アメリカ

2008年09月25日

I LOVE 吉牛 in LA

 メキシコシティからカナダ航空のバンクーバー経由でロスの空港に到着。空港からは乗合いバスを使い、すでに予約してあるロス市街のホテルへ向かった。

 夜ということもあるのか、窓越しからみるLAの様子は随分と閑散としている。 というより、場所によっては「寂れてる」といったほうがしっくりくるほど想像してたような華やかさがない。

  「LAだよLA!?LAって言ったらハリウッドスターが現実離れした映画の中みたいなセレブな生活を送ってるとこでしょ!?」 

 そんなことを考えながらホテルのチャックインを済ませ、この日はすぐに寝た。


IMG_5534_R

 (写真上)昼間のダウンタウンの様子。


 翌朝、ロスに着いて早々うちらが真っ先に向かったのは、他でもなく「牛丼屋」だった。


IMG_5529_RIMG_5532_R


 そう、ロスには嬉しいことに愛しの「吉野屋」があるのだ。 さっそうと入った店内のレジでは当然のように朝から大盛りを注文し、紅生姜を山ほどのせて、2年ぶりの吉牛に食らいつく、、、


 「うっひょ〜うめぇ〜〜〜〜〜!!!」


 この瞬間をどんなに待ち侘びていたことか。。。。。(泣)


 日本のとは微妙に味が違ったけど秒殺で平らげ、その足でサンタモニカへむかった。

 ゆりがずっと前から行きたいと騒いでた「FOREVER21」という服屋で買い物し、そのあとビーチ沿いをぷらぷら散歩。


IMG_5545_R

 (写真上)海に突き出た桟橋の上ではレストランや土産物屋が所狭しと軒を連ねているサンタモニカピア。ここは有名な観光スポットにもなっている。

 この桟橋の上には、映画「フォレスト ガンプ」で、 トム・ハンクス演じる主人公フォレストが 友人ババの遺志を継いで作ったエビ漁の会社名と同じ名前の「BUBAGAMP」というレストランがある。

 そのエビ漁業を成功させた後に、 レストランをオープンすればこうなったであろう、という設定で建てられたらしい。


 他にもロスには「リトルトーキョー」とう日本人街が存在しており、そこでは日本の食材から雑貨、薬から化粧品や書籍など、揃わないものは無いんじゃないかってぐらい何でも揃う。


IMG_5552_R

IMG_5553_RIMG_5551_R

 (写真上)この辺一帯が日本人街「リトルトーキョー」サンパウロの日本人街同様、ある意味日本よりも日本っぽい所があり、街の随所に和を感じさせるディテールが見受けられた。二宮金次郎像も発見。

 そこでブラジルのサンパウロ以来、溢れんばかりの豊富なMADE IN JAPANの品揃えにテンション↑で、しこたま食材を買い込んだ。

 梅干しなんか、どう考えてもそんなに食えないだろうっていうぐらいの量の業務用をビンごとお買い上げ。。。

 日本に居た時は梅干しなんてほとんど食べてなかったのに、海外ではこのスッパさが何より胃に染みる。

 ついでに紀伊国屋LA支店で、アジアの「地球の歩き方」を3冊ほどゲット。

 重い本を何冊も持って旅するのは正直しんどいけど、それでも日本語のガイドブックが手に入るだけで現地ではとても助かる。


IMG_5564_R

 久しぶりにゲットした日本食材で日本食を満喫。アサヒやキリンなど、ビールの品ぞろえも完璧☆



 その晩、うちらの泊まってたホテル近くで、けたたましいほどの数のサイレンが夜の町に鳴り響いた。


 何事かと思い興味本位で音の先に向かってみると、、、、、、


 そこでは10台近い数のパトカーと警官が、レストランを取り囲むように包囲していた。。。






 「もしや、、、、、、、、、、、、、」





 込上げる不安を抑えつつ、恐る恐る様子をうかがってみた、、、



 な〜〜〜〜んだ、、、、何て事はない、ただの映画の撮影だった。。。


 
 でも、夜の町中をこんだけ派手にパトカーが走り回ってるというのに、付近の住民は大して関心を示していないことのほうによっぽど驚いた。こんだけ大掛かりな撮影でも騒いでたのはうちらと、ホテルで一緒だった旅行者の3人だけだし。

 オオカミ少年の話じゃないけど、こんなのがしょっちゅうやってたら現実との区別がつかなくなっちゃいそうな気がするのは自分だけ、、!?

 
 さすがハリウッドに近いだけある。。。。。



 翌日、事前に予約してあったレンタカー屋に車を取りに向かった。

 メキシコからネットで予約した段階では結構安くあがったと喜んでいたが、1日延長プラスもろもろの保険と税金で最終的にはかなり高くついてしまった。(750ドル/2週間)

 めんどうな書類手続きを終え、指定された場所に車を取りに行く。今回は安く済ませる為に選べる車は小型のものだけだったはずだが、そのラインナップの中には明らかに大型のワゴンも混ざっている、、、

 近くにいたスタッフに「どれ選んでも良いの?」と聞くと、「ああどれでも好きなのを選べ」と言うので、遠慮なくデカイやつを選ばせてもらった。

 これから2週間に渡るキャンプ生活の車は、デカければデカいほど良かったのでこれは嬉しい誤算だ。さすがアバウトの国アメリカらしい、、、

 その後、途中でこれから始まるキャンプ生活に備えて色々と買い出しを済ませてからホテルへ戻った。

 当初はレンタカーを借りた後そのまま出発するつもりだったのだが、あまり慌ただしくするのも危ないと思い、大事をとって出発は一日延期することにした。

 長期のキャンプ生活は2年前のオーストラリア以来。その日の晩はワクワクしっぱなしでなかなか寝付くことが出来なかった、、、


IMG_5560_RIMG_5559_R

アメリカの道路は幅も広く、標識もしっかりしているので比較的走りやすい。走行中に辛うじて撮れた「HOLLYWOOD」の文字。(写真上右)

sekaihokkori at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!