タンザニア

2008年02月04日

してやられたり・・・

 タンザニアの首都ダルエスサラームから、マラウィとの国境にある「キエラ」という町に向かうため、まだ暗い中朝5時にホテルをチェックアウトした。

 ホテルの入り口を出ると、こんな早朝にもかかわらずバス会社のスタッフがうちらを迎えに来ていた。

 そのスタッフからは、昨日チケットを買う際に、、、

 「その時間まだこの付近は危ないから俺が迎えに行ってやるから!!」

 、、、と言われていたのだ。

 しかし、時間が時間だし、てっきり体の良いセールストークかと思っていた。

 バスの代金は既に昨日のうちに全額払い終えている。

「この会社、うちらにこんな事して何かメリットあるんだろうか?」 と、

 やや引っ掛かってはいたものの、とりあえずそのスタッフが用意したくれてたタクシーでバスターミナルに向かった。

 ターミナルに到着するや否や、そのスタッフは「昨日買ったチケットを貸してくれ」と言って、うちらをタクシーに待たせまま目的のバスを探しに行ってくれた。

 そのお陰でバスもスムーズに見つかり、そのうえ丁寧にもバスの車内まで乗り込んで席まで案内してくれるというフォローぶりだった。

 最後に、タクシー代の釣りをまだ返してもらってなかったから要求すると、

  「そこでくずしてくるからココで待ってろ、問題ない俺を信じろ!!」と言う。

 面と向かってそこまで言い切ったからには、、、

 と、また物好きにもこのスタッフを少し信じてみようと思い、言われた通りバスの中で待ってみることに。。。

 だが、待てども待てどもそのスタッフは一向に戻ってこなかった・・。

 やがて出発の時間を迎え、バスは静かに動き出した、、、

 (ハァ〜、信じた俺がバカだった。。。。。)

 さらにしばらくしてから、ゆりがチケットに書いてある値段が昨日とは違う事に気がついた。

 うちらは昨日一人37500Tshを払い、チケットにも確かにその金額が書いてあったが、今持ってるチケットに書いてあるのは25000Tshとなっていた。。。

 その差額12500Tsh。これは二人で2500円相当にあたる額だ。

 ここの物価を考えたら2500円っていったら結構でかい・・。

 その段階で真意がようやく明らかになったのだが、わざわざスタッフがターミナルまで一緒について来たのは、昨日発行したニセチケットと今日新たに買った本物のチケットをすり替える為だったのだ・・。

 しかし、スタッフのアフリカン一人でコレを思いついたとは到底思えない。

 「!!!。。。この巧妙な手口はきっとあのインド人ボスが仕込んだに違いない・・」

 実は、そのオフィスのボスって奴はインド人で、昨日会った瞬間からうさん臭いオーラをプぷんぷん発していたのだ、、、

 それにしても、今回の手口は本場でもなかなかお目に掛かれないぐらい、やり口といいタイミングといい全てが絶妙だった。

 ただ一つだけ、、、

 「支払いが済んだ客、しかも二度と会うことのないだろう外国人客を、こんな時間にわざわざターミナルまでエスコートするメリットなんて無いハズ、、」という事だけが唯一不自然だった。

 こっちはあくまで善意でやってくれてると思いたかったが、後から考えたらそれは『インドじゃまんまと騙されるポイントになっている』という事を思い出した。

 しかも、これがインドだったら絶対怪しむと思うのだが、ここはタンザニア!!

 ついてきたのもチケットを買ったトコのスッタフだったわけだし、、、

(今になっては本当のスタッフだったか知る由も無いが。。。)

 くぅ〜、、、まさかこんなトコに来てまでインド人にしてやられるとは・・・

 いっそのこと、チケットの金額が違うコトなんか気づかない方が幸せだったかもしれない、、、

 (あ~~~~ムカツク。。。。。)

 ※ちなみにタンザニアにはインド人が非常に多く、当初出稼ぎにやってきたインド人は、今ではタンザニアの経済を牛耳るほどの存在だそうです。皆さんも商売熱心なインド人には十分お気をつけを・・。


タンザニア タンザニア アルーシャ



sekaihokkori at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月02日

最後の楽園

 朝8時に起き、近くのローカル飯屋でパンとチャイの朝食を摂る。

 バスターミナルでは結構長いこと待たされ、10時頃になってようやくダラダラ(乗合バス)が出発した。

 途中、何度も停まり人や荷物の乗せては降ろしが繰り返される。2時間近くかけようやく目的地の「パジェ」に到着した。

 タンザニアの首都ダルエスサラームより船で約3時間程行ったところにある島「ザンジバル島」 、別名“最後の楽園”と噂されるこの島、、、

 そこは、行った事のある人なら必ずといって言いほど「良かった!!」と感想を漏らしていたトコだったのだ。。。

 船が港に到着すると、その目の前に広がっている街が「ストーンタウン」。

タンザニア ザンジバル島タンザニア ザンジバル島

 

 

 

 

 

 

タンザニア ザンジバル島タンザニア ザンジバル島

 

 

 

 

 



 ここには3泊だけして、今朝島の反対側にある目的の地「パジェへ」と移動してきた。

 ダラダラを降ろされたトコにたまたま居たおっちゃんが、親切にも「パラダイスビーチバンガロー」に電話してくれたおかげで、そこまでスタッフが車で迎えにやって来てくれた。

 “パラダイスビーチバンガロー”というのは日本人沙織さんという女性が営んでる宿で、その人柄もあってか「すこぶる居心地が良い」と評判だったのだが、、、

 思ってた以上に面倒な思いをして来たにもかかわらず、残念ながら肝心の沙織さんは一時帰国してしまっていた。。。

 しかし、例え沙織さんが居なくとも、宿そのものも期待を裏切らない立派なものだった、、、☆

 私たちのバンガローは茅葺き屋根のナチュラルな風合いを生かした素敵な作りで、背の高いヤシの木々や色とりどりの植物に囲まれながら海の真ん前にたたずんでいた。

タンザニア ザンジバル島

タンザニア ザンジバル島

 

 

 

 

 

 

 それはビーチまで徒歩“3秒”という、またとない立地!!

 人懐っこい島の住人に、まっ青な海と真っ白な砂浜、それからまるまる太ったマンゴーに海から吹きつける爽やかな風、、、

 (フゥ〜・・・島の空気はやっぱり心地が良い。。。。。)

 初日にして早くも「あ゛ぁ〜来て良かった〜〜!!!」と、感無量の喜びが全身から溢れだす。。。

タンザニア ザンジバル島

タンザニア ザンジバル島

 

 

 

 

 

 

タンザニア ザンジバル島タンザニア ザンジバル島

 

 

 

 

 

 

 それにしても、ココは海以外にホンッと何もない、、、、、

 だから、朝からこれといって特にすることがない、、、、、

 でも、ソレが良いのだ。。。。。。。。

 こんな綺麗な海を目の前にして、他の事に気を奪われてるほうが勿体ないというもの、、、

 夕食時に奮発して食べた魚料理や伊勢海老は、南国特有のスパイスとココナッツが効いてて本当においしかった☆☆☆

 夜はハンモックに揺られながら夜空に瞬く流れ星を数える。

 そこには人工音などまったく無く、自然のままのサイクルがただ在りのままにゆったりと流れていたのだった、、、

 こんな生活を4日間送った。。。。

 まさに「最後の楽園」の名に恥じない素敵なトコだった。

 ハードなアフリカの旅路の束の間、心からリラックス出来た“夢見心地なひと時”を味わせてもらいました。。。

タンザニア ザンジバル島タンザニア ザンジバル島



sekaihokkori at 03:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年01月26日

サファリツアー

 暴動続きのケニアを早々に抜け、次にやってきたのはタンザニアのアルーシャという街。

 ケニアでサファリに行けなかったかわりにココで申し込むことになったのだが、それが高いのなんのって、、、

 ケニア(ニューケニアロッジのツアー)では、1人[US75ドル/日]前後で済むところが、ココでは1人[US130ドル/日]もする。。。

 しかも最低3日からと言われてしまったから、これが二人だと結構な額になってしまうのだった、、、

 しかし、ココまで来ておいて“サファリ”に行っとかないと、何の為にアフリカくんだりまで来たのかが分からなくなっちゃう・・。

 ということで、ココは潔く申し込んできました。。。。。。。。

 

 ★★★★★ タンザニア3泊4日サファリツアー ★★★★★

 4日間で計4ヵ所の国立公園に行ってきました〜!!!

 【1日目】・・・マニヤラ湖ナショナルパーク

 【2日目】・・・セレンゲティナショナルパーク  

 【3日目】・・・ンゴロンゴロナショナルパーク

 【4日目】・・・タランギーレナショナルパーク

 うちらの申し込んだツアー会社では、宿やテントその他に必要なものは全て会社側で用意してくれた。

 一緒になったメンバーはというと、うちらの他にチェコ人の2カップルとガイド兼ドライバー+コックの計8人。

 仕度も整い、それではいざ出発〜〜〜!!!!!

 

タンザニア サファリ

タンザニア 

 

 

 

 

 


(写真右)うちらのジープを見るなり、モーレツな勢いで駆け寄ってきたバナナを売りのおばちゃん達。。。

 

 【1日目】 マニヤラ湖ナショナルパーク

一番最初に発見した動物はサル。

 でもあんまり感動はないかな、、、

 だってサルだもん・・・。

 そのあと観れたのは、キリン、ゾウ、バッファロー、バンビ、インパラ、カバ、イボイノシシ、ペリカン、その他にも名前も知らないような動物達、、、これにはマジで感動☆

タンザニア サファリ

タンザニア サファリ

 

 

 

 

 

 

タンザニア サファリタンザニア サファリ

 

 

 

 

 

 

 初日にしてはなかなか上出来だったと思う。若干天気が悪いのが惜しかったけど、、、

 それにしても、自分が小さいころからTVで何度も観てた“アフリカのサファリ”に、今自分がこうして実際来てることを思うと、それだけで感慨深いモノがある。。。

 無事初日も終わり、夜は見晴らしが最高のロッジで皆と美味しい夕食を食べた、、♪

 

 【2日目】 セレンゲティナショナルパーク

 8時に朝食を食べ始め、10時近くになってからようやく出発、、、

 それにしても片付けと準備がチンタラしすぎな気がする。。。

 サファリって朝が勝負のはずじゃなかったっけ・・・!?

 しかも、今日観れたのはキリン、シマウマ、ヌーの大群だけ、、、

タンザニア サファリ

タンザニア サファリ

 

 

 

 

 

 

 それと、マサイ族が槍を持ってウロウロしている姿も。。。。
(彼らはナショナルパーク内に住んでいます※写真上左)

 とにかく、あまり時間がなかったせいでそのぶん見れた動物も少なかった。

 というより、どう考えてもガイドが起きるのが遅いせいで、出発自体も遅くなり過ぎたのだ、、、

 あげくの果てに、ガイドのクセに道に迷うこともしばしば。。。

 今日の宿泊先はボロくてちっさい2人用のテント。。。でも、張る場所が絶景のポイントだから朝は気持ち良さそう、、、(写真上右)

 そんなことを思いながら夕食の仕度を待ってると、今日の仕事ぶりに業を煮やしたのか、チェコ人4人が一致団結してガイドのジョージにブチ切れはじめた、、、

 チェコ人 「明日は6時に起きて朝食後、6時半には出発だー!!!(怒)」

 ジョージ 「ハァ〜6時、、、!? そんな無茶な〜、、、、、」

 みたいなやりとりが、食後まで延々と続いた。。。。

 一応、私達も同じグループなので話し合いには参加したのだが、、、

 うちらとしては正直、、、

 「だったら、あんたらもあんたらで何でしっかり前日までにスケジュール確認しないのさ〜っ、、、」と言いたいところだった、、、

 しかしうちらは、実のところ3日間分の料金で4日間のツアーに参加していた為、あまり強くは言えなかったのです。。。(苦笑)

 最初に旅行会社で申し込んだ際、私達は2泊3日で十分だろうと思って申し込んだのだが、このチェコ人達はどうしても3泊4日行きたいということで、当日になってから追加の1日分は旅行会社の計らいでタダにしてもらっていたのだ。

 (もちろんこの事をチェコ人達は知りません。。。。。)

 この口論は深夜まで続いたが、いい加減疲れ果てた私達はさっさとテントの中へ、、、

 

 【3日目】 ンゴロンゴロナショナルパーク

 昨晩の話し通りジョージもしっかりと朝6時には起き、朝食の分をランチボックスにし「暗い・寒い・眠い」の三拍子揃ったなか、半ば強引にジープに乗り込んだ。

 今日のポイントは「クレーター」といわれる巨大な噴火口跡だ。

 このポイントは今までの中で一番見ごたえがあるトコだった。このエリアには今まで人間が住んだ歴史が無いために、動物たちの本来あるべく“生き生きとした姿”が完全な手付かずの自然の中でかいま見るコトが出来た。

タンザニア サファリタンザニア サファリ

 

 

 

 

 

 

タンザニア サファリ

タンザニア サファリ

 

 

 

 

 

 

 今日見た新たな動物は、ライオン(雄雌)、ハイエナ、サイ、ジャッカル。中でも百獣の王「ライオン」をかなり間近で見れたってことで、このサファリではもう言い残す事はない。。。

タンザニア サファリ

タンザニア サファリ

 

 

 

 

 

 

タンザニア サファリ

タンザニア サファリ

 

 

 

 

 

 

 この、攻撃的な自然剥き出しの“サバンナ”と、いまだかつて見たことないほど動物達が“生き生き”と躍動している姿、、、

 正直、高すぎるあまりそんなにテンションの上がらなかったサファリツアーだったけど、もうその光景を目の当たりに出来ただけで「本当にアフリカまで来て良かったなぁ」と素直に思った。。。

 

タンザニア サファリ 午後はあまった時間でロッジ近くの村を散策した。

思いのほか村の人々は観光ズレしてなく、こちらが挨拶をすると、決まって「ジャンボッ!」挨拶を返す、と恥ずかしそうな笑顔が印象的だった。。

生活水を汲みにきた少年達(写真左)

 

 

 

 【4日目】 タランギーレナショナルパーク

 今日も8時ぐらいからのんびりと朝食を食べ始める。

 昨日たくさん動物を見せることが出来てもう満足してしまったのか、ジョージは今日も朝が遅い、、、

 っていうかよくよく考えたら昨晩から見てないし。。。。。

 朝食後、とっくにみんな準備は出来てるというのに、肝心なドライバーが車ごと行方不明・・・。 

 1時間ほど待ったところで、ジョージはようやく戻ってきた、、、

 そのせいで、結局出発したのは10時頃、とまた遅くなってしまうのだった、、、

タンザニア サファリ

 最終日の今日は新たな動物は見れなかったけど、その代わりに「バオバブの木(写真左)」を大量に見れた。

 そして午後になってから、チョコ人とジョージがまたモメだした。。。

 「このNPにはたった3時間しか居れなかったうえに、まだ端っこにしか行けてないんだからそれじゃ終われない!!」と、チェコ人の主張。

 しかしジョージも、「今更それは出来ない!!!」の一点張り。。。。。

 『行け!、行けない!!、行け!、行けない!!、行け!、行けない!!、、、、、、』

 って、だから今朝も早く出ときゃこんな面倒な問題起きないのに〜。。。。。

 昨日あれだけ怒っていたチェコ人は、今日はさらに火に油を注いだように“カンカン”だ、、、!!!

 そりゃ〜そうだろう、、、、、、、

 ジョージも一昨日それで揉めてんのにまた同じことやってるし。。。

 ホントに大したものだ、ココまでくると流石としか言いようがない。。。。。

 うちらは、そんなやりとりを横目に 、、、

 「でも、チェコ人も土壇場になってそんだけ怒るんだったら昨日のうちにちゃんとスケジュール合わせとけば良かったのに・・・」

 「でも、うちらはうちらで3日分の金しか払ってないから他のメンバーほどムキにならずにすんでるけど、もしきっちり払ってたらそんな余裕ないんだろうねぇ・・・」

 そんて事を話しながら、チェコ人には悪いと思いつつ、うちらはうちらの立場でちゃっかりサファリを満喫させてもらっちゃいました。。。。。

 ※サファリツアーでは最初にきっちりガイドとスケジュールの確認をしておかないと、よくトラブルが起こるそうなので予定のある方はその点ご注意を、、、

 



sekaihokkori at 11:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!