2011年06月30日

腐るお金、減価通貨について

黄金の金玉を知らないのか?より内容まとめさせて頂きました。

さて、昨日、本屋に行って立ち読みしていますた。
インフレターゲット論、調整インフレ、そういう論調の本が置いてありますた。
民間銀行への大量資金注入、そういう話ですた。
不況はこの先もずっと続く、不況を脱するためには地球と同じ惑星がもう一つ必要だ。などと言っていますた。
ポールクルークマンさんという人の本ですた。

さて、奴らのやっていることは前から同じです。
合わせると何十京円もの借金がある。資本を注入しなきゃいけない。
1930年の大暴落時、やっていたことはなんですか。
マージンローンでしたか。ちょっとの元手で銀行から何倍も借りて株式投資をできるようにした。
株は上がりまくって靴屋の少年まで株の話をしだしたのでしたか。
そういう話がありましたね。
それでケネディのお父さんは危機感を感じて株を手放したとか。
そんなスカポンチンな嘘話がありますた。

バカスカ貸しまくったあげく、ある日、いきなり銀行はマージンローンの返済を迫った。
蛇口を閉めたのです。
それで大暴落。今もやっていることは同じなのです。
デリバティブなど、やっていることと言えばバーチャル取引です。
普通の高校生が、ネットゲーム内で家を買ったり売ったりしていますが。
ネット内で例えば家を失ったとか。大損したとか。
それを現実のお金で補てんするなど。
そんなルールがあったら危なっかしくてゲームなどできません。
デリバティブとは1万円しかないのに3000万の取引をできるようにする仕組みです。
ネットゲームと同じです。
ちょっとの元手でバーチャル世界の中で家を買ったり売ったりできるようにする。
結局、企業や民間銀行が大損して国がその借金を補てんする。現実のお金で補てんする。
要するにです。最初から、バーチャルと現実をごっちゃにして通貨を無価値にする仕組み。
紙屑にする仕組みだと分かるではないですか。

だいたいクルークマンさんですか。
経済学でノーベル賞などと。
経済学などという学問は本来存在しないものです。
後付け説明。言い訳説明。
嘘っこ学問。
そもそもノーベル賞などというものは奴らに貢献した人が貰える賞なのはいうまでもないのです。
ノーベルさんなどは兵器を作っていた人ではないですか。

中央銀行を屠殺業者がやっている。(牛や豚のみならず人間の屠殺業もやっているのです)
バンコさんはその名も、「少しは儲かった銀行」冗談みたいな名前の銀行をイタリアでやっていますた。
イスラエルの建国資金もバンコ一族が出していますね。
人間屠殺業者がイスラエル建国資金を出していて、中央銀行もやっている。
学問もへったくれもあるかという話です。

経済学に存在意義があるとするなら、人々を煙に巻くことだけが目的です。
目くらまし学問。都合の良い説明学問。後追い説明。
ただそだけを意図した学問なのです。
知れば知るほど、調べれば調べるほどそれが分かってくるのです。

例えばです。ウンコ学という学問が存在したとしましょう。
ウンコなんて普通に肛門から排せつして便器に流し込むだけですよね。
単純明快。絶対にそれだけです。
いや違う。そんなに単純じゃない。
反論があるなら、ご自分の動画とともに反論を送って下さい。
ワタスもここで自分のお尻を出しながら反論します。
このブログで討論しましょう。
ウンコをするのに学問が必要か?
とかなんとか
そんな学問などあったら不自然極まりない。
うんこ学が発達するなんて不自然だ。
普通はそう思うはずです。

仮にです。
肛門の位置や確度がどうとか
りきみ方、腹筋と大臀筋、直腸との連鎖球菌。
腸内細菌とデオキシリボ核酸。
肛門の照射角度、数式を使って便器からの跳ね返りの量をガウス曲線、正規分布で表現する。
そんな感じの学問が発達していたとしましょう。
シカゴ学派とか、ヴァージニア学派とかいろいろ派閥があって論争を繰り広げています。
アフタリオンの肛門心理学、カッセルの購買力直腸説、永遠と討論しています。

意味が分かりません。

くぅぅ。
ウンコって難しいな。
普通にウンコしたいだけなのに。もうちょっと勉強しなきゃ。
ちゃんと卒業できるかな。
イタイケな学生は、肛門を押さえて便器の前で考え込んでしまうかもしれません。
ウンコ学でノーベル賞をとったあのポール、グルグルマンさんってすごいな。
本当、尊敬するよ。
名前も下痢になってるみたいだ。
さぞやものすごい勢いでウンコをするんだろうな。
ウンコ学部の青年は、そんな風に憧れたりするのでしょうか。

バカも一度仮死状態にでもなって20年ぐらい冬眠してからやれ。

不況がこれからもずっと続く?
不況を脱するには、地球がもう一つ必要?
寝言は仮死状態にでもなってから言え。

仕事=遊び

この間も言いました。

最近は、どこへ行っても不況。不況。
ニュースでもどこぞが倒産したとか。
景気の悪い話ばっかりです。
まるで、この世が終わったかのように皆さん言っています。
町の商店街などに行くと、葬式の最中のように暗い顔をして不況だ。不況だと言っています。
お経でも読んでろと言いたくなりますが。
まぁ、ここを読んでる人なら分かることですが。
不況、好況など奴らが自由にコントロールできるのです。
BISを頂点とした中央銀行システムがコントロールしているのです。

普通に自然と共生して生きる。
不況になる余地などないのです。
みんなニコニコ平和に暮らせるのです。
普通にしていれば、天国みたいなこの地球上で、自分達で勝手に苦しむルールを作って自分で勝手に苦しんでいる。
本来、みんな笑顔でニコニコ顔で暮らせる世の中なのです。

今、世界で起こっていることを単純にデフォルメして例えましょう。
世界中が不況になった。
まぁ、誰もが分かりますが、何故かと言えば馬鹿みたいに何でも買ってくれたアメリカ経済がこけたからです。
小さな商店街に例えるとこんな感じです。
今まで何でも作れば買ってくれる。そういう気前の良い客がいた。
例えば洋服屋さんでも、、ラーメン屋でも今まで作れば何でも買ってくれた景気の良い客がいますた。
そのお客さんは白ブタみたいに太っていて作れば作るほど買ってくれた。
お得意様が来た。なんて気前の良い客なんだ。
丁重におもてなししろ。

しかし、ある時期から白ブタさんは物が買えなくなりますた。
大変だ、あのお客さんがピンチのようだ。物を買ってくれなくなった。
どうしたら良いだろう。
個人商店の皆さんは考えました。
そうだ、みんなでお金を持ち寄って、あの白ブタさんにお金を貸そう。
お金を貸しまくって、白ブタさんにまた景気良くなってもらって、また商品を買ってもらおう。

自分たちが一生懸命働いて稼いだ金を白ブタさんに貸しますた。
白ブタさんは返す気などさらさらありませんので、どんどん借りたお金で商品を買いますた。
商店街の皆さんは、また景気が良くなった。
万歳。どんどん商品を作れ。
皆が好景気に湧きますた。

と、こういう感じです。
かなりデフォルメしていますが、日本や中国がせっせとまじめにはたらいて商品を輸出して溜まった金で米国債を買う。
やっていることはこういうことです。
溜まったお金で米国の金融商品を買うというのでも良い。
要するにお金の流れを作り出す必要があるだけです。

こういうのをまじめに働いているというのでしょうか。
要するにどこか金持ちを作ってお客さん役を作らないと遊びが回らないだけなのです。
高いところと低いところを作って水を流す。
流しそうめんは高いところを作らないと流れないですよね。
同じです。
チュルチュルと流しそうめんをかき入れながら考えて見て下さい。

子供のころにやったおままごと遊び。
お店屋さんごっこは、どっかの子供がお客さんの役をやってまた別の子供がお店屋さんの役をやりますね。
両方いないとその遊びは成り立ちません。

その遊びを続けたければ、例えばお店役の子がいなくなれば、違う子を探してきてお店役をやってもらう。
お客役の子が抜ければ別の子にやってもらう。
どっちかの役目がいなくなるとおままごと遊びは続けられませんね。
外需に頼りすぎていてはだめだ、内需拡大しなければいけないとか。
要するにお店屋さん役ばかりじゃ駄目だ。
お客さん役の子をもうちょっと増やさなくては。

したり顔で経済学などと言っているのですが。
やっていることはままごと遊びなのです。
必死にみんなで、おままごと遊びをしなきゃ飢え死する。

資本主義=ままごと遊び

です。
なんとも珍妙でおバカな仕組みです。

いつも言っています。
腐るお金。
オーストリアのチロル地方で実際に流通した減価通貨を知っていますか。
お腹グルグルの軌跡。ではなくヴェルグルの軌跡という話です。
NHKがやっていたのがあります。良かったらご覧下さい。



-------
http://www3.plala.or.jp/mig/will-jp.html#woergl

オーストリア・チロル地方のヴェルグル。
世界大恐慌の影響は、このヨーロッパの小さな田舎町にも波及していました。
当時、人口わずか4300人のこの街には500人の失業者と1000人の失業予備軍がいました。
通貨が貯め込まれ、循環が滞っていることが不景気の最大の問題だと考えた当時の町長、ミヒャエル・ウンターグッゲン

ベルガーは、自由貨幣の発行を実践してみることを決意し、1932年7月の町議会でスタンプ通貨の発行を決議しました。
ウンターグッゲンベルガー自身が地域の貯蓄銀行から32000オーストリア・シリングを借り入れ、それをそのまま預金とし

て預け、それを担保として32000オーストリア・シリングに相当する「労働証明書」という地域通貨を発行しました。
この労働証明書は、1シリング、5シリング、10シリングの三種類からなり、裏面には
「諸君、貯め込まれて循環しない貨幣は、世界を大きな危機、そして人類を貧困に陥れた。経済において恐ろしい世界

の没落が始まっている。いまこそはっきりとした認識と敢然とした行動で経済機構の凋落を避けなければならない。そう

すれば戦争や経済の荒廃を免れ、人類は救済されるだろう。人間は自分がつくりだした労働を交換することで生活して

いる。緩慢にしか循環しないお金が、その労働の交換の大部分を妨げ、何万という労働しようとしている人々の経済生

活の空間を失わせているのだ。労働の交換を高めて、そこから疎外された人々をもう一度呼び戻さなければならない。

この目的のために、ヴェルグル町の『労働証明書』はつくられた。困窮を癒し、労働とパンを与えよ」と書いてありました。
そして、町が道路整備などの緊急失業者対策事業を起こし、失業者に職を与え、その労働の対価として「労働証明書」

という紙幣を与えました。
労働証明書は、月初めにその額面の1%のスタンプ(印紙)を貼らないと使えない仕組みになっていました。
つまり、言い換えれば月初めごとにその額面の価値の1%を失ってゆくのです。
ですから手元にずっと持っていてもそれだけ損するため、誰もができるだけ早くこのお金を使おうとしました。
この「老化するお金」が消費を促進することになり、経済を活性化させたのです。
当初発行した32000シリングに相当する「労働証明書」は、次第に必要以上に多いことがわかり、町に税金として戻って

きた時に、そのうちの3分の1だけが再発行されることになりました。
「労働証明書」が流通していた13.5ヵ月の間に流通していた量は平均5490シリング相当に過ぎず、住民一人あたりでは

、1.3シリング相当に過ぎません。
しかしながら、この「労働証明書」は週平均8回も所有者を変えており、 13.5ヵ月の間に平均464回循環し、254万7360

シリングに相当する経済活動がおこなわれました。
これは通常のオーストリア・シリングに比べて、およそ14倍の流通速度です。
回転することで、お金は何倍もの経済効果を生み出すのです。
こうしてヴェルグルはオーストリア初の完全雇用を達成した町になりました。
「労働証明書」は公務員の給与や銀行の支払いにも使われ、町中が整備され、上下水道も完備され、ほとんどの家が

修繕され、町を取り巻く森も植樹され、税金もすみやかに支払われたのです。

--------------------------------------------
ワタスから言わせると奇跡でも何でもありません。
肛門から排泄したウンコが垂直に落下して便器に落ちる。
ニューっと出てストンと落ちる。ニュートンさんも真っ青の万有引力の法則です。
高い所と低い所を作れば、水が流れる。
こういうの奇跡というのでしょうか。自然現象ではないですか。

普通にやれば不況などならない。普通にやれば便秘にもならないし、毎日快通。快便。
元々そういうものなのに、ワザと血液をうっ血させて、難しくして不況だ。不況だとこの世の終わりのように思わせる。
お金など、人間の血液のように循環して腐って消えていけばサラサラ流れるのです。
問題など起こるはずもない。それが自然だからです。
それを何だか難しいものにして煙に巻いて、偽学問を流行らせているのです。

今の経済は、騙されて煙にまかれた経済。嘘っこ経済。
学校で嘘を教えられて、クルクルパーになる。クルクルマンさんになる。
単なる洗脳機関です。
ワタスがいつも親類の子供に、学校に行ったら先生の話など聞いてはダメですよ。
バカになりますからね。一日中、教室の窓から雲でも眺めていなさい。いつも、しつこいように言って聞かせています。
そうすると親どもが、キッと睨んで親の敵のようにワタスに食ってかかって来ます。
その昔、尾崎豊さんがバイクを盗んで夜中走り回りたくなったのも分かるというものです。

結局のところ、福島の人達がなぜ逃げないかというと逃げたところで食べていけない。先立つものがなければ引っ越しても何もできない。
なぜ放射能まみれの土地で稲を植えるのかというと食べていけなくなるから。
それを買って食べる側の人などどうでも良い。
とにかく出荷しよう。
自分達が食ってくために毒入り野菜を作る。
漁師さんも、自分達が食って行くために放射能まみれの魚を釣り上げて市場に卸す。
文句を言う人達には風評被害だとわめき散らすのでしょう。

http://sankei.jp.msn.com/world/photos/110422/amr11042210540004-p1.htm
白雪姫の毒リンゴは「日本から?」英字紙の漫画にNY総領事館抗議

001


※おいおい。抗議してる場合か?年間20ミリシーベルトが基準の国の食べ物なんて普通誰だって食べたくないでしょ?と誰も突っ込まないんでしょうかね。

福島の人達を責めてもしょうがない。皆、生きるのに必死なのです。
この病んだシステムが終わるまでこれは続くのです。

年間3万人の自殺者を出しながら10年で30万人の人達が死んでいっても
尚、回り続けるこの病んだ社会システム。
結局のところ病根は同じだ。
それが良く分かった。

TVもCMスポンサーがいて始めて成り立つ。
地震直後はACのぽぽぽぽーんばかりになって一時期この我々のシステムが中断した。
すべてがショートし、ぶっ壊れたかに見えた。
しかしまたスポンサーが戻って来てバカみたいなお笑い番組を流し始めた。
またお馬鹿な社会システムが復活してしまった。
何事もなかったように。

いくつものエラーが起きて、中の人から悲鳴をあげているのに
何事もなく知らぬ存ぜぬで回っていくキチガイ歯車。

本当は放射能まみれで恐ろしい事が起きているのに、基準値まで変えてまた無理やりにキチガイシステムを
復活させ何事もなかったかのように回し始めた。

なぜかテレビをつけるとニコニコ何事もなかったようにお馬鹿タレントがバラエティ番組をやっている。

気持ち悪い。なんて気味の悪い社会なんだ。

20世紀少年という映画がありましたね。ともだちという存在に洗脳されてニコニコ笑う信者ばかりが出てくる。
あの映画を思い出しました。

もう、やはり津波が来てすべて洗い流してくれるまで回り続けるのでしょう。

早くこのシステムから抜け出せ。
こんな社会と心中する必要はないんだ。
こんなおバカな茶番システムにつきあう必要はないんだ。
早々に気づいた人達は静かに別れを告げ新しい生き方を選択し始めている。

新しい世の中が来る。
このバカみたいなシステムを変えようとか。政治家を批判したり、東電を批判したり。
もう多分、そんなことにエネルギーを費やしている暇はないでしょう。
このキチガイ社会を変えるにはもう時間が少なすぎる。
もう終わりはすぐそこまで来ている。
ワタスはそう思います。

自分たちではもうどうしようもない。
この歯車をやさしい自然がぶっ壊してくれる。

今はただ静かに旧世界に背を向け新しい社会に目を向ける時期です。

やがて来る新しい世界。一刻も早くそちらに身を置くことです。
そこから地球がすべての汚れ、膿を綺麗に洗い流すところを目撃する。

本当にありがとうございますた。(転載終了)



sekaihokkori at 11:18│Comments(0)TrackBack(0)clip!震災・原発関連 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔