県」袋井工場
http://bit.ly/fkKgyy


【ハインツ】
「ケチャップ」 生産国オランダhttp://bit.ly/l4o7fP


【ファミリーマート】

「幕の内弁当」
米―産地岡山 加工地岡山 インゲン肉巻き―産地中国 加工地中国

葉大根―産地中国 加工地中国 蒟蒻―産地「国産」 加工地「埼玉」

梅干―産地中国 加工地和歌山 玉子焼き―産地「日本及びその他」 加工地「静岡」

鶏唐揚げ(鶏肉)―産地ブラジル 加工地ブラジル 紅鮭―産地アメリカ 加工地「静岡」

焼きいか(いか)―産地 北海道 加工地北海道 海老天(海老) 産地インドネシア 加工地インドネシア

「そぼろ&豚唐揚弁当」
米―産地「国産」(詳細不明) 加工地「国内」(詳細不明)

たまごそぼろ(玉子)―産地「国産」(詳細は不明) 加工地兵庫県

鶏そぼろ(鶏肉)―産地兵庫県 加工地兵庫県

豚唐揚げ(豚肉)―産地アメリカ 加工地「千葉県」

「ファミリーマートのフライドチキン」
孵化から飼育からチキンへの加工まで全てタイ、国内では揚げるだけ
http://bit.ly/igrhog


【雪印】メグミルク富里工場の「農協牛乳」は「福島」の原乳を他県の原乳と混ぜて薄めて出荷
http://bit.ly/kL65Pj


【山崎パン】
「仙台」工場の操業再開
http://bit.ly/dZxY8v
山崎パンは未だに発癌性物質である「臭素酸カリウム」を製パン工程に使用しています。
http://bit.ly/bM44su


【イオン】
2009年8月12日イオン、外国産キハダマグロに宮崎産表示
http://bit.ly/lYbbbp http://bit.ly/ldvMQG
2010年11月30日イオン、韓国産サザエに国産表示
http://bit.ly/hAc3x0 http://bit.ly/dRcjv2
2011年4月13日イオンが出荷自粛期間中に「千葉県」産サンチュを販売
http://bit.ly/grkAy7


【アサヒビール】
「福島」工場6月に再開、既に復旧した「茨城」工場など他工場はフル生産、
「福島」工場は「原発から60km」の距離5月9日
http://bit.ly/k2wQIG



----------------------------------------------------------------------------


放射能汚染の話からは少しそれますが、最近、「えびす家」の件などもあって改めて外食産業の安全性が問われてきてますけど、これは一概に店側の責任だけの問題ではないと思ってます。

消費者側が安易に安いものにお金を出し続けてる限り、こういう事故は今後も一向になくならないんじゃないでしょうか。

市場というものは需要と供給というバランスで成り立ってるわけで、消費者が安さを優先し続けてる以上、売る側としてもそこを優先せざるをえないのは仕方のないことだからです。

そのおかげで、一般的なスーパーを見てみても、年々コストを省く為に開発された、農薬、合成添加物、化学保存料まみれの “ただちに影響は出ない” から安全だろうといわれているものばかりが並んでいます。

年々エスカレートする消費者の要求に応えるべく、これらは長い年月摂り続けるとどうなるかの検証も出来てないまま市場に送り出されてしまってるのが現状のようです。

今の市場はそれでも成り立ってしまってる、というよりそうでもしないと儲からないといっても過言ではないと思います。

本来、身体や環境にとって本当に安全で負担の少ないものというのは日持ちもしませんし、手間もかかるので大量生産には向いてないのが自然の姿です。

その当たり前のことを忘れて、安さ・利便性・見た目の良し悪しばかりを求めてしまってる消費者の意識にこそ本質的な問題があると思ってます。

もちろん企業側の宣伝の仕方にも問題はあるのですが、そうは言っても企業は顧客がいなければ存続すら出来ないのであくまでその舵を握っているのは消費者だと思います。

今後、本気で食の安全性や環境破壊の問題を解決することを願うのならば、「私達一人一人がどこにお金を注ぐのか?」ということが、ことのほか問われてくるのではないでしょうか。



sekaihokkori at 10:10│Comments(2)TrackBack(0)clip!震災・原発関連 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by にゃーぷー   2011年05月29日 22:48
貴重な、まとめ情報有難うございます。
とても分かりやすくて、助かります。

勿論、自己責任で判断しますので御安心を。


当ブログにも転載させて下さい。

差し障りがあるようでしたら、
すぐ記事下げます。
2. Posted by 管理者   2011年05月30日 13:59
どうぞ転載されてください。
今は情報の精査と拡散が必要です。
コメントありがとうございます。

> 貴重な、まとめ情報有難うございます。
> とても分かりやすくて、助かります。
>
> 勿論、自己責任で判断しますので御安心を。
>
>
> 当ブログにも転載させて下さい。
>
> 差し障りがあるようでしたら、
> すぐ記事下げます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔