2011年08月29日

初めてのリフォームに挑戦

到着した翌日からさっそく島で唯一のホームセンターにてリフォームに必要な道具を色々と買い出し。

脚立から解体用のバール、防塵マスクやら網戸のサッシまるごとなど、今まで買ったこともないようなハードなギア達を次々とカートへ放り込む。あと特大サイズの蚊取り線香とゴキブリダンゴ2箱も忘れずに。。

工事に必要な電動ドリルや丸のこやサンダ―は値段が張るので、地元にいるときにネットで安く買って車に積んで船で運んだ。

ちなみに車を宮古島まで運ぶのにかかった費用は約10万円。自分で川崎の港へ持ち込んで1週間後には宮古島の港で直接受け取った。でもこれ沖縄本島までなら半額で運べてしまう。何故か川崎→沖縄本島と沖縄本島→宮古島が同じぐらいかかってしまうのだ・・。

距離的には納得いかないけど、どうあがいてもかかるものはかかるんだから仕方なく送った。。。


P1030866_R


↑とりあえず、いらない家具を外に運び出した後に天井が落ちた部分があった部屋全体の天井をバールでひっぺがした。

まぁ色んなものが落ちてくるわ落ちてくるわ。。大量のゴキとヤモリとクモの死体とフン。さらには室内なのに何故か沢山の鳥の羽根に巣らしきものの痕跡や、あげくのはてはネズミのミイラが4匹も落ちてきた・・・。このへんから完全に開き直りのスイッチが入ってもう恐いものはなくなった、、、



P1030860_R

↑知り合ったばかりの近所に住むセーボーくんに手伝ってもらいながら、部屋と部屋の間にあった壁と太い梁をぶった切った。

大家さんからは自由にして良いと言われてたのでついノリでとってみたものの、やった後に「こんな太い梁を切っちゃって強度的に大丈夫なのかな?」とちょっと心配に・・・。

まぁ外側は頑丈なコンクリートで覆われてるから大丈夫でしょ、、、たぶん。

こっちは台風がよく来るため、たいがいの家は古くても外側はコンクリート造りなのだ。


P1030870_R

↑ゆりからは柱や梁は茶色が良いと言われていたので、濃い目のオイルステンを塗装。天井の作業はずっと上を向きながら手を上げ続けるので思った以上にしんどい、、、



P1030868_R

↑奥の3畳のスペースは本来倉庫の一部だったけど、窓が2つもついてて倉庫にしちゃうにはもったいなかったのでなんとか部屋の一部にならないものかと頭をひねった。

というのも、もともと倉庫だった場所だから天井が無いために屋根裏と筒抜けになってしまっていたからだ。

そこで、天井が無いところに無理やり天井をこしらえることにした。写真は完全に一から自作した天井の骨部分。(われながら上出来・・・)

それにしても、あ・・・つ・・・い。。。。。。

少し作業しただけで大量の汗が滴りおちてきて目まで入ってくる。

こちらは夜は意外と涼しいんだけど日中は日差しが強烈だから風通りの悪い部屋はとんでもなく暑くなる。

はやくエアコン取りつけないと、、、


sekaihokkori at 01:16│Comments(2)TrackBack(0)clip!宮古島生活 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たかし@館山   2011年08月30日 02:09
としくん久し振り!!
まさかの、いや当然のか.....
移住
リフォームからなにから楽しんでください。また連絡するね。

2. Posted by Toshi   2011年09月08日 00:10
⇒たかし@館山
急だったもんで事前に連絡出来なくてゴメンネ。。。
今や二人と同じように海近住まいですよ。
オーストラリア行く前に寄っていってね♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔